新着情報

 

パブリックスペース

カメの卵07/05 16:22

RSS:千葉県教育委員会

日誌

園の様子
123
2017/07/05new

カメの卵

| by:幼稚園

 突然、「先生、カメが卵うんでるよ」という声が聞こえてきました。「えっ?ホントに?」

駆けつけてみると既に人だかりが・・・。見るとカメのななちゃんが後ろ足で卵に土をかぶせているところでした。これで何回目の産卵だったかな?4回目?お父さんは花組のシャイ君♡

年長組では先週、子ガメ(昨年子どもたちが幼稚園で見つけた2匹のカメ)を家で飼いたいという子がいて、2クラス合同でカメについてあれこれと話し合いをしたところです。「1匹だけだとかわいそうだから2匹一緒じゃないとだめ」とか「(家に馴染めるか)お試しをした方がいいよ」とかいろいろな意見が出ました。もしかしたら「私もカメ欲しいな」なんて密かに思っていた子もいたかも知れません。今日産まれた卵からかわいい赤ちゃんカメが生まれるといいな!



16:22
2017/06/23

花組デー

| by:幼稚園

木曜日は年中さん年長さんの遠足日でした。

そんな中花組さんは…

 


おうちの人と一緒に他クラスがいない幼稚園でたっぷり遊びました‼

いつも子どもたちがしている制作やミミズ探し、お砂場、乗り物、遊具遊びなどをしました。また、いつも幼稚園で遊んでいた小麦粉粘土を、おうちの人と一緒に粉からこねてつくりました。サラサラの粉からモチモチの粘土ができるんだね♪




 遊びの後は、ブランコに集合して幼稚園のブランコの乗り方を聞いた後、おうちの人と一緒にブランコに乗ってみました。す~いすい♪足ブレーキで止まるんだね。




せっかく誰もいない幼稚園。

集会室も使って「くるくるくるっ」の親子遊びと前日の誕生会で披露した「しゅりけんにんじゃ」の踊りを踊りました!いつも幼稚園で先生やお友達としている遊びをおうちの人と一緒にできて、とても嬉しそうな表情を浮かべていました♡




  お弁当も集会室やお外で食べて、まるで遠足みたい!子どもたちは園生活のいろい
ろな場面で楽しさを感じています


 

 

2学期からは花組も保育参加があります。またおうちの人と一緒に幼稚園で遊ぼうね。


16:03
2017/06/15

附属農園 収穫期☆

| by:幼稚園

 附属幼稚園には自然がいっぱい。実は果実や木の実のなる木もたくさんあります。

その中でも最近は、ジューンベリー、びわ、うめが収穫期を迎えています。ジューンベリーはこそっとみかんの木の近くに。ブルーベリーのような甘酸っぱさがおいしい!!

 

梅は先生と一緒にガラコをひいて、たくさん拾いました。「これからどうやってこの梅を楽しもうかな??これからこのとった梅をどうする??」子どもたちと相談しながら楽しんでいきたいと思います。

 

びわは空組の裏あたりに生えています。みんな取るのに必死です。手が届くところのびわは少なく、すぐに無くなってしまいました。すると子どもたちは考えます。あのびわを取るにはどうしたらよいか・・・

 

すると近くで遊んでいた年長さんが、「ビールケースに乗ったらどう?」と提案し、遊びで使っていたビールケースを持ってきてくれました。しかしそれでも届きません。すると今度は年中さんが「長い棒かなんかで突っつけばいいんじゃない?」とアイデアを出してくれました。みんなでぞろぞろ・・・森の中へ長い棒を探しに行き、持ってきて再挑戦。


「先生、この枝押さえてて!!」

「あとちょっと届かない・・・」

「年中さんじゃ届かないから、年長に貸してみなよ」

すると・・・・


「やった!とれたー!」みんな嬉しそう。慌てて拾い、水で洗ってぱくり。おいし~い!

 

噂を聞きつけ、いろいろな学年の子がぞろぞろとやってきます。無我夢中で拾ったり、とったり…自然のものとの触れ合いは子どもたちにとっていろんな学びを与えてくれますね。これからも自然豊かな園庭を活かし、いろいろな経験ができる環境を整えていきたいと思います。

 

追伸・・・子どもたちだけでは手の届かない高い枝の梅は、県民の日に、こそっと先生たちで、収穫しました。。。いひひ。いいにおい♡


15:17
2017/06/13

自分たちの場所

| by:幼稚園
ある日の幼稚園…


年長さんはビールケースとすのこを組み合わせて、
自分たちの基地づくり。



二段ベッドを作りたい、
屋根を高くしたい、
上にものぼれるようにしたい、
などなど・・・

これだけ大きな基地だと、
多くの友達の目をひきます。

5人は仲良し。
普段はほかのお友達と遊ぶことはあまりなく、
5人の世界を楽しんでいるのですが…。

だけど、この基地にはみんな入っていいよ(^^)/

とても素敵な基地ができたので、
独り占めするのがもったいないかな、
みんなにも使わせてあげてもいいな、
そんな気持ちになるのでしょうね。



毎朝まずは安全点検。
そして、基地はおうちになって、
いろいろな友達とかかわる場所になっています
16:21
2017/06/04

ふれあいの日

| by:幼稚園

お天気に恵まれた日曜日。

今日は幼稚園でお父さんお母さんと一緒に遊ぶ、ふれあいの日でした。

1学期のふれあいの日は、「幼稚園探検」がテーマで3,4歳児はオリエンテーリング、年長はビンゴカードをもって、親子で探検をしました。

 

例えば…

おかあさんカメのナナちゃんに「おはよう」と言ったらシールを貼ろう!

 

花組さんの保育室には、おとうさんカメのシャイくんがいますが、おかあさんカメは…?

4月に森のおばけ探検をしていた花組さんは、どこにいるか知っています!ミミズをあげに行ったことがあるからです。おうちの人の手をひいて、「こっちこっち!」と嬉しそうに歩いていました。

     

年中さんも、幼稚園で大人気の乗り物に乗っておうちの人に引っ張ってもらったり、クライミングに挑戦したりしました。乗り物は、いつもお友達と交替で引っ張り合ったりするのですが、今日はおうちの人が運転。お友達を乗せて引っ張るのって重くて大変なんだよなぁ…と体験から知っている子どもたちは、きっと、おうちの人すごい!と思ったことでしょう。嬉しさで笑顔が輝いていました。



年長さんは、なんと、幼稚園ではじめての木工に親子で挑戦!

「くぎを3ぼんうってみよう!」というお題。はじめてでしたが、おうちの人に見守られながら真剣に釘を打つ姿は、たくましく見えました。これから年長は幼稚園でも木工を使って遊べるようにしていきます。

子どもたちはおうちの人と幼稚園で遊べる日をとても楽しみにしていました。お休みの日にお集まりいただき、本当にありがとうございました。2学期のふれあいの日もお楽しみに!


16:47
2017/05/25

何だろう?見て!(年中)

| by:幼稚園

 新緑のまぶしい季節になりました。園庭のあちこちで…あれあれ?
年中さんたちはしゃがんで何かをしています。

「見て見て!何かいるよ」

「わぁー、すごい!」

「えっ、何なに?」

 吸い寄せられるように集まり、また地面に向き合い、子どもたちの探索が始まります。
友達の声を聞き、驚いたり興奮したり…。友達と一緒に遊ぶというのは、こんな小さなかかわりからスタートするのだな、と思います。

 

園庭の小さな虫たちはたくさんのプレゼントをくれますね。

自分で捕った虫は大事で、逃がしたくない。でも飼うといってもうまくいかないことがほとんどです。捕ることが面白い、という気持ちもわかります…。

 さぁ、これから虫とどんな出会いをするのかな。
 虫たちがくれるたくさんの発見を子どもたちと共有していきたいと思います。

     「テントウムシの幼虫がヘビイチゴにいるよ!」  真剣です。


  一緒にいるけれど、それぞれが夢中ですね。



17:17
2017/05/18

タイムマシーン作り

| by:幼稚園

年長の保育室にタイムマシーンが出現しました。

はじめは折り紙を11枚つなげたペラペラなものでしたが、段ボールで丈夫にし、絵の具で色を塗りました。担任は「よし!これで出来た」と思っていたのですが、子どもから「タイムマシーンは飛んでるんだよ」の一言が…。「さぁどうしよう???」いろいろ、いろいろ考えて、巧技台を使って空中を飛んでいる雰囲気を出すことができました。アンテナと透明の電球はどうやって作ろうか、タイムトンネルを通過する際の無数の時計をどう表現すればいいのか…子どもたちのイメージはどんどん広がっていきます。アンテナはラップ芯を繋げて作ったのですが、長すぎて思うように立ちません。あーでもない、こーでもない、あっうまくいった…試行錯誤進行中です。

一人の「ドラえもんのタイムマシーンを作りたい」という強い思いが周りの仲間たちにも伝わり、徐々に完成に向かっています。本当に時空を通り抜けられるといいなぁ。

 


15:38
2017/05/02

花組おばけ探検隊

| by:幼稚園

 幼稚園生活が少しずつ分かってきて、こんなこと好きだよ、と行動や発言で示してくれるようになってきた花組さん。

電車ごっこをしていた時、「お化け屋敷駅~」と言ったり、三鷹駅(ゆめのしろの下)に着いたと思ったらそこは「お化け屋敷みたい」と言ったりしておばけに興味がある様子だったため、「幼稚園にはおばけがいたりして…?」と投げかけてみたところ、「あっち(森)も行ってみよう!」となり、おばけ探検ははじまりました。


三鷹駅から森に出発すると、「木に何かある…」「これはなんだろう…?」
ゴールネットはおばけを捕まえるわなに見えます。
木のタグにも興味津々。
文字への興味は、こんなところから始まるのですね。



園庭に生い茂るいろいろな木を見てみると「おばけみたい…」
もじゃもじゃの幹、手のような葉がおばけを連想させます。

 

 
探検するうちに子どもたちの発見や想像は広がり、「おばけが追いかけてきた~」「逃げるぞ~!」と広場に逃げて、おばけに見つからないように石に変身!



 その後も探検は続きました。

 子どもたちのさりげない気づきやイメージを大切にしながら、園生活の楽しさを感じられるようにしていきたいと思います。


13:44
2017/04/21

ふぞくようちえんへ ようこそ!

| by:幼稚園

 少しずつ幼稚園生活の流れが分かってきた子どもたち。まだまだおうちの人と離れるのが寂しいお子さんもいますが、気持ちを切り替えるとあっという間に自分のやりたい遊びに取り組んでいます。

 

 今日は、年長さんが少しずつ準備を進めてきてくれた「ようこその会」がありました。

この4月から附属幼稚園にきたお友達をおもてなししようと、はじめの言葉を考えたり、素敵なプレゼントを作ってくれたりしました。


歌のプレゼントの時には、年中進級児のお友達も一緒にステージにあがり、「ぽかぽかてくてく」を歌いました。春の陽気にぴったりな、あったかい、可愛らしい歌でしたね♪

(写真はナイショ練習のときの様子です。)

その後は手をつないで走ったり踊ったりして、一緒に身体を動かして遊ぶことを楽しみました。


 そしてプレゼントのバックを受け取り、みんな、ちょっと恥ずかしいような、嬉しいような、にこにこ笑顔(^^)気持ちがうれしいね。

これからもいろんな楽しいことがあるよ!一緒にたくさん遊ぼうね!
17:13
2017/04/14

リヤカー大活躍!

| by:幼稚園


進級した子どもたちは早速、森に出かけて行って遊びの拠点を作り始めました。
進級しても年中の時のイメージ(忍者、ヒーロー等)を持ち続けながら遊ぶことができるのは、進級した喜びを十分に味わい、安心しているからこそだと思います。
これからさらにいろいろなアイディアを出し合いながら、遊びを展開していけるといいなぁ。
可動式遊具を森に運ぶ際には、28年度の修了記念品としていただいたリヤカーが大活躍!
「わっしょい!わっしょい!」と声を掛けながらたくさんのものを運びました。
16:09
2017/03/10

お別れ会

| by:幼稚園

9日、年長さんのお別れ会が行われました。

これまで幼稚園の行事を引っ張っていってくれたのは、いつでも年長さん。

でも、今回は違います。初めて年中さんが中心となり準備をすすめ、年少さんもこっそりプレゼント作りをしていました。それも、わくわくランドでいっぱい遊んでくれた、ニワトリのお世話の仕方を優しく教えてくれた、大好きな年長さんに喜んでもらうため。

 

会は、「自分たちが(会を)始めるんだ!」ということがとっても誇らしげな年中さんの「はじめのことば」(みんなで話し合って言葉を決めました)からスタート!

