日誌

園の様子
2016/11/18new

お散歩に行きました(年少)

| by:幼稚園

ある日、花組にこんな手紙が届きました。


8月のお誕生会のお話で出てきた「おばけのぼんちゃん」からです。手紙には「大学のお庭にはきれいな葉っぱがあるよ、ひろいに来てね!」と書かれていて、これを聞いた子どもたちは「行く行く~!」と行く気満々。

そこで、次の日、みんなで大学にお散歩に行くことにしました。

出発前から「ぼんちゃんに会えるかなあ」とちょっとドキドキの花組さん。

お庭につくまで、モグラの掘り起こした山を見たり、大きな落ち葉が落ちている小山に登ったり滑り降りたりと寄り道を楽しみました。

そして、図書館前の広場につくと・・・



「いた~!!」大きさ桜の木の下にぼんちゃん発見!!(幹の所の白い小さいものです)

「ぼんちゃんは落ち葉が好きなんだね」「ぼんちゃんに落ち葉あげたい」などなどお話ししながら赤く色づいたたくさんの落ち葉を拾いました。

そしてジュースで乾杯した後、池(子どもたちは「川」と呼んでいました)の方にも行ってみることに。すると誰かが落ち葉を池の方に向かって「えい!」と投げると次から次へと拾ってきた落ち葉を投げ出して…(^_^;)

 

気が付けば、がんばって拾った落ち葉を全部投げてしまった子もいました。でも、面白かった思いは残ったかな?

これから、幼稚園でも落ち葉を使って楽しい遊びを考えていきたいね!



17:50
2016/11/16new

焼き芋食べたよ!

| by:幼稚園

 

 芋掘りから一週間後(おまたせしました)。
お天気にも恵まれて、掘ったお芋を焼き芋にしました。

 附属幼稚園では、焼き芋は園庭で行います。
 

 前日には、よ~く水で洗って泥を落として、当日は濡らした新聞紙とアルミホイルでくるんでから火の中へ「えいっ!」と投げ入れます!たき火に芋を入れた後、落ち葉をかぶせると煙がもくもく…

 落ち葉は当日までに、年長さんを中心にして集めました。
  
煙が上がると、年中さんは「キャ~忍者屋敷に避難だ!」「はっ!はっ!(煙と戦っています)」と大盛り上がり!花組さんは、ちょっとびっくりしながらも、火の暖かさを感じていました.
   



焼けたお芋は、何もつけなくても甘くてホクホク!

美味しかったね。みんな、鼻を黒くしながら食べていました。

 


今週の花組さんと年中さんは、千葉大学へ落ち葉拾いの園外保育。

残りわずかの秋の自然を、子どもたちとたくさん満喫していこうと思います。


 




18:27
2016/11/02

こんなにお芋が出てきたよ!

| by:幼稚園

朝夕の寒暖差が激しく、風邪をひきやすい季節になりました。みんなで手洗い、うがいをしっかりして、元気に幼稚園に通えるようにしましょう!

 

今日は寒空の中、皆でお芋ほりをしました!芋畑までいくと、「お芋たくさんあるかなぁ?」「きゃー!ムカデだー!」「こっちにハサミムシもいるよ!」「あ、お芋が顔を出してる・・・」「ぼくが100個とったらどうする?」とそれぞれが思ったことを言いながら、わくわくした表情で説明を聞いていました。

 

実際に掘ってみると・・・こんなにお芋がたくさん!そして素敵な表情もたくさん!!見られました(^◇^)

 

 

 







 さて、年長のテラスでは、金槌やホットボンドなどを用いていろいろな自然物を使った遊びが繰り広げられています。それぞれが自分の作りたいものを作ったり、友達と一緒に同じ世界を作ったりしています。

 今日のお芋ほりでも、長い蔓や根っこを引っ張って遊んでみたり、いろいろな虫たちに会えたりしました。これからも実りの秋、芸術の秋、食欲の秋・・・いろいろな秋を楽しんでいきたいと思います。

 

さぁみんなが頑張って堀ったお芋、どうしようかな?☆


17:14
2016/10/17

ドングリ探検隊!

| by:幼稚園

すっかり涼しくなり、幼稚園の庭のあちらこちらにも秋が訪れたようです。
附属幼稚園の代名詞でもあるドングリがたくさん落ちているので、みんなで拾いに行こう!と探検に出かけました。

すると、いつも見慣れたドングリだけではなく、黒い小さなドングリ、緑色のドングリ、まあるいどんぐり、といろんな種類を発見!さらにキノコも発見!面白い木の形を見て「トンネルみたい!」と友達と一緒にくぐってみたり小さな穴をのぞいてみたり…いつもの幼稚園の庭には、こんなに面白いもの不思議なものがたくさんあるんだということを、子どもたちの目線から教えてもらった探検でした。

 

そして帰ってきてからは、拾ってきたたくさんのドングリをプールに入れドングリプールの出来上がり!

ドングリのすべすべひんやりとした感触、混ぜ合わせる時に鳴る音など全身を使って楽しんでいます。

 

これからも楽しい秋をいっぱい見つけていこうね!


16:29
2016/10/06

楽しみな運動会(年中の巻)

| by:幼稚園

 9月、お天気が悪く、思いきり外で遊べない日が続きました。運動会の練習も室内でするなど今年は苦労しましたが、それぞれの学年なりの目標に向かって頑張ってきました。幼稚園には2つの伝統的なチームがあります。

同じチームの年長組が保育室に来て「一緒にがんばろう!」とエールを送ってくれた日から、「がんばるぞ、負けないぞ、エイエイオー」という気持ちが芽生えてきた年中組。予行練習でも、年長組を一生懸命応援するようになって、盛り上がってきています。そして、年長さんの姿に憧れも抱いているようです。

隣のクラスはライバルですが、リズムでは一緒に踊ります。遊びの中では自分たちの振り付けを取り入れながら楽しんでいました!

クラス、学年、幼稚園…それぞれの一体感を味わい、達成感がもてるとよいな、と思っています。どうぞ明日、お天気になりますように

練習の後は、自主練??ノリノリです


予行練習のあとはジュースで乾杯~!