 

まずは年長&年中ペアでのフープ電車かけっこ。「年長さんをお客にして乗せてあげるんだ!!」という意気揚々とした年中さん、乗せてもらいながらもちょっぴり年中さんにスピードを合わせてあげている年長さん、どちらも成長を感じる場面でした。


次に年少と年長さんで一緒に「なかよしになるには」を踊りました。



お兄さんお姉さんを見上げるまなざしは恥ずかしながらもとっても嬉しそう。年長さんのあたたかなエスコートも素敵でした。

最後に、年少さんからはチューリップ型ペンダントを年中さんからはおやつ入り手作りバックをそれぞれプレゼントされた年長さんが、壇上に上がり素敵な歌声を披露してくれました。


年少さんからのプレゼント。年長さんに喜んでもらおうと一生懸命作りました

この日のために年中さんが準備した飾りが年長さんの立派な姿に華を添えます

最近、園庭ではいろんな学年が混ざり合って遊ぶ様子が増えた幼稚園。異学年の触れ合いの中には憧れや親しみ、思いやりなど様々な気持ちがあちらこちらで見えています。

憧れが次の学年へバトンタッチされる時期を迎えます。


13:32
2017/02/26

ふれあいの日

| by:幼稚園

今日は親子でふれあいながら一緒に遊ぶ「ふれあいの日」でした。

今年度最後のふれあいの日は暖かく穏やかな天候で、お天気に恵まれた一日に。

園庭では年長さんが保護者やきょうだいと一緒に熱いドッチボール対決!小学生のお兄さんお姉さんが投げるボールの力強さも実感したようです。また、砂場や遊具などでじっくり遊ぶことを楽しむ親子もいました。間もなく修了することを感じながら…そんな姿にも見えました。




年中さんはお部屋でお雛様飾りやフリスビーを制作したり、外でかけっこやなわとびをしたりして親子で楽しみました。制作では細かい作業はおうちのひと、糊付けやお絵かきは子どもたち、と役割分担する姿も。かけっこや鬼ごっこでは「もう限界…!」とお腹を押さえるお父さん、お母さん…!子どもたちはどうしてあんなに走れるのか…一緒に疲れを感じ、汗をかく心地よさも感じられたようです。



 

花組さんもおうちの人とお雛様飾りをつくったり、くるくるまわる凧をつくって元気に園庭を走ってみたりしました!初めての登園から間もなく1年。身近になってきた幼稚園で堂々と遊ぶ子どもたちにの姿を見て、お子さんの成長を感じられた方も多いのではないでしょうか。




いつもお友達や先生と遊んでいる幼稚園でおうちの人と一緒に遊べるのは、子どもたちにとってとても嬉しいことです。来年度も親子でふれあいながら楽しめる内容を考えていきますのでお楽しみに! 

たくさんのご参加、ありがとうございました。


17:31
2017/02/07

鬼が来るぞー!

| by:幼稚園

  節分前日の2月2日、年長のクラスに手紙が投げ込まれました。

手紙には「あした いくぞ おに」と書かれています。


子どもたちは「きゃー!」「なにこれ・・・」「今年くるんだ・・・(年長ならではですね)」などと、それぞれが感じたことを口々に言っています。 
 
「明日、鬼を退治する豆をまくために、入れ物を作ろう!」と、皆で角箱を作りました。(明日・・・本当に鬼は来るんだろうか・・でも大丈夫、角箱作ったし・・・)子どもたちは期待と少し不安そうな顔で帰っていきました。

 
 



そして2月3日。

幼稚園の壁には大きな手形付きの手紙が張られています。


まず朝いちばんに、きびだんごをみんなで食べました。これで百人力だ!・・・と言いたいところですが、包み紙を開ける手はどこか震えている子どもたちです。


いよいよ鬼がやってきました。ドンドンドン!という太鼓の音とともに、「わるいこはいないかー!!」と赤鬼と青鬼がやってきました。

  みんな、必死です。鬼を倒そうと豆をまく子、怖くて遊び場やトイレに隠れてしまう子、友達の後ろで何が起きているか見えない(あえて見ない)子、動けない子、怖すぎて泣いてしまう子・・・いろいろなお子さんがいました。
「おにはそとー!ふくはうちー!」と豆を投げると、鬼たちは「いててて!」と山の方向へと帰っていきました。これで一安心。今年も一年、また元気に遊べるね!みんなほっとした表情です。

 

 しかし・・・子どもたちの中でのお話はこれでは終わりません。鬼たちが帰っていった方へいってみると・・・「足跡がある!」「赤鬼と青鬼の色が僕たちの用意したベッド(雪組さんが松葉で作りました)に赤と青の色がついてる!」「この木に、鬼たちが付けていった傷があるよ!」と鬼の痕跡探しです。子どもたちの豊かなイメージの世界はどんどん広がっていきました。

  まだまだ寒い日が続いているけれど、季節は春・・・

これからもいろいろな季節の行事に触れながら元気に遊んでいきたいと思います。


16:12
2017/01/25

お話楽しいね(年少)

| by:幼稚園

最近、おしゃべりが楽しくなってきた花組さん。遊びの中でもあちらこちらで、自分のやりたいことを一生懸命話そうとする姿が増えてきました。

3学期から使っているウレタン積み木の遊びでは、「宇宙船だよ」「ここはおうちね」など動きやイメージはそれぞれですが、みんなでわいわいにぎやかに集まるのが楽しい様子です。


更に、この頃はクラスで集まったとき、みんなの前で「おしゃべりしたい!」という思いが出てきました。「今日はパン屋さんをしたよ」「森におばけのぼんちゃんを見つけたよ」「うちに遊びに来てね…(!)」などなどいろんなおしゃべり、お知らせがみんなの前で披露されています。



「みんなの前に立つ」「自分なりの表現を受け止めてもらう」ということ、ドキドキするけどなんだかわくわくうれしい気持ちもあるんでしょうね。この気持ちを、2月のわくわく発表会の活動につなげられるよう援助していきたいです。



17:18
2017/01/17

寒いけど元気だよ

| by:幼稚園
 3学期が始まり寒い毎日です。園庭の霜柱を掘ってみたり集めてみたりして、ごっこ遊びに使っています。「はーい、ココアです。氷入り!」(うわぁ、寒い(>_<))
霜が解けると園庭はドロドロです。今度はそれを集めてチョコ作り。「明日まで置いといて固めとこう」と考えたりしています。
 子どもたちってなんでも遊びに取り入れてしまいます。その発想の柔軟さにびっくりです。

 年中さんは今日ステンシルをしました。型を押さえて、ポンポン、ポンポンとたたきます。色や型を選んで思い思いに作りました。今までとは違う遊び方を覚えて、これから使っていけるといいな、と思います。


 その後はみんなで集会室でお弁当を食べました。「楽しいな。いつもここで食べたいな」という子どもたちの会話です。ちょっとレストランみたいでした。

 この時期、お友達と会話を重ねて遊びが展開するようになってきました。そんな中では意見が食い違ったり、伝わらずに困ったりすることもあります。でも、遊びの楽しさのほうが上回る、そんな毎日が送れるようにしていけたらと思います。
16:53
2016/12/12

わくわく発表会!(年長)

| by:幼稚園

1か月ほど前から準備してきたわくわく発表会。

6日は年少さん年中さん向けに、8日は保護者の方向けに行いました。6日には大学の先生方も見に来てくださり、沢山の拍手をいだたきました。

 

年長の皆は何をしようかという所から話し合い、時にぶつかり合いながらも、少しずつ、着実に取り組んできました。今まで友達と取り組んできた遊びや経験が生き、話の流れや台詞、衣装なども自分たちで作り上げました。学年での活動も多くなり、クラスを超えた仲間と同じ目的に向かって取り組んだ1か月。一人一人が仲間に支えられながら、自信をもてるようになりました。

 

当日の朝、子どもたちから本音がポロリ・・・「はぁ・・ドキドキする~・・・」「間違えちゃったらどうする?」「忘れちゃったらどうする?」みんな緊張で「どうする?」ばっかりです。不安な気持ちは本気で一生懸命取り組んでいるからこそ湧き上がる思いです。「大丈夫。間違えても上手くいかなくても、一生懸命やればお客さんに伝わるよ」「楽しくやろう!」と互いに声を掛け合う年長さん。成長した姿に担任たちは感動しました。。。

 


 本番、少し緊張したけれど一生懸命取り組んだ年長さん。友達の良さや頑張りにも気づきながら、温かい拍手や笑顔をいただき、みんなの笑顔が溢れました!

保護者の方々にも、温かい拍手やアンコールをいただきました。子どもたちはとても誇らしい表情で頼もしく見えました。

 

次の日・・・年少さん、年中さんはすぐにまねして、素敵な魔女の帽子を作ったり、ダンスを踊ったりして見せてくれました!

 年長1人1人の物語が、クラスの物語、学年の物語になり、こうして園の物語も繋がっていくのだなと感じました。

 

冬休みも楽しく過ごしてくださいね。また2017年も元気いっぱい遊びましょう!

 


16:53
2016/11/18

お散歩に行きました(年少)

| by:幼稚園

ある日、花組にこんな手紙が届きました。


8月のお誕生会のお話で出てきた「おばけのぼんちゃん」からです。手紙には「大学のお庭にはきれいな葉っぱがあるよ、ひろいに来てね!」と書かれていて、これを聞いた子どもたちは「行く行く~!」と行く気満々。

そこで、次の日、みんなで大学にお散歩に行くことにしました。

出発前から「ぼんちゃんに会えるかなあ」とちょっとドキドキの花組さん。

お庭につくまで、モグラの掘り起こした山を見たり、大きな落ち葉が落ちている小山に登ったり滑り降りたりと寄り道を楽しみました。

そして、図書館前の広場につくと・・・



「いた~!!」大きさ桜の木の下にぼんちゃん発見!!(幹の所の白い小さいものです)

「ぼんちゃんは落ち葉が好きなんだね」「ぼんちゃんに落ち葉あげたい」などなどお話ししながら赤く色づいたたくさんの落ち葉を拾いました。

そしてジュースで乾杯した後、池(子どもたちは「川」と呼んでいました)の方にも行ってみることに。すると誰かが落ち葉を池の方に向かって「えい!」と投げると次から次へと拾ってきた落ち葉を投げ出して…(^_^;)

 

気が付けば、がんばって拾った落ち葉を全部投げてしまった子もいました。でも、面白かった思いは残ったかな?

これから、幼稚園でも落ち葉を使って楽しい遊びを考えていきたいね!



17:50
2016/11/16

焼き芋食べたよ!

| by:幼稚園

 

 芋掘りから一週間後(おまたせしました)。
お天気にも恵まれて、掘ったお芋を焼き芋にしました。

 附属幼稚園では、焼き芋は園庭で行います。
 

 前日には、よ~く水で洗って泥を落として、当日は濡らした新聞紙とアルミホイルでくるんでから火の中へ「えいっ!」と投げ入れます!たき火に芋を入れた後、落ち葉をかぶせると煙がもくもく…

 落ち葉は当日までに、年長さんを中心にして集めました。
  
煙が上がると、年中さんは「キャ~忍者屋敷に避難だ!」「はっ!はっ!(煙と戦っています)」と大盛り上がり!花組さんは、ちょっとびっくりしながらも、火の暖かさを感じていました.
   



焼けたお芋は、何もつけなくても甘くてホクホク!

美味しかったね。みんな、鼻を黒くしながら食べていました。

 


今週の花組さんと年中さんは、千葉大学へ落ち葉拾いの園外保育。

残りわずかの秋の自然を、子どもたちとたくさん満喫していこうと思います。


 




18:27
2016/11/02

こんなにお芋が出てきたよ!

| by:幼稚園

朝夕の寒暖差が激しく、風邪をひきやすい季節になりました。みんなで手洗い、うがいをしっかりして、元気に幼稚園に通えるようにしましょう!

 

今日は寒空の中、皆でお芋ほりをしました!芋畑までいくと、「お芋たくさんあるかなぁ?」「きゃー!ムカデだー!」「こっちにハサミムシもいるよ!」「あ、お芋が顔を出してる・・・」「ぼくが100個とったらどうする?」とそれぞれが思ったことを言いながら、わくわくした表情で説明を聞いていました。

 

実際に掘ってみると・・・こんなにお芋がたくさん!そして素敵な表情もたくさん!!見られました(^◇^)

 

 

 







 さて、年長のテラスでは、金槌やホットボンドなどを用いていろいろな自然物を使った遊びが繰り広げられています。それぞれが自分の作りたいものを作ったり、友達と一緒に同じ世界を作ったりしています。

 今日のお芋ほりでも、長い蔓や根っこを引っ張って遊んでみたり、いろいろな虫たちに会えたりしました。これからも実りの秋、芸術の秋、食欲の秋・・・いろいろな秋を楽しんでいきたいと思います。

 

さぁみんなが頑張って堀ったお芋、どうしようかな?☆


17:14
2016/10/17

ドングリ探検隊!

| by:幼稚園

すっかり涼しくなり、幼稚園の庭のあちらこちらにも秋が訪れたようです。
附属幼稚園の代名詞でもあるドングリがたくさん落ちているので、みんなで拾いに行こう!と探検に出かけました。

すると、いつも見慣れたドングリだけではなく、黒い小さなドングリ、緑色のドングリ、まあるいどんぐり、といろんな種類を発見!さらにキノコも発見!面白い木の形を見て「トンネルみたい!」と友達と一緒にくぐってみたり小さな穴をのぞいてみたり…いつもの幼稚園の庭には、こんなに面白いもの不思議なものがたくさんあるんだということを、子どもたちの目線から教えてもらった探検でした。

 

そして帰ってきてからは、拾ってきたたくさんのドングリをプールに入れドングリプールの出来上がり!

ドングリのすべすべひんやりとした感触、混ぜ合わせる時に鳴る音など全身を使って楽しんでいます。

 

これからも楽しい秋をいっぱい見つけていこうね!


16:29
2016/10/06

楽しみな運動会(年中の巻)

| by:幼稚園

 9月、お天気が悪く、思いきり外で遊べない日が続きました。運動会の練習も室内でするなど今年は苦労しましたが、それぞれの学年なりの目標に向かって頑張ってきました。幼稚園には2つの伝統的なチームがあります。

同じチームの年長組が保育室に来て「一緒にがんばろう!」とエールを送ってくれた日から、「がんばるぞ、負けないぞ、エイエイオー」という気持ちが芽生えてきた年中組。予行練習でも、年長組を一生懸命応援するようになって、盛り上がってきています。そして、年長さんの姿に憧れも抱いているようです。

隣のクラスはライバルですが、リズムでは一緒に踊ります。遊びの中では自分たちの振り付けを取り入れながら楽しんでいました!

クラス、学年、幼稚園…それぞれの一体感を味わい、達成感がもてるとよいな、と思っています。どうぞ明日、お天気になりますように

練習の後は、自主練??ノリノリです


予行練習のあとはジュースで乾杯~!


16:53
2016/09/30

カマキリとの出会い(年長)

| by:幼稚園

朝夕は少しずつ過ごしやすくなってきましたが、雨が続き、なかなかすっきりとした天気にならない一週間でしたね。そんな中でも子どもたちは元気いっぱい。雲の切れ目を見つけては元気よく「外に行ってきます!」と部屋を飛び出し園庭に向かっています。


ある日カマキリを捕まえてきた男の子は、「クラスで飼いたい」と、降園時の活動で皆に相談しました。すると、皆が「飼ってみたい!」「見せて見せて」などと言いながら目を輝かせて快く頷き、2匹のカマキリをクラスで飼うことになりました。


「カマキリって、何を食べるの?」「あ、いろいろなカマキリが載ってる!」などと言いながら友達と一緒に絵本や図鑑をのぞき込み、カマキリについて調べます。バッタを食べることがわかると、バッタを採ってきて「ごはんだよ~」とカマキリに与え、その捕食する姿をじっと眺めます。一緒に見る中で、「うわーすごい、手で押さえてる」「首から食べるんだよ」などと発見したことや、驚いたこと、感動したことなどを伝え合ったり、「バッタさん、かわいそう・・・」「でも、カマキリだって、何か食べないと死んじゃうよ?」とそれぞれが感じた思いを言葉で表したりして、友達と共有していきました。

 

 

翌日、幼稚園に来てみると、なんと1匹のカマキリがアリの大群に襲われて亡くなっていました。子どもたちにとって昨日までバッタを捕食し強いと思っていたカマキリが、小さいアリに食べられてしまったことは、とてもショッキングな出来事でした。そこで考えた子どもたち、「この小さな穴(空気穴)からでも、アリは入れるから最強だ」「ここをガムテープで止めればいいんじゃない?」「いやでもそうしたらカマキリも息ができないよ」「じゃぁどうしたらいいの?また明日も食べられちゃうよ」と皆で悩みます。


結局、「そうだ、帰る前にこの虫かごを部屋の中に入れて帰ればいいんだ!」という結論にいたり、今では毎日降園前に保育室内に入れたり、登園すると様子を見に行ったりする姿が見られます。



1
つの生き物の命から、子どもたちの心がたくさん揺さぶられ、自分なりに考えたり友達と相談したりする姿につながりました。

これからもいろいろな経験を通して、子どもたちにとって実りの多い秋となるよう、支えていきたいと思います。


17:36
2016/09/17

ぱぱあずのご参加ありがとうございました

| by:入澤
9月17日、大勢の保護者のお父さんやお母さんに参加していただき、ぱぱあずの作業をしました。
やっていただいたのは、すのことベンチのチェックとペンキやニス塗り、ロッカー棚のリメイク、森の奥の土砂止め内の枝や草の片づけ、運動会に向けてのトラックの整備、ステージ周りの草取りなどでした。
お互いに声を掛け合ったり、手の空いた人が終わっていないところにどんどん回ってくれたりとスムーズにまた、和やかな中作業が進みました。
きれいになった環境の中で、子どもたちの遊びは安全に、楽しく展開されることでしょう。
ご参加の方、ありがとうございました。また、今年は参加できなかった方、来年も企画しますので、よろしくお願いいたします。
17:53
2016/09/09

2学期が始まりました!(年少)

| by:幼稚園

長い夏休みが終わり、花組にもにぎやかな子どもたちの声が戻ってきました。

夏休み前からかわいがっていたカメのシャイ君にも、早速ミミズをプレゼント!

まだ、なかなか調子が戻らない時期ですが、1学期に楽しんだ遊びを思い出しながら、動き出しています。


そんな中、花組の前にお店屋コーナーができました。砂でお料理を作ったり、乗り物で出かけたりと新しい遊び方も出てきています。



 まだまだ暑い日が続いていますが、園庭ではどんぐりがたくさん落ちていたり、草むらを歩くと虫が跳ねたりと、季節は少しずつ夏から秋へと移り変わっているようです。

 2学期も楽しい遊びをたくさん見つけていこうね、花組さん!

 


18:14
2016/07/25

幼稚園の夏休み☆

| by:幼稚園

幼稚園のみなさん、楽しい夏休みを過ごしていますか?

 

さて、幼稚園の先生たちは夏休みの間、何をしているの?というお声をよく聞きます。もちろんお休みもいただきますが、幼稚園の飼育物のお世話にはじまり、研修や研究、出張などいろいろなお仕事をしています。

 

そのひとつ、7月の20日から22日までの3日間、幕張グリーンタワーホテルにおいて、【第62回幼稚園教育研究集会 千葉大会】を行っていました。千葉大学附属幼稚園は大会のスタッフとして、副園長先生を中心にずっと準備をしてきました。

 

 園長先生の大会運営委員長としての挨拶にはじまり、千葉大学学長などたくさんの来賓の皆さまにお越しいただきました。


講演会では講師の白梅学園大学教授(同付属幼稚園園長)の無藤隆先生のお話を聴いたり、文部科学省の伊藤学司様の講話を聴いたりしました。

 

 
 その後は分科会に分かれて研究会です。全国の附属幼稚園の先生方、大学の先生方と保育実践や未来の幼児教育の在り方について、実りある研修会を行うことができました。

 




結果、大会には250名ほどの方に参加していただき、大成功におわりました。大会3日間、無事に終わった時には皆でホッ。。。

 

 

幼稚園ではかわらずニワトリーズが大きな声で鳴き、カメのナナちゃんやシャイ君、子ガメちゃんたち、カブトムシや金魚たちも元気です!絵文字:笑顔

 

みんなも元気に楽しい夏休みを過ごしてくださいね!9月に会えるのを楽しみにしています。

 


09:11
2016/07/15

素敵な夏休みを!(年中)

| by:幼稚園

もうすぐ梅雨が明けるかな、という天気が続いていますね。7月も半ば、園庭にセミの鳴き声がしたりトンボが飛んだりして、「セミとってくるね~!」とワクワクしながら殿に駆け出していく子どもたち。
今週は泡遊びという楽しい遊びもありました。石鹸削りをして、自分の好きなやり方でモチモチふわふわの泡をつくりました!気持ちいい~~
 
お花を飾ったり、色水と混ぜたりしてとても美味しそうなジュースやケーキにもなりました。手洗い石鹸でも時々ものすご~いことになっている)ので、これが思う存分できるなんて…♪
 

昨日は終業式。カブトムシやカメちゃんともしばしのお別れ。
どうぞ元気に夏休みをお過ごしください!


12:22
2016/07/08

もう7月

| by:幼稚園

 今年も年長は附属小学校の七夕集会に参加しました。75日には七夕飾り作りをし、77日には七夕集会で七夕の由来を聞いたり、○×ゲームなどをしたりして楽しみました。

飾り作りは園児と小学1年生がグループになって行いましたが、小学生がとても優しく作り方を教えてくれたり、願い事を短冊に書いてくれたりして、短い時間でしたが、小学生へのあこがれの気持ちや親しみをもちながら活動することができました。

集会ではそれぞれが得意の踊りを披露しました。幼稚園に戻って皆に感想を聞くと「小学生の踊りがかっこよかった」「海賊体操がうまくできてよかった」「みんなの前で恥ずかしかった」等の感想が出て、それぞれが集会を楽しみ、満足したのだと感じました。

七夕の交流ではグループになって活動したことで、互いの顔や名前を覚えた子も多く、今後の交流活動でさらに親しみを深めていけたらいいなと考えています。

夏休みが近づき、自分たちの遊びの場を自分たちで片付けはじめた子どもたち。月組脇の「こびと事務所」も解体しました。「次はどんな事務所を作る?」「三角と四角の事務所はもう作ったから、次は丸にしない?」等、子どもたちの気持ちはもう2学期に向いているようです。どんな遊びが始まるのか今から楽しみです!



16:00
2016/06/28

花組デー!(年少)

| by:幼稚園
先週、年長さんと年中さんは遠足へ行きました。お留守番だった花組はその間どうしていたかというと・・・特別におうちの人に幼稚園に来てもらい一緒に遊ぶ、その名も「花組デー」を過ごしていました。

残念ながら、雨…。でも、上新粉粘土コーナーでは粉から粘土を作ることをじっくりと楽しみました。



また、お弁当前には集会室に特別に「花組ゆうえんち」がオープン!!



そのあと、おうちの人とふれあい遊びをしたり、みんなでお弁当を食べたり、と楽しい一日を過ごしました。特別な一日、いつもとはまた違ううれしそうな笑顔がたくさん見られました。

来年は、いよいよ遠足だね、花組さん!
17:00
2016/06/24

遠足楽しかったね

| by:幼稚園

 指折り数えていた遠足!あいにくの雨でも、年長さん年中さんは雨を吹き飛ばす笑顔で登園しました。バスに乗ってみんなで出かけるのに、お天気なんて関係ないんだな、と先生たちはちょっと思いました。バスの中では歌をうたったりクイズをして遠足気分になり…到着!

 重厚な建物にわくわく感が高まりました。年中さんは園庭で化石掘りをしているので、本当の化石に興味津々でした。幼稚園にも来る鳥や虫をよく見ることができたり、剥製の動物で実際の大きさを感じていました。実物大の骨のクジラやナウマンゾウにはびっくりしましたね。年長さんはお弁当のあと、千葉の歴史コーナーにも行き、学芸員の方に質問をしていました。自分の発見を先生や友達に伝えようとする姿が多くみられ、みんなで見学する面白さがあったように思います。

 博物館の方にあたたかく迎えていただき感謝の気持ちでいっぱいです。「3つのお約束(走らない、触らない、大きな声でしゃべらない)が守れると、世界中の博物館に行くことができますよ」というお話がありました。いろいろな博物館で新しい発見に接する機会が、これからたくさん子どもたちに訪れることでしょう。そんな第一歩になったかな?





14:24
2016/06/15

かめのななちゃんが・・・!

| by:幼稚園

先日の朝、子どもたちの歓声が幼稚園に響きました。

「せんせー!ななちゃんが、たまごうんでるー!しかも4こ―!!」

「えっ!?」と顔を見合わせる子どもたち。あわててカメのななちゃんの所に駆けていきました。

 

年長が当番時に餌をあげたり、声をかけたりして可愛がってきたカメのななちゃん。

なんとたまごを産んでいたのです。とうの本人(本カメ?)は出産後の達成感からか、満足そうな表情で子どもたちを見つめています。

実は前日の夕方から土をほっているのを職員は見ておりました。。。どうやら土の中にも何個か産んでいるようです。

 

 

子どもたちは「先生、あっためなくていいの?」「まるくないんだね。(ちょっと楕円形でした。)」「おっきい・・・」「ちっちゃい・・・」などといろいろな感想を話していました。

 

 

するとある年長さんが「赤ちゃんが生まれたのなら、生まれましたって名前とか書いたほうがいいんじゃない?」と提案してくれました。保育者が「そうだね!赤ちゃん生まれたところに、日付とか名前とか書いてある紙があるものね」と賛同すると、ペンと紙を持ち出し、さっそく書き始めました。

 

一つ一つ丁寧に、「カメってどうやって書くんだっけ?」「今日は何日だっけ?」と悩みながら書いていきます。「やっとできたー!」と紙をななちゃんの近くに貼ろうとしましたが、看板がありません。そこで、保育者と一緒に年長がやっている木工遊びの木を使って看板を作ることにしました。

これぞ、友達と一緒に生活し、遊ぶ中で必要なものを自分で作る、自分のやりたいことが実現できる附属幼稚園のよさだなぁと感じました。

 

ななちゃんを見ながら紙を貼っているときの満足そうな表情は本当に素敵なものでした。

 

自然界ではなかなか見ることのできないカメのたまご。お世話しているからこその体験となりました。赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみに待ちたいと思います。元気に出てきてくれるかな?


13:35
2016/06/11

雨の日は…(年少)

| by:幼稚園
梅雨入りし、室内で過ごすことも増えてくるこの頃。
初めて自分のクレヨンやハサミを使っての活動を行いました。


   
 大きな紙で「クレヨンのお散歩」


 ハサミで紙テープをちょきちょき・・・

そして、ハサミで切った紙テープをビニール袋に入れてつり下げれば、楽しいポンポンに早変わり!



雨の日は大好きな外に行けず、残念だけど、狭い室内だからこそ、友達と近い場所にいて、友達の存在や動きを意識するようになっています。
雨の日ならではの楽しい遊びも、一緒に見つけていこうね!




09:14
2016/06/02

お天気のいい日に(年中)

| by:幼稚園

6月がはじまりました。
雨の日も少なく、気候が良い日が続いていますね。

 
暑い日には裸足になって砂場で温泉づくり。
雨上がりには大きな水たまりで「ワニがいるぞ~‼」
子どもたちの発想はどれも素敵です!