16:53
2016/09/30

カマキリとの出会い(年長)

| by:幼稚園

朝夕は少しずつ過ごしやすくなってきましたが、雨が続き、なかなかすっきりとした天気にならない一週間でしたね。そんな中でも子どもたちは元気いっぱい。雲の切れ目を見つけては元気よく「外に行ってきます!」と部屋を飛び出し園庭に向かっています。


ある日カマキリを捕まえてきた男の子は、「クラスで飼いたい」と、降園時の活動で皆に相談しました。すると、皆が「飼ってみたい!」「見せて見せて」などと言いながら目を輝かせて快く頷き、2匹のカマキリをクラスで飼うことになりました。


「カマキリって、何を食べるの?」「あ、いろいろなカマキリが載ってる!」などと言いながら友達と一緒に絵本や図鑑をのぞき込み、カマキリについて調べます。バッタを食べることがわかると、バッタを採ってきて「ごはんだよ~」とカマキリに与え、その捕食する姿をじっと眺めます。一緒に見る中で、「うわーすごい、手で押さえてる」「首から食べるんだよ」などと発見したことや、驚いたこと、感動したことなどを伝え合ったり、「バッタさん、かわいそう・・・」「でも、カマキリだって、何か食べないと死んじゃうよ?」とそれぞれが感じた思いを言葉で表したりして、友達と共有していきました。

 

 

翌日、幼稚園に来てみると、なんと1匹のカマキリがアリの大群に襲われて亡くなっていました。子どもたちにとって昨日までバッタを捕食し強いと思っていたカマキリが、小さいアリに食べられてしまったことは、とてもショッキングな出来事でした。そこで考えた子どもたち、「この小さな穴(空気穴)からでも、アリは入れるから最強だ」「ここをガムテープで止めればいいんじゃない?」「いやでもそうしたらカマキリも息ができないよ」「じゃぁどうしたらいいの?また明日も食べられちゃうよ」と皆で悩みます。


結局、「そうだ、帰る前にこの虫かごを部屋の中に入れて帰ればいいんだ!」という結論にいたり、今では毎日降園前に保育室内に入れたり、登園すると様子を見に行ったりする姿が見られます。



1
つの生き物の命から、子どもたちの心がたくさん揺さぶられ、自分なりに考えたり友達と相談したりする姿につながりました。

これからもいろいろな経験を通して、子どもたちにとって実りの多い秋となるよう、支えていきたいと思います。


17:36
2016/09/17

ぱぱあずのご参加ありがとうございました

| by:入澤
9月17日、大勢の保護者のお父さんやお母さんに参加していただき、ぱぱあずの作業をしました。
やっていただいたのは、すのことベンチのチェックとペンキやニス塗り、ロッカー棚のリメイク、森の奥の土砂止め内の枝や草の片づけ、運動会に向けてのトラックの整備、ステージ周りの草取りなどでした。
お互いに声を掛け合ったり、手の空いた人が終わっていないところにどんどん回ってくれたりとスムーズにまた、和やかな中作業が進みました。
きれいになった環境の中で、子どもたちの遊びは安全に、楽しく展開されることでしょう。
ご参加の方、ありがとうございました。また、今年は参加できなかった方、来年も企画しますので、よろしくお願いいたします。
17:53
2016/09/09

2学期が始まりました!(年少)

| by:幼稚園

長い夏休みが終わり、花組にもにぎやかな子どもたちの声が戻ってきました。

夏休み前からかわいがっていたカメのシャイ君にも、早速ミミズをプレゼント!

まだ、なかなか調子が戻らない時期ですが、1学期に楽しんだ遊びを思い出しながら、動き出しています。


そんな中、花組の前にお店屋コーナーができました。砂でお料理を作ったり、乗り物で出かけたりと新しい遊び方も出てきています。



 まだまだ暑い日が続いていますが、園庭ではどんぐりがたくさん落ちていたり、草むらを歩くと虫が跳ねたりと、季節は少しずつ夏から秋へと移り変わっているようです。

 2学期も楽しい遊びをたくさん見つけていこうね、花組さん!

 


18:14
2016/07/25

幼稚園の夏休み☆

| by:幼稚園

幼稚園のみなさん、楽しい夏休みを過ごしていますか?

 

さて、幼稚園の先生たちは夏休みの間、何をしているの?というお声をよく聞きます。もちろんお休みもいただきますが、幼稚園の飼育物のお世話にはじまり、研修や研究、出張などいろいろなお仕事をしています。

 

そのひとつ、7月の20日から22日までの3日間、幕張グリーンタワーホテルにおいて、【第62回幼稚園教育研究集会 千葉大会】を行っていました。千葉大学附属幼稚園は大会のスタッフとして、副園長先生を中心にずっと準備をしてきました。

 

 園長先生の大会運営委員長としての挨拶にはじまり、千葉大学学長などたくさんの来賓の皆さまにお越しいただきました。


講演会では講師の白梅学園大学教授(同付属幼稚園園長)の無藤隆先生のお話を聴いたり、文部科学省の伊藤学司様の講話を聴いたりしました。

 

 
 その後は分科会に分かれて研究会です。全国の附属幼稚園の先生方、大学の先生方と保育実践や未来の幼児教育の在り方について、実りある研修会を行うことができました。

 




結果、大会には250名ほどの方に参加していただき、大成功におわりました。大会3日間、無事に終わった時には皆でホッ。。。

 

 

幼稚園ではかわらずニワトリーズが大きな声で鳴き、カメのナナちゃんやシャイ君、子ガメちゃんたち、カブトムシや金魚たちも元気です!絵文字:笑顔

 

みんなも元気に楽しい夏休みを過ごしてくださいね!9月に会えるのを楽しみにしています。

 


09:11
2016/07/15

素敵な夏休みを!(年中)

| by:幼稚園

もうすぐ梅雨が明けるかな、という天気が続いていますね。7月も半ば、園庭にセミの鳴き声がしたりトンボが飛んだりして、「セミとってくるね~!」とワクワクしながら殿に駆け出していく子どもたち。
今週は泡遊びという楽しい遊びもありました。石鹸削りをして、自分の好きなやり方でモチモチふわふわの泡をつくりました!気持ちいい~~
 
お花を飾ったり、色水と混ぜたりしてとても美味しそうなジュースやケーキにもなりました。手洗い石鹸でも時々ものすご~いことになっている)ので、これが思う存分できるなんて…♪
 

昨日は終業式。カブトムシやカメちゃんともしばしのお別れ。
どうぞ元気に夏休みをお過ごしください!