 
この日は気持ちが良い1日で、
星組さん、雪組さんが一緒になってお外でお弁当を食べました。
「なんだか遠足みたい!」
6月末にある遠足が楽しみになってきた年中さんです。
15:34
2016/05/30

よく観察してみよう(年長)

| by:幼稚園

新緑の風が心地よい季節となりました。

 年長さんは一人1本もらった虫めがねが大活躍!登園するとすぐに首から提げて幼稚園探検に出発します。

 

 

 

 

最近はいろいろな虫たちが出てきて、子どもたちは興味津々。ダンゴムシ、ワラジムシ、ミミズ、カミキリムシ、モンシロチョウ、ハチ・・・附属幼稚園の園庭の豊かさを感じます。

園庭のみかんの葉にはアゲハチョウ、ビオラにはツマグロヒョウモンの幼虫がつきました。見た目にはグロテスクな幼虫でも、それには理由があります。図鑑で調べてみようとしたり、触って確認したりする姿がありました。

「飼ってみたい」と始めたアゲハやツマグロヒョウモンの幼虫たち。葉っぱを入れてあげたり、水をあげたりしながらよくお世話をしています。自分たちが毎日観察した幼虫がさなぎになり、羽化した時の子どもたちの表情といったらありません!もちろん、変化がない日もあります。それもまた自然が故です。

 

 

 

「捕まえて飼いたい!」と子どもたちは思いますがそこは小さな虫たちも命あるもの・・・飼うのであれば、ちゃんと命の終わりの時までお世話をする覚悟も必要です。身近な自然とのかかわりと通して、命との向き合い方を一緒に考えるとともに、自然の不思議さや面白さにも気が付いています。

 

 

 


17:02
2016/05/13

花組、動き出す!(年少)

| by:幼稚園

5月に入り、いよいよお弁当も始まりました。

保育時間が少し長くなった花組さん。砂遊び、花摘み、乗り物などなど、面白そうな所へ自分から歩み出すようになってきています。







そして、薄暗い森へも先生や友達となら一緒に探検してもへっちゃら!

その名も「ダンゴムシ探検隊」

ダンゴムシはどこにいるかな~?とペットちゃんを首から下げて、森の中に面白いものを探しに行きます。



       木のうろをのぞきこんで…「なにかいるかなあ~」

 

探検していると、年長さんがダンゴムシのいる場所を教えてくれたり年中さんがザリガニを見せてくれたりといろいろな出会いがあります。

少しずつ、少しずつ、行動範囲を広げながら、自分の世界も広がる花組さん。幼稚園の中での「お気に入り」が見つかりますように…


17:45
2016/05/06

わくわくしながら過ごしています!(年中)

| by:幼稚園

 年中さんが入園・進級して1か月。そこにきた大型連休の谷間。ちょっとお家が恋しくなっている人もいましたね。でも遊び始めると、みんなの笑顔が出始めて安心しました。

 

 朝幼稚園に登園しながら見つけてきた花びらや虫を大事そうに見せてくれる子どもたち。お花を色水にしようかな?と考えながらお花探し…それがミミズ探し…それがへびいちご探し…へびいちご、アリ食べるかな…。子どもたちの興味はどんどんつながり広がっていきます。

 おしゃべりしながらの色水作り。     「その色どうやったの?」
 友達と教えあったりする姿も見られるようになります。友達同士で、というところを今大切にしていきたいと思います。

 ありんこの穴にいろいろ並べてみています(^^)
 お水もあげてみたいんだよね~

これからどんな虫やお花に出会えるのかな。楽しみですね。
15:42
2016/04/26

新しい春がやってきました

| by:幼稚園

今年度も子どもたちの元気な声が響き、幼稚園に明るい春がやってきました。

 どの子どもたちも、ひとつ大きくなったことが嬉しく、どこか誇らしげな笑顔で登園しています。

 

年長5歳児は新しくきたお友達に附属幼稚園が楽しいところであることを伝えようと、「ようこその会」を行いました。言葉を自分たちで考えたり、プレゼントを丁寧に作ったりして準備をしてきました。


当日は年少3歳児のお友達を部屋まで迎えに行き、手をつないで集会室に集まりました。自分たちで考えた言葉を伝えたり、歌では年中進級児も一緒に舞台にあがってようこその気持ちをこめて歌ったりしました。




 そのあとは 一緒に手をつないで走ったり、みんなで踊ったりしました。相手のスピードに合わせて走ったり、手をつなぐ温かさを感じたりしながら楽しみました。みんな、この頃には緊張もほぐれて、とってもいい笑顔!手をつないだお兄さん、お姉さんの姿を追う様子も見られました。


 プレゼントは自分の言葉で伝えながら一人一人に渡しました。みんな喜んでくれたかな?


 新しいクラスや先生、お友達・・・まだ少しドキドキするけど、これからもたくさん遊ぼうね。


16:25
2016/03/18

終業式の日

| by:幼稚園

 とうとう3学期の終業式を迎えました。年長さんのいない集会室はいつもより広く感じましたが、皆で元気よく「園歌」を歌うと、何だか安心して進級できるような気持ちになってきました。



  先日、皆で大掃除をしました。自分たちで掃除する場所や物を見つけて、積極的に取り組むことが出来ました。



  また、保育室案内では年長さんがしてくれたように、年中さんが花組さんにお部屋の使い方などをやさしく教えてあげることができました。どの学年もこの
1年で本当に成長しましたね。




  今日、「さくらんぼそうこ」に年長さんが修了記念で作ってくれた素敵な看板を取り付けました。倉庫がパッと明るくなったようです。幼稚園のさくらんぼの花も満開です!素敵な看板と共に新年度が迎えられます。年長さん、改めてありがとうございました。


16:12
2016/03/11

修了間近・・・(年長)

| by:幼稚園

 いよいよ、修了を目前に控えた年長組。
みんなが小学校に行った後のニワトリのお世話はどうしたいいかな?の問いかけに「自分たちが年中さんに教えてあげる!」と今年もニワトリのお世話引継ぎが行われました。



「キャベツはね、丸くたたんで、ネコの手で押さえて切るんだよ」
「ニワトリが食べやすい大きさに切ってね」
など、自分たちが去年教わり、そして一年間お世話をしてきて身に付けたことを、手を取り丁寧に伝える姿が見られました。


 また、先日は自分たちが過ごしてきた保育室のことを、4月から使うことになる年中組に教えてあげよう、と年長年中でペアになり案内しました。制作コーナーの使い方、トイレの場所、積み木が大きくなるから安全面に気を付けること等など…それぞれが伝えたいと思うことをしっかり手をつなぎ話していました。


 年中組が帰ったあと、どんなことを伝えたかをみんなで共有した時、「あ!トイレの事伝えるの忘れた!どうしよう…」という声が上がると、「大丈夫だよ、みんなが言ったこと合わせればきっと、年中さんたちも自分たちで教えあうことができるよ!」との声も聞かれました。自分たちがいなくなった後にも思いを馳せながら、話し合う、そんな一つ一つの発言に自分たちで生活を作ってきた自信や成長が感じられる、修了間近な子どもたちの姿です。



13:40
2016/03/04

春の足音

| by:幼稚園

3月になり、暖かくなった夢の森…ドロケイで元気に駆け回る年長さん、こびと事務所の年中さん、

森に通う花組などと様々な子どもたちでにぎやかになり始めています。

そして、事務所の人は時々花組を招いてくれて「今日の不思議」を語ってくれます。ドロケイをしている年長さんが「キノコ発見!」と声をかけてくれます。みんなが自分たちの世界をもちながら、どこかで交差している、それが1年一緒に生活してきたということなのだと思います。

 

来週は年長さんとの「おわかれかい」です。

花組さんも内緒でプレゼントを作りました。自分でもって帰る気満々だったりして(^_^;)、ちょっと焦りました。今までたくさん年長さんから頂いてきて…プレゼントするなんて初めてですものね。みんな丁寧によく作りました。よろこんでもらえるといいなぁ。
            
     もりの電車ごっこ。大勢参加!後ろの人のペースに合わせて走るのは
     結構難しいけれど、上手に運転しています。 森の木の間も電車が
     走ります。どこにいるのか見えますか?
                           ⇓
           
 最後にきのっぴーのきのこ便り。
  年長さんが探してきてくれたきのこ。こんなに寒いのに生えているのでびっくりです。
  ふかふかの松葉のお布団の中に埋もれていました(あたたかいんだね)。
  名前は「マツカサキノコモドキ」。松ぼっくりから生えるきのこでした(^^)
             


16:18
2016/02/28

うれしい姿

| by:幼稚園

 今年度も残りわずかになってきました。そこで223日のお弁当は、クラスの枠を超えて、好きな部屋で好きなお友達と食べる“どこでもお楽しみ弁当”にしました。前日から「明日は○○ちゃんと食べる」「集会室で食べたいなー」等、楽しみにする声が聞かれました。当日、全員が集会室に集まり顔合わせ。好きなお友達と誘い合って好きな部屋に移動しました。1番人気は集会室でした。いつもとは違った雰囲気の中で食べたお弁当はきっといつもよりも美味しかったことでしょう。

 

 25日、附属特別支援学校の劇団“きび団子”による「ももたろう」を観劇しました。はじめは鬼が出てくるので怖がっている子もいましたが、とても和やかな雰囲気だったので安心して楽しむことができたようです。劇がとても楽しくて附属特別支援学校さん宛にお礼の手紙を書いた子もいました。よい交流の機会となったようですね。

 翌日、年中組では普段は違う遊びをしている子たちが、急に「人形劇が始まりまーす」と人形劇を始めました。前日に保育参加のお母さん先生がペープサートを見せてくださったことが刺激となったのでしょうか。早速、椅子を並べて客席を作りました。チケットもありました。お客さんが来るとドリンクサービスです。どの子も自分が考えたことをきびきびと行動に移していてびっくりしました。本当に成長しましたね。

面白いと思ったのは、「悪者が出たら投げてください」と、お客さんにお手玉が配られたことです。劇「ももたろう」の途中、事前に配られた石の礫(つぶて)を段ボールの鬼に向かって投げてやっつける場面があったことが心に残っていたのですね。経験したことを自分たちの遊びに活かしているところにも成長を感じました。みんな、すごいよ!


16:59
2016/02/18

「ねんちょうらんど」へようこそ!【年長】

| by:幼稚園


幼稚園生活最後の3学期となった年長の子どもたち。
友達と一緒にめあてを共通にしての遊びを進めながら、
自分たちで相談すること、考えを出し合いながら進めることの楽しさを味わう姿が増えてきました。
この時期の年長の子どもたちには「友達との遊びの中で達成感や満足感を味わうこと」が体験できるように生活を組み立てています。そこで、子どもたちに「みんなが考えた楽しいことを、小さいクラスの友達にも見せたり、招待したりしてみるのはどうかな?」と投げかけました。
すると「それいいね!」「やってみたい!」「そうだ!前の年長さんもやってくれたよ」とこれまでの体験を思い出しながら、自分たちでもやってみたいと意欲を見せる子どもたちでした。
年長のみんなで話をして今回は「ねんちょうらんど」という大きなイメージの中で、それぞれが友達とお店やショー、乗り物、アトラクションなどを考えて、それを幼稚園のみんなで楽しみながらわくわくする1日にする方法を考えてきました。

今朝は「ねんちょうらんど本番だ!」と意気揚々と登園する子どもの姿も多く、目標のスタート時間がくると、「いらっしゃい!はじまります!」と元気な声があちこちから聞こえてきました。
大忙しなねんちょうらんどでしたが、お弁当前にみんなで集まり「どうだった?」と話題にしたところ。「大変だったけど、みんなが来てくれてうれしかった」、「また明日もやりたい!」と満足げな声が聞かれました。

いろいろな考えがあることを受け止めながら、それぞれ考えが違うことを感じながら、それでも一緒に共通のめあてに向かって遊びを進めていく。そんな姿があちこちに見られた「ねんちょうらんど」でした。
まだ明日も続くようで、楽しみな週末です。
15:15
2016/02/12

子どもの世界(花組)

| by:幼稚園

 発表会を経験してちょっぴり自信のついた花組。今クラスで流行っている「アンコール!」が思いかけず保護者の方から…。舞台の上で目がテンになっていた子どもたちに笑ってしまいました。 初アンコール体験!!でしたね。

クラスのみんなで一緒に舞台にのったことは、どこかで友達とのつながりを感じた出来事になったことでしょう。

子どもたちの描く絵にも、お友達がよく登場するようになりました(以前は家族や先生が描かれることがほとんどでした)。一緒に遊んだ楽しい思いが現れるのだな…と思います。
  
 発表会でやったお話は花組の実体験に基づいています(^^)
 だから、またおばけちゃんがきれいにみんなの作ったご飯を食べて、お返しにどんぐりとまつぼっくりを入れてくれていました。
            



16:05
2016/02/03

今年もやってきた

| by:幼稚園

23日、節分です。

登園してきた子たちは4歳児棟2階の壁に貼ってある鬼からの手紙を見つけて大騒ぎ。年長さんから年中さんへと手紙の情報が流れてきました。


 昨年は3歳児で、ただただ怖がっていた子どもたちですが、今年は鬼対策に力を注ぐ姿が見られました。日頃、遊びで使っているウレタン積み木を高く積み、鬼が入って来られないように囲いを作りました。


 さらに、鬼が嫌いな豆、柊、鰯の頭の絵を描いた段ボールをつい立にしました。

 さあ、鬼がやってきました。はじめは遠くにいる鬼を震えながら見ていた子たち。だんだん近づいてくると積み木の囲いの中へ。そして、ついに鬼が保育室に…「鬼は外」と囲いの中から豆を投げつけます。やっと鬼がいなくなってほっとしていたのもつかの間。なんと鬼は花組へ。いつの間にか「花組、がんばれ!」の大声援が沸き起こりました。自分だって鬼が怖いのに、自分たちより小さい花組さんを応援する姿に感動しました。

来年はどうかな?気が早いですね(笑)。



17:17
2016/01/29

冬ならではの暖かい・・・

| by:幼稚園

 寒さも本番となってきました。とても寒い日の朝、月組の外水道ではこんな光景が!!


 

 
少しずつ滴っていた水が夜中に凍って、見事なつららとなっていたのです!!

登園してきた子どもたちは、大喜び、その不思議な光景をみんなでじっと見つめていました。

そんな寒い中ですが、寒さに負けず子どもたちは元気にドロケイ、縄跳び、竹馬など体を動かして遊んでいます。また一方では、温かい室内での遊びも充実できる時でもあります。

先週、新しい素材として毛糸を使って遊んでほしいと考え、毛糸の飾り作りを保育参加のおうちの人先生にも手伝ってもらいながら、みんなで行いました。割り箸を十字にしてから順に編んでいくと・・・
こんな飾りが出来上がります!



そして、今週は毛糸を使った遊びとして、「指編み」にも挑戦しはじめま
した。
手先が器用になってきた年長組、コツをつかんでしまえば自分たちでどんどん編み進めていくことができます。途中で色を変えてみたり、二色で編んでみたり、と工夫する姿も出てきています。柔らかい毛糸を指に巻いて、おしゃべりを楽しみながら、指編みを楽しむ、なんだかほっこりとするひとときです。

これをきっかけとして、これからどんな遊びが広がっていくのか楽しみです。



16:19
2016/01/22

おばけがやったのかな?

| by:幼稚園

 3学期の落ち葉は乾燥して積もるとふわふわします。森の中でそれを「ふわふわ」と名付けてぴょんぴょん跳んでいる花組。

 2学期に自分たちで掘った穴にも落ち葉がたまっています。「おばけがやったのかな~」と言いつつ(今、なんでもおばけに結びつけています)、穴に落ち葉を集め出しました。とてもよく働く子どもたち。たくさんたまったところにシートを敷いて、跳ねたり寝転がったりして遊んでいます。寝てみると空が青く木の枝がくっきり見えていい気持ち…どころではありません!子どもたちがわんさかのってきてつぶれそうになります(^_^;)
 森のひだまりは素敵な遊び場になっています。



 森のおばけの怖い子どもたちはあるアイテムを身につけて森に出かけています。
子どもたちの魔法はどんなものもやっつけてしまう力を持っているようです。
おしゃべりを楽しみながら、先生やお友達とたっぷり空想の世界につかっている…
そんな3歳児の毎日を大切にしたいと思います。
       

 スティックと頭につけるお面。なんとここから魔法が出て、おばけをやっつけちゃいます!
16:28
2016/01/15

冬の朝

| by:幼稚園

いよいよ3学期が始まりました。

暖冬といわれている今シーズンですが、冬らしい寒さがやってきましたね。

今週は毎朝、幼稚園の庭は霜で真っ白!はじめは「雪だ、雪だ」と喜んでいる子もいましたが、「あれ?ちょっと違うな」と気がついたようです。霜を手に乗せて「冷た~い」「だんだん溶けていく…」といろいろなことを発見していました。実際に触れたからこその発見ですね。



そして、子どもたちは早速、霜柱を遊びに取り入れて、冷たいご飯作りを始めました。使えるものは何でも遊びに取り入れてみるのが、子どもたちのいいところですね。

まだまだ寒い冬は続きそうですが、寒さに負けずに元気に遊ぼうね!


16:26
2015/12/11

わくわく発表会Ⅰ(年長)

| by:幼稚園
12月4日は、幼稚園最後のわくわく発表会でした。
 去年の発表会の経験を思い出しながら、「今年はどんな発表会にしていこうか」と考えを出し合うことからスタートしました。自分が取り組んでみたいことの内容が近い人が集まりグループを作り、グループの友達と相談しながら取り組んでいきました。
 作ることで表現をするグループ、言葉で表現するグループ、動きで表現するグループ、これまでの遊びを通して表現をするグループ・・・表現には様々な形があります。自分たちとは違うグループの表現に触れ、刺激を受け合い、学年のみんなやグループの仲間と時にはぶつかり合いながらも相談を重ね、「ねんちょうのぼうけん」という一つのお話を作り上げてきました。



年少・年中をお客さんとした初めての発表会では、1時間弱という長い時間にもかかわらず、一生懸命見てくれているお客さんの視線を感じながら、それぞれのグループが自分たちの力を出し切ることができました。そして印象的だったのが、最後にアンコールの拍手を浴びた時の、年長組のびっくりしたような、何とも言えない誇らしげな笑顔!小さい友達の憧れの視線は、きっと年長組の子どもたちの心に様々な思いを届けたのではないでしょうか。

 自分たちで作りあげたという自信が、また3学期の生活へとつながっていくのでしょう。この経験が3学期の遊びや生活の中でどう生きていくのか、楽しみです!!


17:25
2015/12/04

森探検!(年少)

| by:幼稚園
 森にこびと事務所がありますが、その周りをウロウロ(?)しているのが花組です。「あぁー」とか「きゃー」とかとても賑やかに、毎日探索をしています。なんでこんな「きゃー」と言っているのかと申しますと、それは「おばけ」が出るからなんです。

 森にこうもりと共にやってきて、いろいろなわるさをしていきます。お化けの木やこうもりの木があります。
 みんなはこわごわ出かけて、わるさをしませんように、とトゲトゲ(木の枝や松葉)でお守り(結界のような…)を作っています。ゼリーが好きだというみんなの意見で、ゼリーをあげたりしました。翌日ゼリーは空っぽになっていました。
 でも、今日はちょっと仲良くなれた出来事もありました。
 なんと、ゼリーのお返しがあったんです。
 みんな「おばけがちょっとやさしくなった」と言っていました。

…とこんなふうに、毎日イメージ豊かに遊んでいます。何かが見えてしまう花組。このお話はまだまだ続きそうです。小さい子どもたちの一喜一憂の思いを受けとめ、わくわく過ごせるようにしていきたいと思います。
(中にはわくわくよりも、ブルブルの人もいますが。)

  目の木です!!こわいでしょう。
  森にはおばけにやられてしまった木がたくさんあるんです。
16:18
2015/11/27

夢の森って楽しいな!

| by:幼稚園

 1126日は少し不安定な天気でした。でも、子どもたちにとってはいいこともありましたよ。ちょうど皆が登園してきた頃に虹が出ました。「あ、虹だ」「どこ?どこ?」情報を伝え合ってたくさんの子が虹を見ることが出来ました。

 午後には雨もあがり戸外に出ていった子どもたち。夢の森に行ってみると、目の前に広がっていたのは大きな水たまりでした。はじめは大きいシャベルで水をかき回していたのですが、それだけでは満足できなかったようです。長靴を履いていることをいいことに、大きな水たまりの中に入っていく子が続出。その表情は何とも言えないものでした。だんだん深くなっていく水たまりを進み、水が長靴に入るか、入らないかのスリルを楽しんでいるようでした。

 夢の森ではこびと探検隊が「こびと事務所」を作って楽しんでいます。こびとを捕まえるためのわなを作ったり、お掃除したり…最近はいろいろな子を招待するようになってきています。

 自然いっぱいの幼稚園でますます楽しみましょう!


14:49
2015/11/19

たんけんしてきたよ!(年少組)

| by:幼稚園

 花組さんは水曜日、探検隊になって大学の中を探検してきました。大学の中は発見がいっぱい。はじめに出会ったのは、きのこ(サルノコシカケ)に座っているきのこの妖精でした。びっくりしたね~。サルノコシカケに実際に座ってみる人もいました(^^)大きな木は、中に入れたね。

池ではお掃除をしてくださるおじさんのところで3のザリガニを頂いて帰ってきました。

大学の中でもイメージを広げて遊び、みんなで「わぁ~」「へぇ~」と思うことはすてきな共通体験になりました。友達と一緒だから発見が何倍も楽しくうれしくなる、そんな探検でした!



木に「目があるー!!」と大発見。

大きな木の間に入れるよ!わらわら集まるこどもたち。

みんなでつけた名前です。
15:55
2015/11/14

新しいチャレンジへ(年長)

| by:幼稚園


運動会に「次のチャレンジへ」と年長クラスの子どもたちに
幼稚園からプレゼントしたコマ
一人が回せるようになると、それを見た友達が
「わたしもできるかも!」とチャレンジ。
そして、最初は回せなかった友達が回せるようになったのを見て
「僕もできるかも!」とチャレンジ。
チャレンジの輪が広がってきています。

そこでは、友達同士で技を伝え合う姿が見られます。
「ここはこうやってやるといいよ」
「もうすこし低くしてやるとうまくいくよ」
子どもたちは自分の技を伝えることを通して、
友達とめあてを共有することの面白さを感じていきます。

幼稚園では
「友達とめあてを共有し、やり遂げる喜びを味わう」
ということを、年長のこの時期に体験できるようにしています。

やり遂げることの楽しさは、いろいろな場面で体験することができます。
新しいチャレンジへとつながればと願いプレゼントしたコマが、
そんな体験の一つのきっかけとなっている11月です。
14:08
2015/11/09

幼児教育研究会

| by:入澤
10月31日、幼児教育研究会をおこないました。
今年は300人の参加者に来ていただきました。寒い中ありがとうございました。
本園の保育を見ていただいたり、研究テーマ「子どもたちの“物語”を豊かにする環境」についての発表を聞いていただいたり、分科会で協議をしていただいたり、福島大学の大宮勇雄先生のご講演「幼児の学びをとらえる~『学びの物語』の視点~」を聞いていただいたりと、盛りだくさんの一日でした。
大宮先生のお話は時間がたつのを忘れるくらい、おもしろく、ためになるお話でしたね。
プロセスを大切にした保育をしていきたいなと思いました。
学び合えたことを、これからの保育に生かしていきたいと思っています。
ご参加の方と、また、このような機会を持てたらうれしいです。
保護者の方々にも様々なお手伝いをしていただき、ありがとうございました。

16:21
2015/10/08

花組の秋

| by:幼稚園
 園庭にたくさんトンボが飛んでいます。年長さんが手を伸ばしてとまるのをまっていました。それを見た花組さんは、制作で使っている棒を手に持って伸ばしています。
でもとまらないなぁ。
そこで、”手が疲れちゃう”ので「トンボ棒」にしてみました。
すると…

 
とまりました!うれしい~。いっきにどんどん作り始めました。


 子どもの作るものはおもしろいなぁ。

 もうすぐ運動会。
先日予行練習をしているときに、みんなの帽子にトンボがとまりました。
「トンボも運動会に出たいんだね」と言っていました。
初めての運動会が楽しみです。
15:49
2015/10/02

実りの秋

| by:幼稚園

この前、2学期が始まったばかりだと思っていたら、もう10月です。本当に早いですね。

 

 今年度、「どんぐり広場・パラダイス計画」を立て、
1学期にいろいろな種を蒔いたのですが、たくさんの花が咲き、種が取れるようになってきました。アサガオ、フウセンカズラ、トロロアオイ、キバナコスモス、そして綿花…「この種はなんの種?」「おもしろい形だね」等、種取りをしながらいろいろな発見をしたり心を動かしたりしています。種取りをしている子どもたちの目は真剣そのもので、小さな種を1つでも落とすまいと、かわいらしい手で一生懸命に集める姿が印象的でした。たくさんとれた綿花は何に使おうかと思案中です。花は子どもたちが自由に摘んでもいいものとして、色水やままごとなどの遊びの中で今も大活躍しています。



 この他にも園庭のみかんや柿も色づき始めています。「前にみかん屋さん、やったね」と昨年のことを思い出して楽しみにしている子もいるようです。芋掘りも近づいていますよ。実りの秋を十分に味わい、楽しんでいきたいと思います。


15:36
2015/09/25

秋の園庭には虫がいっぱい!(年長)

| by:幼稚園
 夏休みの園庭整休みの園庭整備の際に、虫たちのために残していただいた草の陰には、コオロギ、バッタ、カマキリ、チョウ、テントウムシなど虫たちがたくさん!!

2学期が始まり、幼稚園の庭に元気にもどってきた年長組は、もちろん、それを見逃しません。友達と一緒に飼育ケースをもち、「こっちにいるぞ!」「とるのは○○くんがうまいよ!」と情報交換をしながら虫捕りを楽しんでいます。虫だって捕まりたくないので必死に逃げていて、子どもたちとの飽くなき戦いは毎日続きます。


↑棒を高く空に向けていれば、トンボが止まってくるかも・・・ 虫との知恵比べ、我慢比べです

↑友達の見つけた虫も気になるな・・・

その中で、虫の名前や何を食べるのかなど教えあう姿、とった虫をじっくりと眺める姿、など見られています。

今はたくさん捕ることを楽しんでいますが、捕った後どうしていくのか、飼うのか、それとも逃がすのかなど、命と向き合うことにも目を向けられるように一緒に考えていきたいです。
18:12
2015/08/25

スイカだよ!(年長)

| by:幼稚園


1学期には、年長の子どもたちがいろいろな種を蒔きました。
誰かが蒔いたスイカの種が元気に芽を出して、
夏休みの間に、小さなスイカの実をつけました。
(クローバーの葉と比べてみるとその小ささがわかると思います)

まだまだ、小さい実なので見つけるのは大変かもしれませんが、
こんなふうにスイカも子どもたちが来るのを待っています!
バッタもトンボも待ってます!