12:22
2016/07/08

もう7月

| by:幼稚園

 今年も年長は附属小学校の七夕集会に参加しました。75日には七夕飾り作りをし、77日には七夕集会で七夕の由来を聞いたり、○×ゲームなどをしたりして楽しみました。

飾り作りは園児と小学1年生がグループになって行いましたが、小学生がとても優しく作り方を教えてくれたり、願い事を短冊に書いてくれたりして、短い時間でしたが、小学生へのあこがれの気持ちや親しみをもちながら活動することができました。

集会ではそれぞれが得意の踊りを披露しました。幼稚園に戻って皆に感想を聞くと「小学生の踊りがかっこよかった」「海賊体操がうまくできてよかった」「みんなの前で恥ずかしかった」等の感想が出て、それぞれが集会を楽しみ、満足したのだと感じました。

七夕の交流ではグループになって活動したことで、互いの顔や名前を覚えた子も多く、今後の交流活動でさらに親しみを深めていけたらいいなと考えています。

夏休みが近づき、自分たちの遊びの場を自分たちで片付けはじめた子どもたち。月組脇の「こびと事務所」も解体しました。「次はどんな事務所を作る?」「三角と四角の事務所はもう作ったから、次は丸にしない?」等、子どもたちの気持ちはもう2学期に向いているようです。どんな遊びが始まるのか今から楽しみです!



16:00
2016/06/28

花組デー!(年少)

| by:幼稚園
先週、年長さんと年中さんは遠足へ行きました。お留守番だった花組はその間どうしていたかというと・・・特別におうちの人に幼稚園に来てもらい一緒に遊ぶ、その名も「花組デー」を過ごしていました。

残念ながら、雨…。でも、上新粉粘土コーナーでは粉から粘土を作ることをじっくりと楽しみました。



また、お弁当前には集会室に特別に「花組ゆうえんち」がオープン!!



そのあと、おうちの人とふれあい遊びをしたり、みんなでお弁当を食べたり、と楽しい一日を過ごしました。特別な一日、いつもとはまた違ううれしそうな笑顔がたくさん見られました。

来年は、いよいよ遠足だね、花組さん!
17:00
2016/06/24

遠足楽しかったね

| by:幼稚園

 指折り数えていた遠足!あいにくの雨でも、年長さん年中さんは雨を吹き飛ばす笑顔で登園しました。バスに乗ってみんなで出かけるのに、お天気なんて関係ないんだな、と先生たちはちょっと思いました。バスの中では歌をうたったりクイズをして遠足気分になり…到着!

 重厚な建物にわくわく感が高まりました。年中さんは園庭で化石掘りをしているので、本当の化石に興味津々でした。幼稚園にも来る鳥や虫をよく見ることができたり、剥製の動物で実際の大きさを感じていました。実物大の骨のクジラやナウマンゾウにはびっくりしましたね。年長さんはお弁当のあと、千葉の歴史コーナーにも行き、学芸員の方に質問をしていました。自分の発見を先生や友達に伝えようとする姿が多くみられ、みんなで見学する面白さがあったように思います。

 博物館の方にあたたかく迎えていただき感謝の気持ちでいっぱいです。「3つのお約束(走らない、触らない、大きな声でしゃべらない)が守れると、世界中の博物館に行くことができますよ」というお話がありました。いろいろな博物館で新しい発見に接する機会が、これからたくさん子どもたちに訪れることでしょう。そんな第一歩になったかな?





14:24
2016/06/15

かめのななちゃんが・・・!

| by:幼稚園

先日の朝、子どもたちの歓声が幼稚園に響きました。

「せんせー!ななちゃんが、たまごうんでるー!しかも4こ―!!」

「えっ!?」と顔を見合わせる子どもたち。あわててカメのななちゃんの所に駆けていきました。

 

年長が当番時に餌をあげたり、声をかけたりして可愛がってきたカメのななちゃん。

なんとたまごを産んでいたのです。とうの本人(本カメ?)は出産後の達成感からか、満足そうな表情で子どもたちを見つめています。

実は前日の夕方から土をほっているのを職員は見ておりました。。。どうやら土の中にも何個か産んでいるようです。

 

 

子どもたちは「先生、あっためなくていいの?」「まるくないんだね。(ちょっと楕円形でした。)」「おっきい・・・」「ちっちゃい・・・」などといろいろな感想を話していました。

 

 

するとある年長さんが「赤ちゃんが生まれたのなら、生まれましたって名前とか書いたほうがいいんじゃない?」と提案してくれました。保育者が「そうだね!赤ちゃん生まれたところに、日付とか名前とか書いてある紙があるものね」と賛同すると、ペンと紙を持ち出し、さっそく書き始めました。

 

一つ一つ丁寧に、「カメってどうやって書くんだっけ?」「今日は何日だっけ?」と悩みながら書いていきます。「やっとできたー!」と紙をななちゃんの近くに貼ろうとしましたが、看板がありません。そこで、保育者と一緒に年長がやっている木工遊びの木を使って看板を作ることにしました。

これぞ、友達と一緒に生活し、遊ぶ中で必要なものを自分で作る、自分のやりたいことが実現できる附属幼稚園のよさだなぁと感じました。

 

ななちゃんを見ながら紙を貼っているときの満足そうな表情は本当に素敵なものでした。

 

自然界ではなかなか見ることのできないカメのたまご。お世話しているからこその体験となりました。赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみに待ちたいと思います。元気に出てきてくれるかな?


13:35
2016/06/11

雨の日は…(年少)

| by:幼稚園
梅雨入りし、室内で過ごすことも増えてくるこの頃。
初めて自分のクレヨンやハサミを使っての活動を行いました。


   
 大きな紙で「クレヨンのお散歩」


 ハサミで紙テープをちょきちょき・・・

そして、ハサミで切った紙テープをビニール袋に入れてつり下げれば、楽しいポンポンに早変わり!



雨の日は大好きな外に行けず、残念だけど、狭い室内だからこそ、友達と近い場所にいて、友達の存在や動きを意識するようになっています。
雨の日ならではの楽しい遊びも、一緒に見つけていこうね!




09:14
2016/06/02

お天気のいい日に(年中)

| by:幼稚園

6月がはじまりました。
雨の日も少なく、気候が良い日が続いていますね。

 
暑い日には裸足になって砂場で温泉づくり。
雨上がりには大きな水たまりで「ワニがいるぞ~‼」
子どもたちの発想はどれも素敵です!