幼稚園は、集会室や保育室の工事が着々と進んでいます。
新学期の準備をしながら、
元気なみんなに会えることを楽しみにしています!
16:07
2015/07/27

幼稚園教育研究集会岩手大会

| by:幼稚園

 72123日の3日間、第61回幼稚園教育研究集会岩手大会に参加してきました。

この研究会は毎年この時期に、全附連幼稚園部会の主催で行われる会です。全国の国立大学附属幼稚園の先生方が集まり、研究テーマ(今年のテーマは「未来につなぐ豊かな幼児教育―質の高い幼児期の学校教育を求めて―」)について話し合ったり、日頃の保育の情報交換を行ったりします。

 

 少し気が早いと思われるかも知れませんが、平成28年は千葉大会です。開会式では中澤園長が次期開催園としての挨拶をしました。千葉県の地図を示しながら、千葉県の特産品や名所などをたくさん紹介したので、来年の千葉大会には大勢の先生方が参加してくださることでしょう。そう思うと、もう来年の準備のことで頭がいっぱいになりそうです。

 

 4つの分科会ではそれぞれのテーマについて、研究発表がされ、それについての質疑応答、グループ討議と進められました。普段、話す機会の少ないいろいろな地域の附属学校の先生方と、それぞれの幼稚園で行っている保育の情報交換、課題となっていること等について話すことができました。どの園の先生方も保育環境を見直したり、子どもたちの姿を読み取ったりする努力をされていることがわかり、よい刺激となりました。この研究会で学んだことを、2学期からの保育の中に生かしていきたいと思います。


10:54
2015/07/18

ぱぱあずの作業ありがとうございました

| by:入澤
数日前から、お天気が心配だった今年のぱぱあず・・・
今日の朝の天気予報では、「千葉は雨は降らない」と言うことだったのに、3時少し前からミストシャワーのような雨が降ってきてしまいました。
そんな中、たくさんのお父さん、お母さん方に参加していただき、今年もぱぱあずの活動を無事に終えることができました。

作業内容は、虹色ハウスの解体(9月には附属特別支援学校の生徒さんが新しいものを作ってくれるそうです)・ベンチのニス塗り・保育室の棚作り・カラーボード作り(砂場で使います。砂で絵を描くためのボードです。美術科の学生さんも一緒にやってくれました)・水道の色塗り・・・でした。
思ったよりも早く終わったのは、それだけ、お父さん・お母さん方の作業効率が素晴らしかったということでしょう。

雨だったせいで、最後にみんなで写真を撮るのを忘れてしまい、すみませんでした。
でも皆さんの作業の様子は、しっかりと写真に納めさせていただきました。
皆様、ありがとうございました。





17:30
2015/07/16

大掃除(年中)

| by:幼稚園

 年中になって初めての大掃除をしました。三角巾をつけた子どもたちはやる気満々!1学期にお世話になったロッカー、引き出し、机、椅子、ブロックなどを、雑巾で一つ一つ丁寧に拭きました。真っ白な雑巾に汚れがつくと「わーすごい、(汚れが)ついたー」「先生、見て!見て!」と、多くの子たちが、何度も何度も汚れた雑巾を見せてくれました。

 

 最後は全員で床掃除!「よーいどん!」の合図で雑巾掛けをしました。思っていたよりも力強く、しっかりと腕と足を使うことができていました。


 大掃除の後は冷たいオレンジジュースで乾杯。大掃除お疲れさまでした。

  明日からいよいよ夏休みです。厳しい暑さが続くことと思いますが、元気で楽しい夏休みを過ごしてくださいね!


16:32
2015/07/10

小学校の七夕集会へ(年長)

| by:幼稚園


 七夕の日に年長児は小学校の「七夕集会」に招待され、1年生と2年生のお兄さん、お姉さんたちと一緒に、七夕のお話を聞いたり、一緒にゲームをしたりして過ごしました。季節の行事の由来を知り、小学生の素敵なダンスや、2年生の実行委員の司会などを見て、小学生に憧れの気持ちをもつことができた、そんな「七夕集会」となりました。
 しかし、当日だけのかかわりで子どもたちがこれらの気持をもつことができたわけではありません。七夕集会に向けて、子どもたちはペアになった1年生に飾り作りを教わったり、短冊にお願いごとを書いてもらったりという体験をしてきました。このように、飾り作りで1年生に優しく丁寧に接してもらうことを通して、「七夕集会」というフォーマルな場でも、安心できる1年生ペアやしっかりとした2年生が側にいたことで、安心して参加することができました。
 今回お世話になった1年生とは、年間を通しての幼小の交流活動時でも一緒に過ごします。このような活動を通して、いろいろな人と触れ合うことの楽しさや、就学への期待、大きくなることの喜びなどを味わうことができるようにしていきます。
14:51
2015/07/07

雨だって~☂(花組)

| by:幼稚園

梅雨らしい日が続いています。

「今日も雨だね」という会話を大人はついしてしまうのですが、雨具の始末も上手になるし、お部屋でお友達とたっぷり遊べるし、いいこともたくさんあります。初めての絵の具はのびのびとこんなふうに楽しんでいます。

7月に入り、入園してきた頃よりもずっと笑顔が増えた花組です。みんなで一緒に遊ぶことがひとりひとりの刺激になる、そしてもっと楽しくなるという毎日です。

みんなで同じことをしてみる、というのも(写真のようにどんどん寝っ転がりだしました!)気持ちが同じになっていることなんだろうな、と思います。
顔を見合わせたり、笑いあったり、鈴を振って聞かせてあげたり。たわいない、こんな時間が子どもにとってはうれしいひとときになるように感じました。

夏休みまであともう少し、元気いっぱい過ごそうね。



15:35
2015/06/26

バス遠足(年中)

| by:幼稚園
 25日、大型バスに乗って千葉市動物公園に行ってきました。年中さんにとっては初めての遠足でした。
 「さあ、出発だ!」とバスが走り始めると同時に空模様が怪しくなって、雨が降ってきました。「え~、そんなぁ」と先生たちは困惑…。でも、動物公園の駐車場に到着する頃にはすっかり雨も上がっていました。よかった!2号車にぶら下がっていた“てるてる坊主”のおかげかな。

 さて、動物公園では、年中さんはほとんどの時間を「子ども動物園」でゆったりと過ごしました。リュックをおろし、写真撮影を終えると、早速、自分の好きな動物のところへ走って行き、目を輝かせながら見入っていました。幼稚園にもいるカメの数を数えたり、ペンギンの前では「ペンギンさん、泳いでないね」とつぶやいたり…。また、ヤギのブラッシングをしたり、糞の掃除をしたりして、直接、動物と触れ合う姿も見られました。年長さんだけが触る予定だったハツカネズミやテンジクネズミにも、こっそり触らせてもらいましたよ。ラッキー!



お楽しみのお弁当は、ちょっと雨が心配だったので、屋根のあることろに移動して、星組・雪組一緒に楽しく、美味しく食べました。お弁当ありがとうございました。


16:03
2015/06/11

手を洗おう♪(花組)

| by:幼稚園
入園して2か月たった花組さん、園庭で泥んこになって遊んでいます。
雨上がりはさて、こんな感じです。
アスファルトがほとんどになった道…水たまりに入って遊ぶ体験はなかなかないですね。
子どもたちのわくわく感が伝わってきました。
季節や自然をたっぷり味わって過ごしてほしいと思っています。


さて、そんな元気な子どもたちですので、おやつやお弁当の前は手がまっくろ!
そこで養護教諭の木次先生から手洗いの仕方を教えてもらいました。
ハンドウオッシャーとピュアハンドに会うのは初めてです。どうして手を洗わないといけないのか、いつ洗うといいのか、どんな洗い方をするとよいのかを学びました。
毎日繰り返しながら身につけていこうと思います。

15:24
2015/06/07

ふれあいの日

| by:幼稚園

 今日は今年度初めてのふれあいの日でした。天候にも恵まれて楽しい1日となりました。

 親子で“ようちえんたんけんにいこう!”カードを持って、オリエンテーリングにチャレンジしました。

 
「どんぐりハウスってどこ?」「キュウリってどこにあるの?」など、入園して
2か月過ぎてもまだまだ分からない場所があるようでした。1番多かったのは「ドングリのイヤリングをしている先生はだれ?」でした。正解は副園長先生でしたね。おうちの人と一緒にすべり台を滑ったり、車に乗せてもらったりして子どもたちは大満足でした。



2学期のふれあいの日も楽しみにしています。


14:38
2015/05/25

芋苗植えをしました!(年長組)

| by:安藤


天候のため延期になっていた芋苗植え、やっと22日に行うことができました!

芋苗植えは年長さんになったらできること!みんな楽しみにしていました。年少さん、年中さんが見守って応援してくれる中、一人ずつ苗をもらい植えていきます。注目されながら植えるので、始めは緊張気味…。



でも、苗は斜めに、そして優しく土をのせて、無事、今年の芋苗植えは終了しました。

最後には年長みんなで、「おいしいおいもに育ちますように!」とお願いをしました。

大きく育つかな?秋の焼いも大会が楽しみですね~。



16:49
2015/05/15

毎日わくわく!?

| by:幼稚園
 入園して1か月半。
3歳児の花組さんも幼稚園でモリモリ遊び出しています。
朝はちょっぴり不安そうな人も、幼稚園でのいろいろな遊びに興味津々になっています。
こんなふうに、カメにも…
おっかなびっくり触ってみようとしたり、水から上がってきたカメに歓声をあげたり、お花をたくさん浮かべて「うれしいかな~」といってみたり。


 5月の自然の中で過ごす姿もみられます。
森の中で木の実をみつけました。「おまめ」と言っています。
 少しずつ少しずつ、幼稚園が好きになってくれますように(*^_^*)
17:05
2015/05/01

いよいよ5月(年中組)

| by:幼稚園

 早いもので新年度が始まって1か月が過ぎようとしています。はじめは、緊張から泣いたり、表情が硬かったりしていた子たちも徐々に園生活に慣れてきました。喜んで登園し、「今日は何をしようかな」と自分のしたいことを見つけて取り組み始めています。
 外遊びが好きな子が多く、どんぐり山を掘って水を流したり、大砂場で温泉を掘ったり、お料理したりしています。進級の子も、新入の子も、星組も、雪組も入り混じって楽しんでいますよ。



 子どもの日に向けて全員でこいのぼり作りをしました。はさみを安全に使うための話を聞き、その後にこいのぼりの形を切り、さらに思い思いの模様をつけていきました。「黒いのがパパで、赤いのがママ」「こいのぼりがお口をあけているところだよ」など、会話も弾みました。自分で見つける遊びも、クラスの皆でする遊びも楽しんでいきたいと思っています。

 明日から5連休になります。ほっと一息ついて、また幼稚園でたくさん楽しく遊びましょう!



はや
16:38
2015/04/09

新しい友だちを迎えました(年長)

| by:幼稚園

今日は57名の新しい友だちを迎えた附属幼稚園の入園式でした。
年長の子どもたちが年中クラスの時に植えたチューリップが花をつけ、
新しい友だちが式の会場に向かう道をきれいに飾りました。

在園児代表として、入園式に参列し
お祝いの歌と、手遊びとを一緒にし、
「入園、おめでとうございます!」と言葉をプレゼントしました。

年長児としての初の大仕事である「入園式」では、
少し背伸びをして、少し緊張をしていた子どもたち。
それでも年長クラスになったことを誇らしげに感じているようでもありました。

小さい友達にとっては憧れの存在である年長児。
明日からどんな背中を小さい友達に見せてくれるのかが楽しみです。
13:11
2015/03/26

春です(年長)

| by:幼稚園


修了式が終わり、年長児達が幼稚園を巣立って10日が経ちました。
年長組の子どもが植えたこのチューリップがもうすぐ花を咲かせます。
もうすぐ春がくることを教えてくれるつぼみです。

このチューリップが新しい年長組さんをむかえる頃、
このチューリップを植えた子どもたちは1年生です。

そして、新しい年長組さんたちが育ててきたチューリップが、
新しく幼稚園の仲間になる小さい人たちを迎えます。

このチューリップを見ると、
修了証書を手にした子どもたちの、希望に満ちた笑顔が目に浮かびます。
春です。
14:26
2015/03/01

今日はふれあいの日

| by:幼稚園
 今日は今年度最後の「ふれあいの日」でした。天気が心配されましたが、何とか雨も降らず、園庭や夢の森で楽しく遊ぶことができました。園庭開放が出来なかったのは残念でしたね。

 

今までのふれあいの日には、幼稚園探検、運動会ごっこ等をしてきましたが、今日はどんなことをしたのでしょうか?

花組さんはおうちの人と一緒に、紙皿を使った雛飾り作りをしました。また、普段しているままごとや巧技台なども、保護者の皆さんに見ていただきました。年中組さんは大好きな外遊びをおうちの人と一緒に思い切り楽しみました。年長組さんは、幼稚園生活最後のふれあいの日ということで、親子ふれあい遊びで汗をかく程に楽しみました。

 

保育後は集会室でJR東日本の皆さんによる「マナー教室」が開催されました。駅長犬も来園し、楽しみながら、マナーや安全について考える良い機会となりました。

年中さん


空組さん


月組さん


花組さん


16:40
2015/02/20

楽しかったね!

| by:幼稚園

昨日は、「ままあず公演」がありました。子どもたちに人気のキャラクターがたくさん登場。舞台いっぱいに繰り広げられるショーに大喜び。子どもたちも歌って踊って盛り上がりました。大好きなお父さんやお母さんが出演するから、格別にうれしいんですね(とはいっても、素晴らしい演技力と変身ぶりに終わってから「誰のお母さんがやってたの?」など質問も飛び交いました)。保護者の皆様の心のこもった手作りのショーは、子どもたちの楽しい思い出になったことと思います。本当にありがとうございました。



そして今日は2月のお誕生会でした。ゲストは千葉大学吹奏楽団のお兄さんお姉さんです。総勢60名余の楽団に最初の曲では圧倒されていた子どもたち。こんなに大きな音やいろいろな音を生で(それも至近距離で!)聴く機会はなかなかないですよね。指揮者の方の曲にぴったり合った楽しいコスチューム、大好きな曲、踊り付きのノリノリの曲、豪華な幼稚園の園歌、などなどあっという間の40分でした。長い時間鑑賞できるようになった子どもたちの成長も感じました。

年長さんはその後に、楽器体験ができました。初めて見るたくさんの楽器に実際に触れることができて、みな興味津々でしたね。不思議な打楽器もありましたね。吹奏楽団の皆様ありがとうございました。


楽しいこと続きの2日間。そして来週はもう2月の最終週!