 
この日は気持ちが良い1日で、
星組さん、雪組さんが一緒になってお外でお弁当を食べました。
「なんだか遠足みたい!」
6月末にある遠足が楽しみになってきた年中さんです。
15:34
2016/05/30

よく観察してみよう(年長)

| by:幼稚園

新緑の風が心地よい季節となりました。

 年長さんは一人1本もらった虫めがねが大活躍!登園するとすぐに首から提げて幼稚園探検に出発します。

 

 

 

 

最近はいろいろな虫たちが出てきて、子どもたちは興味津々。ダンゴムシ、ワラジムシ、ミミズ、カミキリムシ、モンシロチョウ、ハチ・・・附属幼稚園の園庭の豊かさを感じます。

園庭のみかんの葉にはアゲハチョウ、ビオラにはツマグロヒョウモンの幼虫がつきました。見た目にはグロテスクな幼虫でも、それには理由があります。図鑑で調べてみようとしたり、触って確認したりする姿がありました。

「飼ってみたい」と始めたアゲハやツマグロヒョウモンの幼虫たち。葉っぱを入れてあげたり、水をあげたりしながらよくお世話をしています。自分たちが毎日観察した幼虫がさなぎになり、羽化した時の子どもたちの表情といったらありません!もちろん、変化がない日もあります。それもまた自然が故です。

 

 

 

「捕まえて飼いたい!」と子どもたちは思いますがそこは小さな虫たちも命あるもの・・・飼うのであれば、ちゃんと命の終わりの時までお世話をする覚悟も必要です。身近な自然とのかかわりと通して、命との向き合い方を一緒に考えるとともに、自然の不思議さや面白さにも気が付いています。

 

 

 


17:02
2016/05/13

花組、動き出す!(年少)

| by:幼稚園

5月に入り、いよいよお弁当も始まりました。

保育時間が少し長くなった花組さん。砂遊び、花摘み、乗り物などなど、面白そうな所へ自分から歩み出すようになってきています。







そして、薄暗い森へも先生や友達となら一緒に探検してもへっちゃら!

その名も「ダンゴムシ探検隊」

ダンゴムシはどこにいるかな~?とペットちゃんを首から下げて、森の中に面白いものを探しに行きます。



       木のうろをのぞきこんで…「なにかいるかなあ~」

 

探検していると、年長さんがダンゴムシのいる場所を教えてくれたり年中さんがザリガニを見せてくれたりといろいろな出会いがあります。

少しずつ、少しずつ、行動範囲を広げながら、自分の世界も広がる花組さん。幼稚園の中での「お気に入り」が見つかりますように…


17:45
2016/05/06

わくわくしながら過ごしています!(年中)

| by:幼稚園

 年中さんが入園・進級して1か月。そこにきた大型連休の谷間。ちょっとお家が恋しくなっている人もいましたね。でも遊び始めると、みんなの笑顔が出始めて安心しました。

 

 朝幼稚園に登園しながら見つけてきた花びらや虫を大事そうに見せてくれる子どもたち。お花を色水にしようかな?と考えながらお花探し…それがミミズ探し…それがへびいちご探し…へびいちご、アリ食べるかな…。子どもたちの興味はどんどんつながり広がっていきます。

 おしゃべりしながらの色水作り。     「その色どうやったの?」
 友達と教えあったりする姿も見られるようになります。友達同士で、というところを今大切にしていきたいと思います。

 ありんこの穴にいろいろ並べてみています(^^)
 お水もあげてみたいんだよね~

これからどんな虫やお花に出会えるのかな。楽しみですね。
15:42
2016/04/26

新しい春がやってきました

| by:幼稚園

今年度も子どもたちの元気な声が響き、幼稚園に明るい春がやってきました。

 どの子どもたちも、ひとつ大きくなったことが嬉しく、どこか誇らしげな笑顔で登園しています。

 

年長5歳児は新しくきたお友達に附属幼稚園が楽しいところであることを伝えようと、「ようこその会」を行いました。言葉を自分たちで考えたり、プレゼントを丁寧に作ったりして準備をしてきました。


当日は年少3歳児のお友達を部屋まで迎えに行き、手をつないで集会室に集まりました。自分たちで考えた言葉を伝えたり、歌では年中進級児も一緒に舞台にあがってようこその気持ちをこめて歌ったりしました。




 そのあとは 一緒に手をつないで走ったり、みんなで踊ったりしました。相手のスピードに合わせて走ったり、手をつなぐ温かさを感じたりしながら楽しみました。みんな、この頃には緊張もほぐれて、とってもいい笑顔!手をつないだお兄さん、お姉さんの姿を追う様子も見られました。


 プレゼントは自分の言葉で伝えながら一人一人に渡しました。みんな喜んでくれたかな?


 新しいクラスや先生、お友達・・・まだ少しドキドキするけど、これからもたくさん遊ぼうね。


16:25
2016/03/18

終業式の日

| by:幼稚園

 とうとう3学期の終業式を迎えました。年長さんのいない集会室はいつもより広く感じましたが、皆で元気よく「園歌」を歌うと、何だか安心して進級できるような気持ちになってきました。



  先日、皆で大掃除をしました。自分たちで掃除する場所や物を見つけて、積極的に取り組むことが出来ました。



  また、保育室案内では年長さんがしてくれたように、年中さんが花組さんにお部屋の使い方などをやさしく教えてあげることができました。どの学年もこの
1年で本当に成長しましたね。




  今日、「さくらんぼそうこ」に年長さんが修了記念で作ってくれた素敵な看板を取り付けました。倉庫がパッと明るくなったようです。幼稚園のさくらんぼの花も満開です!素敵な看板と共に新年度が迎えられます。年長さん、改めてありがとうございました。


16:12
2016/03/11

修了間近・・・(年長)

| by:幼稚園

 いよいよ、修了を目前に控えた年長組。
みんなが小学校に行った後のニワトリのお世話はどうしたいいかな?の問いかけに「自分たちが年中さんに教えてあげる!」と今年もニワトリのお世話引継ぎが行われました。



「キャベツはね、丸くたたんで、ネコの手で押さえて切るんだよ」
「ニワトリが食べやすい大きさに切ってね」
など、自分たちが去年教わり、そして一年間お世話をしてきて身に付けたことを、手を取り丁寧に伝える姿が見られました。


 また、先日は自分たちが過ごしてきた保育室のことを、4月から使うことになる年中組に教えてあげよう、と年長年中でペアになり案内しました。制作コーナーの使い方、トイレの場所、積み木が大きくなるから安全面に気を付けること等など…それぞれが伝えたいと思うことをしっかり手をつなぎ話していました。


 年中組が帰ったあと、どんなことを伝えたかをみんなで共有した時、「あ!トイレの事伝えるの忘れた!どうしよう…」という声が上がると、「大丈夫だよ、みんなが言ったこと合わせればきっと、年中さんたちも自分たちで教えあうことができるよ!」との声も聞かれました。自分たちがいなくなった後にも思いを馳せながら、話し合う、そんな一つ一つの発言に自分たちで生活を作ってきた自信や成長が感じられる、修了間近な子どもたちの姿です。



13:40
2016/03/04

春の足音

| by:幼稚園

3月になり、暖かくなった夢の森…ドロケイで元気に駆け回る年長さん、こびと事務所の年中さん、

森に通う花組などと様々な子どもたちでにぎやかになり始めています。

そして、事務所の人は時々花組を招いてくれて「今日の不思議」を語ってくれます。ドロケイをしている年長さんが「キノコ発見!」と声をかけてくれます。みんなが自分たちの世界をもちながら、どこかで交差している、それが1年一緒に生活してきたということなのだと思います。

 

来週は年長さんとの「おわかれかい」です。

花組さんも内緒でプレゼントを作りました。自分でもって帰る気満々だったりして(^_^;)、ちょっと焦りました。今までたくさん年長さんから頂いてきて…プレゼントするなんて初めてですものね。みんな丁寧によく作りました。よろこんでもらえるといいなぁ。
            
     もりの電車ごっこ。大勢参加!後ろの人のペースに合わせて走るのは
     結構難しいけれど、上手に運転しています。 森の木の間も電車が
     走ります。どこにいるのか見えますか?
                           ⇓
           
 最後にきのっぴーのきのこ便り。
  年長さんが探してきてくれたきのこ。こんなに寒いのに生えているのでびっくりです。
  ふかふかの松葉のお布団の中に埋もれていました(あたたかいんだね)。
  名前は「マツカサキノコモドキ」。松ぼっくりから生えるきのこでした(^^)
             


16:18
2016/02/28

うれしい姿

| by:幼稚園

 今年度も残りわずかになってきました。そこで223日のお弁当は、クラスの枠を超えて、好きな部屋で好きなお友達と食べる“どこでもお楽しみ弁当”にしました。前日から「明日は○○ちゃんと食べる」「集会室で食べたいなー」等、楽しみにする声が聞かれました。当日、全員が集会室に集まり顔合わせ。好きなお友達と誘い合って好きな部屋に移動しました。1番人気は集会室でした。いつもとは違った雰囲気の中で食べたお弁当はきっといつもよりも美味しかったことでしょう。

 

 25日、附属特別支援学校の劇団“きび団子”による「ももたろう」を観劇しました。はじめは鬼が出てくるので怖がっている子もいましたが、とても和やかな雰囲気だったので安心して楽しむことができたようです。劇がとても楽しくて附属特別支援学校さん宛にお礼の手紙を書いた子もいました。よい交流の機会となったようですね。

 翌日、年中組では普段は違う遊びをしている子たちが、急に「人形劇が始まりまーす」と人形劇を始めました。前日に保育参加のお母さん先生がペープサートを見せてくださったことが刺激となったのでしょうか。早速、椅子を並べて客席を作りました。チケットもありました。お客さんが来るとドリンクサービスです。どの子も自分が考えたことをきびきびと行動に移していてびっくりしました。本当に成長しましたね。

面白いと思ったのは、「悪者が出たら投げてください」と、お客さんにお手玉が配られたことです。劇「ももたろう」の途中、事前に配られた石の礫(つぶて)を段ボールの鬼に向かって投げてやっつける場面があったことが心に残っていたのですね。経験したことを自分たちの遊びに活かしているところにも成長を感じました。みんな、すごいよ!


16:59
2016/02/18

「ねんちょうらんど」へようこそ!【年長】

| by:幼稚園


幼稚園生活最後の3学期となった年長の子どもたち。
友達と一緒にめあてを共通にしての遊びを進めながら、
自分たちで相談すること、考えを出し合いながら進めることの楽しさを味わう姿が増えてきました。
この時期の年長の子どもたちには「友達との遊びの中で達成感や満足感を味わうこと」が体験できるように生活を組み立てています。そこで、子どもたちに「みんなが考えた楽しいことを、小さいクラスの友達にも見せたり、招待したりしてみるのはどうかな?」と投げかけました。
すると「それいいね!」「やってみたい!」「そうだ!前の年長さんもやってくれたよ」とこれまでの体験を思い出しながら、自分たちでもやってみたいと意欲を見せる子どもたちでした。
年長のみんなで話をして今回は「ねんちょうらんど」という大きなイメージの中で、それぞれが友達とお店やショー、乗り物、アトラクションなどを考えて、それを幼稚園のみんなで楽しみながらわくわくする1日にする方法を考えてきました。

今朝は「ねんちょうらんど本番だ!」と意気揚々と登園する子どもの姿も多く、目標のスタート時間がくると、「いらっしゃい!はじまります!」と元気な声があちこちから聞こえてきました。
大忙しなねんちょうらんどでしたが、お弁当前にみんなで集まり「どうだった?」と話題にしたところ。「大変だったけど、みんなが来てくれてうれしかった」、「また明日もやりたい!」と満足げな声が聞かれました。

いろいろな考えがあることを受け止めながら、それぞれ考えが違うことを感じながら、それでも一緒に共通のめあてに向かって遊びを進めていく。そんな姿があちこちに見られた「ねんちょうらんど」でした。
まだ明日も続くようで、楽しみな週末です。
15:15
2016/02/12

子どもの世界(花組)

| by:幼稚園

 発表会を経験してちょっぴり自信のついた花組。今クラスで流行っている「アンコール!」が思いかけず保護者の方から…。舞台の上で目がテンになっていた子どもたちに笑ってしまいました。 初アンコール体験!!でしたね。

クラスのみんなで一緒に舞台にのったことは、どこかで友達とのつながりを感じた出来事になったことでしょう。

子どもたちの描く絵にも、お友達がよく登場するようになりました(以前は家族や先生が描かれることがほとんどでした)。一緒に遊んだ楽しい思いが現れるのだな…と思います。
  