幼稚園も子どもたちの大きくなる前の“まとめ”の時期に入ります。



16:29
2015/02/19

ニワトリのお世話を教えてもらう

| by:幼稚園





 あと1カ月半ほどで、年長組!
今週から、年長さんがニワトリのお世話を教えてくれることになりました。1対1のペアで、優しく丁寧に教えてもらっています。
包丁を使って野菜を切るということは、年中さんにとってドキドキ。
お世話を終えて帰ってくる年中の子どもたちの話では、「誰もけがをしないで、包丁で切れたんだよ!」「切った野菜は混ぜるんだよ!」と得意気に話してくれる表情には、喜びと自信を
感じられます。このような体験を経て、年長になる喜びと期待をもつんですね。
もうすぐ、みんなにお世話当番が回ってくるので、お楽しみに!
17:13
2015/02/13

ドキドキ小学校見学

| by:幼稚園
 
 2月になって、「もうすぐ幼稚園終わりだね。そしたら1年生だー」という声が、子どもたちからも出始め、あと何日と、数えてみた子もいるみたいです。そして♪1年生になったら~♪と元気いっぱいに歌って、年長さんは小学校見学に行ってきました。
 小学校との交流も3回目ですが、「もうすぐ1年生」という気持ちが出てきた子どもたちにとっての今回の交流は、より、身近になってワクワクドキドキだったようです。の見学では、1年生の真剣な様子に年長さんもじっと見入っていました。学校の先生が書く黒板の字をみつめて、一緒に描き順をなぞってみる子もいました。
 校内見学では、七夕活動から一緒のお兄さんお姉さんと学校中を歩きました。広い校内をぐるぐる歩き、幼稚園とは全く違う教室、体育館、音楽室、図書室などをみることができましたね。地図を見てしっかり案内する1年生が頼もしく思えたようです。
 給食ははじめての経験でした。配膳などにちょっと緊張気味。食べられるかな、と不安な気持ちもあったようですが、「おいしい!」と舌鼓。
 身近な1年生のみなさんの姿にあこがれをもち、小学校ってこんなところなんだな、と少しわかり、幼稚園の帰り道はおしゃべりがはずみました。

 短い3学期ですが、年長は「互いに認め合い、生活や遊びを友達とつくりあげる満足感をもつ」というねらいをめざして、1日1日を大切にしています。それは、次の「就学への期待をもつ」というねらいにつながっていくのではないかと思います。
 この交流も、子どもたちの気持ちを1年生に一歩近づけてくれました。
16:39
2015/02/03

鬼が来た!

| by:幼稚園

「鬼、来るかな…」と心配そうな表情の子どもたち。この後、鬼がやってきて花組は大騒ぎ。
ままごとコーナーに作ったバリケードの中に身を隠す子、鬼に向かって豆を投げつける子、1度は鬼に向かっていったものの逃げ帰ってくる子、そして大泣きする子。
きっと皆の周りの鬼は追い払われたことでしょう。

花組には朝から年長さんが心配してきてくれました。自分たちも豆を持っているのですが、花組にも豆の入れ物を折り紙で作ってくれましたよ。年長さんてすごいね。ありがとう!

鬼の姿が見えなくなると、早速外に行って鬼の跡探し。これは附属幼稚園の伝統になっていて、3歳児・4歳児・5歳児が一緒になって行います。
「あっ鬼の足跡だ」「門の鍵が壊されている」「爪の跡がある」「この棒は鬼が折った棒に違いない」等、自分たちが見つけたことを疑うことなく情報交換していました。

豆まきが終わると、そろそろ春の足音も聞こえてくることでしょう。
「鬼はそと!」「福はうち!」
16:51
2015/01/28

わくわく発表会、楽しみだなー!

| by:幼稚園



 2月のわくわく発表会に向かって、それぞれの子どもたちが
自分の役に必要な道具や身につけるものを作り始めています。
 ステージで音楽に合わせて、フープを回したり歌ったりする姿は、
星組雪組の両クラスで見られています。なりきって熱唱しています。
 「雪を降らせたい」と子どもからの声があり、切り紙を始めました。
どんな雪になるかは、お楽しみです!
他にも、いろいろなものを制作中です!
15:37
2015/01/19

幼稚園最後の3学期(年長)

| by:幼稚園
年長の子どもたちにとっては、
幼稚園最後の3学期がスタートしました。
大きくなることにへの期待に満ちあふれた子どもたちとの園生活も、
残す所あとわずか・・・。
ヒヤシンスの生長に子どもたちの成長を重ねあわせる1月です。



ヒヤシンスのつぼみを見た子どもがいいました。
「せんせい!これトウモロコシみたいだね!」
乾燥させたトウモロコシを並べると
「やっぱり似てる!」と子どもたち

週明けの今日、つぼみが色をつけていました。



子どもたちも日々ヒヤシンス以上に成長しています!
昨年収穫したチューリップの球根からも小さな芽が顔を出し始めました!



そして休み明けの園庭には、
土曜日と日曜日と今朝とで積み上がった3段の霜柱が!
霜柱をザクザク踏んで音を楽しんだり
凍った地面を地面からはがして「地面がとれた!」と驚いたり!
身近な自然の変化をよくよく見ている年長の子どもたちです。

保育室前で今年はじめて氷ができました。
週末に片付け忘れられていたフライパンにたまった水が凍っていました。


早速、「去年たくさん氷できたよね!作ってみたい!」と
氷作りに挑戦する姿がありました。
子どもたちが去年の経験をどんな形で今年の遊びに取り入れるかが楽しみな冬です!



さて、明日の朝はどうなっているかな?
15:40
2014/12/22

2学期も楽しかったね!

| by:幼稚園

もうすぐクリスマスですね。元気で楽しい冬休みを過ごしていますか?
幼稚園では一足先に、皆でクリスマスの飾りを作りましたね。お家に飾ってあるかな?
2学期は運動会、芋掘り、焼き芋、年長さんの発表会・・・楽しいことがたくさんありましたね。
花組の前には太鼓橋、すのこ、ビールケースを使って基地を作りました。基地はある時にはお家、またある時には忍者屋敷と、様々なイメージでも楽しめるようになりました。
3学期は寒いけど、体をたくさん動かして元気に遊びましょうね。
園長先生とのお約束も守りつつ、楽しい冬休みを過ごしましょう!
11:01
2014/12/04

再公演決定(!?)

| by:幼稚園
 今日年長のわくわく発表会パートⅡが終わりました。約1か月、この日に向けて取り組んできました。今日ご参観くださった保護者の皆様、あたたかい拍手をありがとうございました。
 「どんなことを舞台でしたい?」から始まった年長の発表会。子どもたちの一番大好きなことをできるだけ叶えられるように、仲間同士で何度も相談しました。この発表会は、運動会よりも、もっと力を合わせて年長2クラスで一緒に取り組みました。

 一人一人が主人公になる、そんな発表会になればいいなぁ、と思っていました。
 なかなか意見が合わなかったこと、自分の意見が通らなかったこと、作るのが難しかったこと、練習で照れてふざけてしまったこと、緊張したこと…そんないろいろな出来事が、きっとみんなの今日の頑張りにつながっていることでしょう。
 友達に「いいねー」と言えたこと、「上手だな」と感じたこと、「手伝ってあげる」と手を差し伸べたこと、拍手をたくさんしてあげたこと…それはきっとみんなを大きくしてくれたことでしょう。

 さて、年中さんから「お休みしてしまったので、どうしても見たいです」という相談がありました。年長さんもお休みで残念な人がいます。来週、特別公演しませんか?
                
          
15:33
2014/11/21

年中組の園外保育~千葉大学構内散歩

| by:幼稚園

11月20日に年中組だけで、千葉大学構内の散歩に出かけました。その日は、今年一番の
寒さでしたが、子どもたちは、はりきって幼稚園を出発しました。千葉大学構内に行くのは、初めての子もいて、「これは、何?」「大きい木だね!」など、キョロキョロしていました。
広場に到着すると、大木があり、何人もの子がいっぺんに木に登ったり、赤や黄色やオレンジの葉を見つけては、「これみてー!」「大きい葉だよ」「顔みたい」と拾った葉をよく見ては、先生や友だちに伝えていました。その日は、たくさんの秋の自然に触れて思いきり楽しんできました。歩いた距離は結構ありましたが、「歩けない~」という子もいなく、夢中になっているうちにたくさん歩いた日でした。みんなで飲んだ飲み物は美味しかったね!楽しかったね!
16:13
2014/11/11

H26年幼稚園教育研究会

| by:幼稚園
10月25日、「平成26年幼稚園教育研究会」を行いました。
天候にも恵まれ、来ていただいたお客様に寒い思いやご不自由をかけることなく、ほっとしました。
約250人の幼稚園の先生・保育所の先生・大学の幼児教育を教えていらっしゃる先生・そしてご来賓の方々にご参加いただき、本当にありがとうございました。

午前中は保育参観、全体会を行いその中で研究発表を行いました。
(保護者の方には、11月15日のふれあいの日、降園後に行う予定でいます。自由参加ですが是非、お聞きいただきたいと思います。)



午後は、各学年ごとの分科会、その中で本年度の研究について深めあったり、本日の保育について話し合ったりしました。
その後は、聖徳大学教授である小田豊先生に「質の高い教育課程とはー『よく遊び、よく学び』を通して考えるー」というテーマでご講演をしていただきました。本園の保育にも絡めながらのお話で、とても勉強になりました。
来年度も、実りの多い研究会にしたいと思っています。是非多くの方の参観をお待ちしています。
役員さんの方々にお手伝いをいただき、ありがとうございました。
12:44
2014/10/20

再びドングリ

| by:幼稚園

たくさん拾い集めたドングリを流して遊んでいた花組さん。
今度はビニールプールに入れて、ドングリ風呂???
ドングリをたくさんお腹に入れて「ドングリ赤ちゃんが生まれる」と言い合っている女の子たちもいます。
ドングリを使って次は何して遊ぼうかな・・・。
16:19
2014/10/15

運動会を終えて(年長)

| by:幼稚園


年長の子どもたちにとっては、幼稚園最後の運動会が終わりました。
それぞれが自分なりにめあてをもって取り組んだ運動会。
親子の競技でも、学年みんなでのリズムでも、つなとりでも
子どもたちの笑顔と、真剣な眼差しをあちこちに見ることができました。
そして、一人一人がバトンに想いを込めて走ったクラス対抗リレー。
あっという間の最後の運動会でした。

閉会式を終え、保育室に戻りみんなでジュースを飲みながら乾杯をしました。
その時、空組の男の子が月組にやってきました。
そして、「ねえみんな、今日は◯◯くん(空組)がお休みだったから、
今度もう一回運動会やりませんか?」と言いました。
それを聞いた月組の子どもたちは「そうしよう!」と返事。

そんなふうに、友達のことを思うことができる姿、
そんな時に、伝えたい!と感じるようになった姿、
そんな姿に子どもたちの成長を感じた最後の運動会でした。
17:06
2014/10/01

きれいな色になったよ!

| by:幼稚園

 4歳になってはじめての絵具遊び。絵具を霧吹きに溶き、保護者の方からの御協力で集めたシーツに向かって「シュッシュー!」とふきつけると・・・色がにじんできれいな色に!「ピンクだー」「ここは紫になったー」ときれいな色に驚きと喜びの様子。白のシーツがあったいう間に変身!こんな絵具遊びも楽しいものです。このきれいな布は、運動会で大活躍しますので、お楽しみにしてくださいね。これからも絵具を使って様々な表現遊びをしていきます。
14:54
2014/09/26

どんぐり流し

| by:幼稚園
千葉大学教育学部附属幼稚園は別名「どんぐりようちえん」(?)
今年も園内にたくさんのどんぐりが落ち始めました。
花組さんは、こんなにたくさんのどんぐりを見たのは生まれて初めてかも知れませんね。
夢中になってドングリを拾い集めました。
「太っちょどんぐりだ」「これは(緑色だから)メロンどんぐり」「赤ちゃんどんぐりもいるよ」「これ、帽子かぶってる!」など、子どもたちは目を輝かせながら保育者に話しかけてきます。

さて、たくさん集めたどんぐりはどうしよう?
教育実習生と相談しながら、“そうめん流し”ならぬ“どんぐり流し”をしました。
流れたどんぐりはプールの中に…。“どんぐり温泉”も楽しんでいます。

次は何をしようかな?!
秋の自然の中で、いろいろなものを見たり、直接触れたり、試したりして、楽しみましょう!
16:24
2014/09/16

居心地のいい場所(年長)

| by:幼稚園
残暑が少し落ち着いて、外遊びにいい季節になりました。
再び始まった園生活で、年長さんはまた、自分たちの居心地のいい場所を作り始めています。
1学期に遊んだ場所を思い出して作り出したお友達もいます。
ところが、雨が降った翌日「あ~ぬれちゃったよ」とがっかり。また、いろいろな子に触られるのにも困ったり…。
遊びにじっくり取り組みたい思いが表れていました。

         
そこで、引っ越しを始めました。車を使ってなかなか、いい考えです!「ひっこしの!〇〇」と声をそろえながら力を合わせていました。

         
保育室では楽しげな制作が始まっています。穴の開いている箱に仕掛けがありそうですね。
気の合う友達とかかわる時に、場所を囲うことが「自分たちの遊び」につながっていくようです。アイディアをお互いに出し合いながら遊びを進めています。

この時期、仲良しの友達と膝を突き合わせて「語る」姿も見られます。
「自分の場所」が「自分たちの場所」になり、年長児の物語が始まっています。
         
16:16
2014/09/05

幼稚園がはじまったよ!

| by:幼稚園

花組さんにとっては初めての長~い夏休みが終わって、新学期が始まりました。
まだまだ調子の出ない先生と違って、子どもたちは元気いっぱい!早速、花組前にビールケースやすのこを運んでお家を作りました。登ったり、くぐったり、飛び跳ねたり…。
2学期は楽しいことがたっくさん!いっぱい遊ぼうね!
14:25
2014/08/23

園庭整備、そして吉報

| by:幼稚園
今日は暑い中、大勢のお父さん、お母さん方、朝早くから園庭整備をありがとうございました。

夏休みの間に草が伸び放題だった園庭が、さっぱりしました。
虫取りがたくさんできるように、草むらも残しながらの作業でした。

また、子どもたちがこれからたくさん使うすのこやベンチも、拭いていただいたりニスを塗っていただいたりしてきれいになりました。

そんな作業の中、カメの赤ちゃんが卵から産まれました!
あれ、あれ、とカメサークルの草むらで赤ちゃんがみつかりびっくり。
午後にもあと2匹みつかって(多分時間差で産まれて)みんなで6匹!
元気に育ちますように。
          ちっちゃい~
            

          子ガメたち                                         
          

    これは、お母さんのななちゃんです!                
          