 発表会でやったお話は花組の実体験に基づいています(^^)
 だから、またおばけちゃんがきれいにみんなの作ったご飯を食べて、お返しにどんぐりとまつぼっくりを入れてくれていました。
            



16:05
2016/02/03

今年もやってきた

| by:幼稚園

23日、節分です。

登園してきた子たちは4歳児棟2階の壁に貼ってある鬼からの手紙を見つけて大騒ぎ。年長さんから年中さんへと手紙の情報が流れてきました。


 昨年は3歳児で、ただただ怖がっていた子どもたちですが、今年は鬼対策に力を注ぐ姿が見られました。日頃、遊びで使っているウレタン積み木を高く積み、鬼が入って来られないように囲いを作りました。


 さらに、鬼が嫌いな豆、柊、鰯の頭の絵を描いた段ボールをつい立にしました。

 さあ、鬼がやってきました。はじめは遠くにいる鬼を震えながら見ていた子たち。だんだん近づいてくると積み木の囲いの中へ。そして、ついに鬼が保育室に…「鬼は外」と囲いの中から豆を投げつけます。やっと鬼がいなくなってほっとしていたのもつかの間。なんと鬼は花組へ。いつの間にか「花組、がんばれ!」の大声援が沸き起こりました。自分だって鬼が怖いのに、自分たちより小さい花組さんを応援する姿に感動しました。

来年はどうかな?気が早いですね(笑)。



17:17
2016/01/29

冬ならではの暖かい・・・

| by:幼稚園

 寒さも本番となってきました。とても寒い日の朝、月組の外水道ではこんな光景が!!


 

 
少しずつ滴っていた水が夜中に凍って、見事なつららとなっていたのです!!

登園してきた子どもたちは、大喜び、その不思議な光景をみんなでじっと見つめていました。

そんな寒い中ですが、寒さに負けず子どもたちは元気にドロケイ、縄跳び、竹馬など体を動かして遊んでいます。また一方では、温かい室内での遊びも充実できる時でもあります。

先週、新しい素材として毛糸を使って遊んでほしいと考え、毛糸の飾り作りを保育参加のおうちの人先生にも手伝ってもらいながら、みんなで行いました。割り箸を十字にしてから順に編んでいくと・・・
こんな飾りが出来上がります!



そして、今週は毛糸を使った遊びとして、「指編み」にも挑戦しはじめま
した。
手先が器用になってきた年長組、コツをつかんでしまえば自分たちでどんどん編み進めていくことができます。途中で色を変えてみたり、二色で編んでみたり、と工夫する姿も出てきています。柔らかい毛糸を指に巻いて、おしゃべりを楽しみながら、指編みを楽しむ、なんだかほっこりとするひとときです。

これをきっかけとして、これからどんな遊びが広がっていくのか楽しみです。



16:19
2016/01/22

おばけがやったのかな?

| by:幼稚園

 3学期の落ち葉は乾燥して積もるとふわふわします。森の中でそれを「ふわふわ」と名付けてぴょんぴょん跳んでいる花組。

 2学期に自分たちで掘った穴にも落ち葉がたまっています。「おばけがやったのかな~」と言いつつ(今、なんでもおばけに結びつけています)、穴に落ち葉を集め出しました。とてもよく働く子どもたち。たくさんたまったところにシートを敷いて、跳ねたり寝転がったりして遊んでいます。寝てみると空が青く木の枝がくっきり見えていい気持ち…どころではありません!子どもたちがわんさかのってきてつぶれそうになります(^_^;)
 森のひだまりは素敵な遊び場になっています。



 森のおばけの怖い子どもたちはあるアイテムを身につけて森に出かけています。
子どもたちの魔法はどんなものもやっつけてしまう力を持っているようです。
おしゃべりを楽しみながら、先生やお友達とたっぷり空想の世界につかっている…
そんな3歳児の毎日を大切にしたいと思います。
       

 スティックと頭につけるお面。なんとここから魔法が出て、おばけをやっつけちゃいます!
16:28
2016/01/15

冬の朝

| by:幼稚園

いよいよ3学期が始まりました。

暖冬といわれている今シーズンですが、冬らしい寒さがやってきましたね。

今週は毎朝、幼稚園の庭は霜で真っ白!はじめは「雪だ、雪だ」と喜んでいる子もいましたが、「あれ?ちょっと違うな」と気がついたようです。霜を手に乗せて「冷た~い」「だんだん溶けていく…」といろいろなことを発見していました。実際に触れたからこその発見ですね。



そして、子どもたちは早速、霜柱を遊びに取り入れて、冷たいご飯作りを始めました。使えるものは何でも遊びに取り入れてみるのが、子どもたちのいいところですね。

まだまだ寒い冬は続きそうですが、寒さに負けずに元気に遊ぼうね!


16:26
2015/12/11

わくわく発表会Ⅰ(年長)

| by:幼稚園
12月4日は、幼稚園最後のわくわく発表会でした。
 去年の発表会の経験を思い出しながら、「今年はどんな発表会にしていこうか」と考えを出し合うことからスタートしました。自分が取り組んでみたいことの内容が近い人が集まりグループを作り、グループの友達と相談しながら取り組んでいきました。
 作ることで表現をするグループ、言葉で表現するグループ、動きで表現するグループ、これまでの遊びを通して表現をするグループ・・・表現には様々な形があります。自分たちとは違うグループの表現に触れ、刺激を受け合い、学年のみんなやグループの仲間と時にはぶつかり合いながらも相談を重ね、「ねんちょうのぼうけん」という一つのお話を作り上げてきました。



年少・年中をお客さんとした初めての発表会では、1時間弱という長い時間にもかかわらず、一生懸命見てくれているお客さんの視線を感じながら、それぞれのグループが自分たちの力を出し切ることができました。そして印象的だったのが、最後にアンコールの拍手を浴びた時の、年長組のびっくりしたような、何とも言えない誇らしげな笑顔!小さい友達の憧れの視線は、きっと年長組の子どもたちの心に様々な思いを届けたのではないでしょうか。

 自分たちで作りあげたという自信が、また3学期の生活へとつながっていくのでしょう。この経験が3学期の遊びや生活の中でどう生きていくのか、楽しみです!!


17:25
2015/12/04

森探検!(年少)

| by:幼稚園
 森にこびと事務所がありますが、その周りをウロウロ(?)しているのが花組です。「あぁー」とか「きゃー」とかとても賑やかに、毎日探索をしています。なんでこんな「きゃー」と言っているのかと申しますと、それは「おばけ」が出るからなんです。

 森にこうもりと共にやってきて、いろいろなわるさをしていきます。お化けの木やこうもりの木があります。
 みんなはこわごわ出かけて、わるさをしませんように、とトゲトゲ(木の枝や松葉)でお守り(結界のような…)を作っています。ゼリーが好きだというみんなの意見で、ゼリーをあげたりしました。翌日ゼリーは空っぽになっていました。
 でも、今日はちょっと仲良くなれた出来事もありました。
 なんと、ゼリーのお返しがあったんです。
 みんな「おばけがちょっとやさしくなった」と言っていました。

…とこんなふうに、毎日イメージ豊かに遊んでいます。何かが見えてしまう花組。このお話はまだまだ続きそうです。小さい子どもたちの一喜一憂の思いを受けとめ、わくわく過ごせるようにしていきたいと思います。
(中にはわくわくよりも、ブルブルの人もいますが。)

  目の木です!!こわいでしょう。
  森にはおばけにやられてしまった木がたくさんあるんです。
16:18
2015/11/27

夢の森って楽しいな!

| by:幼稚園

 1126日は少し不安定な天気でした。でも、子どもたちにとってはいいこともありましたよ。ちょうど皆が登園してきた頃に虹が出ました。「あ、虹だ」「どこ?どこ?」情報を伝え合ってたくさんの子が虹を見ることが出来ました。

 午後には雨もあがり戸外に出ていった子どもたち。夢の森に行ってみると、目の前に広がっていたのは大きな水たまりでした。はじめは大きいシャベルで水をかき回していたのですが、それだけでは満足できなかったようです。長靴を履いていることをいいことに、大きな水たまりの中に入っていく子が続出。その表情は何とも言えないものでした。だんだん深くなっていく水たまりを進み、水が長靴に入るか、入らないかのスリルを楽しんでいるようでした。

 夢の森ではこびと探検隊が「こびと事務所」を作って楽しんでいます。こびとを捕まえるためのわなを作ったり、お掃除したり…最近はいろいろな子を招待するようになってきています。

 自然いっぱいの幼稚園でますます楽しみましょう!


14:49
2015/11/19

たんけんしてきたよ!(年少組)

| by:幼稚園

 花組さんは水曜日、探検隊になって大学の中を探検してきました。大学の中は発見がいっぱい。はじめに出会ったのは、きのこ(サルノコシカケ)に座っているきのこの妖精でした。びっくりしたね~。サルノコシカケに実際に座ってみる人もいました(^^)大きな木は、中に入れたね。

池ではお掃除をしてくださるおじさんのところで3のザリガニを頂いて帰ってきました。

大学の中でもイメージを広げて遊び、みんなで「わぁ~」「へぇ~」と思うことはすてきな共通体験になりました。友達と一緒だから発見が何倍も楽しくうれしくなる、そんな探検でした!



木に「目があるー!!」と大発見。

大きな木の間に入れるよ!わらわら集まるこどもたち。

みんなでつけた名前です。
15:55
2015/11/14

新しいチャレンジへ(年長)

| by:幼稚園


運動会に「次のチャレンジへ」と年長クラスの子どもたちに
幼稚園からプレゼントしたコマ
一人が回せるようになると、それを見た友達が
「わたしもできるかも!」とチャレンジ。
そして、最初は回せなかった友達が回せるようになったのを見て
「僕もできるかも!」とチャレンジ。
チャレンジの輪が広がってきています。

そこでは、友達同士で技を伝え合う姿が見られます。
「ここはこうやってやるといいよ」
「もうすこし低くしてやるとうまくいくよ」
子どもたちは自分の技を伝えることを通して、
友達とめあてを共有することの面白さを感じていきます。

幼稚園では
「友達とめあてを共有し、やり遂げる喜びを味わう」
ということを、年長のこの時期に体験できるようにしています。

やり遂げることの楽しさは、いろいろな場面で体験することができます。
新しいチャレンジへとつながればと願いプレゼントしたコマが、
そんな体験の一つのきっかけとなっている11月です。
14:08
2015/11/09

幼児教育研究会

| by:入澤
10月31日、幼児教育研究会をおこないました。
今年は300人の参加者に来ていただきました。寒い中ありがとうございました。
本園の保育を見ていただいたり、研究テーマ「子どもたちの“物語”を豊かにする環境」についての発表を聞いていただいたり、分科会で協議をしていただいたり、福島大学の大宮勇雄先生のご講演「幼児の学びをとらえる~『学びの物語』の視点~」を聞いていただいたりと、盛りだくさんの一日でした。
大宮先生のお話は時間がたつのを忘れるくらい、おもしろく、ためになるお話でしたね。
プロセスを大切にした保育をしていきたいなと思いました。
学び合えたことを、これからの保育に生かしていきたいと思っています。
ご参加の方と、また、このような機会を持てたらうれしいです。
保護者の方々にも様々なお手伝いをしていただき、ありがとうございました。

16:21
2015/10/08

花組の秋

| by:幼稚園
 園庭にたくさんトンボが飛んでいます。年長さんが手を伸ばしてとまるのをまっていました。それを見た花組さんは、制作で使っている棒を手に持って伸ばしています。
でもとまらないなぁ。
そこで、”手が疲れちゃう”ので「トンボ棒」にしてみました。
すると…

 
とまりました!うれしい~。いっきにどんどん作り始めました。


 子どもの作るものはおもしろいなぁ。

 もうすぐ運動会。
先日予行練習をしているときに、みんなの帽子にトンボがとまりました。
「トンボも運動会に出たいんだね」と言っていました。
初めての運動会が楽しみです。
15:49
2015/10/02

実りの秋

| by:幼稚園

この前、2学期が始まったばかりだと思っていたら、もう10月です。本当に早いですね。

 

 今年度、「どんぐり広場・パラダイス計画」を立て、
1学期にいろいろな種を蒔いたのですが、たくさんの花が咲き、種が取れるようになってきました。アサガオ、フウセンカズラ、トロロアオイ、キバナコスモス、そして綿花…「この種はなんの種?」「おもしろい形だね」等、種取りをしながらいろいろな発見をしたり心を動かしたりしています。種取りをしている子どもたちの目は真剣そのもので、小さな種を1つでも落とすまいと、かわいらしい手で一生懸命に集める姿が印象的でした。たくさんとれた綿花は何に使おうかと思案中です。花は子どもたちが自由に摘んでもいいものとして、色水やままごとなどの遊びの中で今も大活躍しています。



 この他にも園庭のみかんや柿も色づき始めています。「前にみかん屋さん、やったね」と昨年のことを思い出して楽しみにしている子もいるようです。芋掘りも近づいていますよ。実りの秋を十分に味わい、楽しんでいきたいと思います。


15:36
2015/09/25

秋の園庭には虫がいっぱい!(年長)

| by:幼稚園
 夏休みの園庭整休みの園庭整備の際に、虫たちのために残していただいた草の陰には、コオロギ、バッタ、カマキリ、チョウ、テントウムシなど虫たちがたくさん!!