 9月に会えるのをお楽しみに。来週は園庭開放もあります。よかったら、おでかけください。
 
14:56
2014/08/22

ニワトリもスイカも元気です【年長】

| by:幼稚園

夏休みも残すところわずか
まだまだ暑い日が続きますが
年長組のおにいさん、おねえさんたちがニワトリのお世話にやってきてくれています。
包丁さばきもサスガです!
「おうちでもやってるからね!」と胸を張って語る年長児の姿から、
夏休みにまた一段と成長したことが感じられました。

子どもたちが野菜を切る「トントントン」という音を聞いて、
ニワトリたちも「もうすぐ2学期かな?」と感じているかもしれません。



さて、夏休みが始まってすぐにカラスに食べられてしまったスイカですが、
そのあとで2つ実をつけました。
今度はネットをかけて、みんなで一緒に食べることが出来るようにしました。
みんながくる頃には、大きくなっているかな?


そしてキュウリ・・・・
こんなキュウリができていました!
何に見えるかな?

夏休みの間に、部屋もとってもキレイになりました!
どんなふうにキレイになったかはお楽しみです!

元気なみんなに会えるのを楽しみにしています!
10:07
2014/07/16

幼稚園の大掃除パート2

| by:幼稚園

これは、なんでしょう?
こどもたちが頑張った証です。
「こんなに黒くなったよ」と雑巾を見せてくれます。
引き出しや床、棚を丁寧に拭いていました。
中には、桟を掃除する子もいました。
「この場所を掃除するのをよく知っているね」「だっておうちでやってるもん!」
家庭の経験が幼稚園でも現われているようです。
最後にみんなで「冷たくて美味しいジュース」を飲んで楽しいひとときを過ごしました。
9月からまた、楽しい保育室にしようね。
16:30
2014/07/16

幼稚園の大掃除!

| by:幼稚園

あと一日で1学期が終わります。今日は、大掃除!三角布を身につけて
やる気一杯のこどもたちです。
自分たちが使ったすのこやベンチを運んでいるところです。
友だちと一緒に運ばないと持てません。「こっち持って」「いいよ」と声をかけあっていました。
「あつい!あつい!」といつのまにか、友だちと一緒に掛け声をかけながら運んでいました。
9月になったら、すのこやベンチを使ってたくさん遊ぼうね!
16:05
2014/07/11

キュウリ物語 【年長】

| by:幼稚園

5月にチューリップの球根を掘り返し、その後にミニトマトとキュウリの苗を植えました。



6月になるとつるを伸ばして
花芽をつけ始めました
この時点では、子どもたちは「伸びてるな~」程度で
キュウリと苗とはそれほど結びついていないようでした。

しかし、、これを見た子どもたちは「えー!」とびっくり
「キュウリの赤ちゃんだ!」と


それから、毎日登園するとすぐにキュウリの様子を確認しに行く子どもが
増えてきました。
目に見える変化は、この時期の子どもたちの好奇心をくすぐります。
そして、食欲もそそります!
春先のスナップエンドウを美味しく食べた子どもたちなので、
今度はどんなに美味しいきゅうりが出来るかと興味津々な様子でした。



週明けにこのキュウリを発見した男の子。
収穫するとこのキュウリを幼稚園中走り回り「できたよ~!きゅうりできたよ~!」と
みんなにお知らせしていました。
自分の喜びを『伝えたい』、『みんなとこの喜びを共有したい』
という年長ならでは『伝える』という姿が見られました。

収穫したばかりのキュウリには刺があります。
その刺を食べやすいように?一本一本切る姿も
それぞれがキュウリと出会う姿が、色々な場面で見られました。



翌日から朝に収穫したキュウリは、弁当の時間や、遊びの中で「キュウリレストラン」
を設けて食べています。
塩味のキュウリが大好きな子どもが、何も味付けをしないキュウリを食べて
「これも美味しいね!」とつぶやいていました。

時間をかけて育つのを待ち、自分たちで収穫をして大切に食べる
そんなことのよさを感じさせてくれるキュウリに感謝しながら
日々収穫を楽しみにしている幼稚園のみんなです

連休明けには30cmを超えるキュウリも!
毎日が驚きのキュウリ物語です。
14:59
2014/06/27

晴れ子ども!?

| by:幼稚園

今週は不安定な天候が続きました。
26日(木)も、朝からどんよりとした空模様だったので「水遊びは出来ないな…」とあきらめていたのですが、子どもたちが登園してくると太陽が顔を出し、夏の日差しが戻ってきました。
すごい!晴れ子どもだ!!

小回りの利く花組さんは、「さぁ、やるよ!」とプールに水を汲んで水遊びを楽しみました。
まだ、顔に水がかかるのは苦手な子もいますが、冷たい水を体に浴びて、ワーワー、キャーキャー大騒ぎ。「水って気持ちいい」、体も心も開放して楽しみました!
15:43
2014/06/25

ステージで熱唱!

| by:幼稚園


 年中組保育室からすぐ出た場所に野外ステージがあります(今年になってステージがきれいになり、音響も野外用になりリニューアルしました)

登園すると、今人気の「アナと雪の女王」になりきって熱唱しています。

 マントを身につけて踊ったり主人公になりきって表現したりする姿が見られます。今では、友だちと声や振りを合わせながら、大きな声で歌う楽しさを味わっています。

また、音楽に合わせて楽器を奏でる遊びも始まっています。

ステージにあがると気持ちも高まるようで、一人ひとりのなりきる姿はとても可愛らしいです。


16:00
2014/06/25

ピクニックごっこ

| by:幼稚園

 6月19日に千葉動物公園に遠足に行きました。

 その前に、年中さんは、幼稚園の集会室でピクニック弁当(遠足ごっこ)を楽しみました。

いつもと違うのは、レジャーシートを敷いてその上で食べる事。
  そして、保育室ではなく、集会室でのお弁当も初めてでした。食べる場所が変わることでワクワクした気持ちの子どもたちでした。自分でレジャーシートを出したりたたんだり、みんな頑張っていましたよ。


15:48
2014/06/12

おいしいおいも、ホクホク

| by:幼稚園
 みんなで植えたおいもの葉が黄色くなってきました。「枯れてる?」と心配していた年長さんですが、そろそろ食べ時なようです。
 
         
 土の中に少しかわいいジャガイモがころころとできていました。自分たちでお水をあげて世話をしてきたおいも。収穫ってうれしいですね。
さて、どうやって食べようかな。バターがいいよ、ふかしたら?、塩味!と会話が弾みました。
みんなが帰った後に、先生たちは試してみましたよ。「おぉ、これがおいしい(^^)」ということで…

        
 保育室にいい匂いが立ち込めて、待てないみんなはかわるがわる「まだ?」「おいしそう」とみにきていました。みんなで育てたものを一緒に食べるという経験は、この時期にたくさん味あわせていきたいと思いました。毎日食べているようなジャガイモですが、みんなで育てて食べるから、何倍もおいしい!そんな子どもたちの笑顔や歓声でした。

 雨が多くなってきましたが、年長さんならではの木工も始まりました。見ていると簡単そうに思えるのでしょうね。「まだ?」「遅いなぁ」なんて言う子もいます。でも、いざ自分がやるときになってみて、金づちの重さや手を打ちそうな感覚、思い通りにいかない釘に苦戦しています。一本の釘を打ち込むのに何回たたいていることでしょう。自分の力で一生けん命作ったものを大事に使う姿が見られました。小さな大工さんの誕生です。
15:57
2014/06/06

雨の日も楽しく!

| by:幼稚園

ついに梅雨入りしました…。お外で遊ぶことが大好きな花組さんにとってはちょっぴり残念な季節です。でも、お友達と一緒に1つの傘に仲良く入ってお出かけするのも何だかウキウキするね。
雨の音を聞いたり、カタツムリを探しに出かけたりしながら梅雨の時期も楽しんじゃいます!


「ミミズ探しに行こう」と森に出かけました。はじめは怖くて触れなかったミミズにも触れるようになってきました。夢の森にはミミズだけでなくハサミムシやダンゴムシもたくさんいます。幼稚園でいろいろな生き物に出会い、自分の目でよーく見たり、自分の手で触ったりして欲しいなと考えています。
15:15
2014/06/03

友達と集まって泥の感触を楽しむ姿

| by:幼稚園

  タライから流れ出る水に集まってきた子どもたち。
 「どうやって、流れていくのかな?」と水の流れをじっと見ている子、水の中で土を触っていく
 うちにドロドロになって「気持いい~」「チョコレートみたい」と泥の感触を楽しんでいる子な
 ど、 同じ場や現象を見ていても、感じることはそれぞれです。4歳の子たちは、友達と同じ
 場に集まっていることで、会話が生まれたり、「ねえ~」と同意を求めたりしてつながってい
 くのです。
  これから、水、泥で遊ぶには、楽しい季節!幼児期ならではのドロドロ遊びをたくさん
 体験させてあげたいです。
16:10
2014/04/14

ようこそ幼稚園へ!(年長)

| by:幼稚園

4月10日に新しい仲間たちを迎えた幼稚園です。
入園式では、年長組になった子どもたちが年中組の時から大切に育ててきたチューリップと一緒に新しい仲間たちを迎えました。
3月の終業式の時にはまだつぼみも揃っていなかったチューリップ。
3月末の離任式の際には、赤い花が開いていました。

始業式の朝、久しぶりに自分が植えた球根の生長との再会、
「すごーい!咲いてる!」と嬉しげな顔、
まだつぼみの様子を見て、優しく触りながら「咲いてね!」と声をかける姿、
それぞれが自分の植えたチューリップへの思いを胸に春を迎えたことが分かりました。
登園すると「まだかな~」と声をかけていた黄色いチューリップも元気に咲きました。

今年はチャボも2羽仲間入りをしました
毎日が新しい新学期です。

年長の子どもたちも新しい環境の中で
春休みに胸の中で膨らませた思いを
少しずつ咲かせている今日このごろです!

チューリップに誘われてチョウチョもやってきた幼稚園です
15:59
2014/04/04

これはなんでしょうか?

| by:幼稚園


さてこれはなんでしょうか?

正解は!



星組・雪組のみんなが植えた「ジャガイモ」です!
土の中から芽を出しました!

さて、どうなるかな?
楽しみだね!

種芋が大きくなるという人もいれば
種芋が増えるという人もいました

さてさて、お楽しみな春です!
09:49
2014/03/31

年度最後の日(離任式)

| by:幼稚園


今日はR先生の離任式でした
お世話になったR先生の門出をみんなで祝いながら
春の園庭で元気に走り回る子どもたちでした

そんな子どもたちが「うわ~!」と驚いたのはチューリップ!
星組、雪組の子どもたちで「年長になったら咲くといいね!」と球根を植えた花壇
たくさん芽を出して元気に伸びてます。今日数えたら90も!
一人一人がプランタに植えたチューリップも元気です!

次に子どもたちが登園するのは始業式。
「僕はオレンジのバッジだよ!」
「僕は水色だよ!」と嬉しげな元花組の子どもたち。
「年長になったらさ~、ここらへんで遊びたいんだよね!」と進級後の遊びの先を見ている
元星組、雪組の子どもたち。

子どもたちとチューリップの再会を楽しみにしています!


17:22
123

事務局からのお知らせ

◆夏休みの園庭開放のお知らせ
 H29年7月20日(木)・21日(金)9:30~11:30に園庭開放を行います。
 詳しくはこちらをご覧ください・・・夏休みの園庭開放について.pdf
 
◆H30年度の園児募集に向けて、H29年9月6日(水)に幼稚園説明会を行います。
 詳しくは、こちらをご覧ください・・・H29setumeikai.pdf

◆H29
年度の入園児募集についてはこちらからご覧ください。
・・・H29入園児募集.pdf H29居住範囲.pdf 


◆創立110周年記念誌をお分けします
 ・・・千葉大学教育学部附属幼稚園は平成25年で創立110周年を迎えました。それに伴い、平成15年度から平成25年度までのことを中心にまとめた記念誌を作りました。修了生には1冊500円でお分けしています。修了生用に作った200部も残り90部になりました。ご希望の方は、お早めに幼稚園事務室窓口においでください。
 

地図

 

ご案内

☆本園への来園は、千葉大学南門の右横のグレーの通用扉からです。
扉の右にあるインターホンで事務室にお知らせください。中からロックを解除します。
☆自家用車・自転車での来園はできません。       
☆ご質問等につきましては直接電話でお問い合わせ下さい。

〒263-8522 

千葉市稲毛区弥生町1番33号

千葉大学教育学部附属幼稚園事務局

電話:043-290-2702
     043-251-9001(FAX共通)