2学期が始まり、幼稚園の庭に元気にもどってきた年長組は、もちろん、それを見逃しません。友達と一緒に飼育ケースをもち、「こっちにいるぞ!」「とるのは○○くんがうまいよ!」と情報交換をしながら虫捕りを楽しんでいます。虫だって捕まりたくないので必死に逃げていて、子どもたちとの飽くなき戦いは毎日続きます。


↑棒を高く空に向けていれば、トンボが止まってくるかも・・・ 虫との知恵比べ、我慢比べです

↑友達の見つけた虫も気になるな・・・

その中で、虫の名前や何を食べるのかなど教えあう姿、とった虫をじっくりと眺める姿、など見られています。

今はたくさん捕ることを楽しんでいますが、捕った後どうしていくのか、飼うのか、それとも逃がすのかなど、命と向き合うことにも目を向けられるように一緒に考えていきたいです。
18:12
2015/08/25

スイカだよ!(年長)

| by:幼稚園


1学期には、年長の子どもたちがいろいろな種を蒔きました。
誰かが蒔いたスイカの種が元気に芽を出して、
夏休みの間に、小さなスイカの実をつけました。
(クローバーの葉と比べてみるとその小ささがわかると思います)

まだまだ、小さい実なので見つけるのは大変かもしれませんが、
こんなふうにスイカも子どもたちが来るのを待っています!
バッタもトンボも待ってます!

幼稚園は、集会室や保育室の工事が着々と進んでいます。
新学期の準備をしながら、
元気なみんなに会えることを楽しみにしています!
16:07
2015/07/27

幼稚園教育研究集会岩手大会

| by:幼稚園

 72123日の3日間、第61回幼稚園教育研究集会岩手大会に参加してきました。

この研究会は毎年この時期に、全附連幼稚園部会の主催で行われる会です。全国の国立大学附属幼稚園の先生方が集まり、研究テーマ(今年のテーマは「未来につなぐ豊かな幼児教育―質の高い幼児期の学校教育を求めて―」)について話し合ったり、日頃の保育の情報交換を行ったりします。

 

 少し気が早いと思われるかも知れませんが、平成28年は千葉大会です。開会式では中澤園長が次期開催園としての挨拶をしました。千葉県の地図を示しながら、千葉県の特産品や名所などをたくさん紹介したので、来年の千葉大会には大勢の先生方が参加してくださることでしょう。そう思うと、もう来年の準備のことで頭がいっぱいになりそうです。

 

 4つの分科会ではそれぞれのテーマについて、研究発表がされ、それについての質疑応答、グループ討議と進められました。普段、話す機会の少ないいろいろな地域の附属学校の先生方と、それぞれの幼稚園で行っている保育の情報交換、課題となっていること等について話すことができました。どの園の先生方も保育環境を見直したり、子どもたちの姿を読み取ったりする努力をされていることがわかり、よい刺激となりました。この研究会で学んだことを、2学期からの保育の中に生かしていきたいと思います。


10:54
2015/07/18

ぱぱあずの作業ありがとうございました

| by:入澤
数日前から、お天気が心配だった今年のぱぱあず・・・
今日の朝の天気予報では、「千葉は雨は降らない」と言うことだったのに、3時少し前からミストシャワーのような雨が降ってきてしまいました。
そんな中、たくさんのお父さん、お母さん方に参加していただき、今年もぱぱあずの活動を無事に終えることができました。

作業内容は、虹色ハウスの解体(9月には附属特別支援学校の生徒さんが新しいものを作ってくれるそうです)・ベンチのニス塗り・保育室の棚作り・カラーボード作り(砂場で使います。砂で絵を描くためのボードです。美術科の学生さんも一緒にやってくれました)・水道の色塗り・・・でした。
思ったよりも早く終わったのは、それだけ、お父さん・お母さん方の作業効率が素晴らしかったということでしょう。

雨だったせいで、最後にみんなで写真を撮るのを忘れてしまい、すみませんでした。
でも皆さんの作業の様子は、しっかりと写真に納めさせていただきました。
皆様、ありがとうございました。





17:30
2015/07/16

大掃除(年中)

| by:幼稚園

 年中になって初めての大掃除をしました。三角巾をつけた子どもたちはやる気満々!1学期にお世話になったロッカー、引き出し、机、椅子、ブロックなどを、雑巾で一つ一つ丁寧に拭きました。真っ白な雑巾に汚れがつくと「わーすごい、(汚れが)ついたー」「先生、見て!見て!」と、多くの子たちが、何度も何度も汚れた雑巾を見せてくれました。

 

 最後は全員で床掃除!「よーいどん!」の合図で雑巾掛けをしました。思っていたよりも力強く、しっかりと腕と足を使うことができていました。


 大掃除の後は冷たいオレンジジュースで乾杯。大掃除お疲れさまでした。

  明日からいよいよ夏休みです。厳しい暑さが続くことと思いますが、元気で楽しい夏休みを過ごしてくださいね!


16:32
2015/07/10

小学校の七夕集会へ(年長)

| by:幼稚園


 七夕の日に年長児は小学校の「七夕集会」に招待され、1年生と2年生のお兄さん、お姉さんたちと一緒に、七夕のお話を聞いたり、一緒にゲームをしたりして過ごしました。季節の行事の由来を知り、小学生の素敵なダンスや、2年生の実行委員の司会などを見て、小学生に憧れの気持ちをもつことができた、そんな「七夕集会」となりました。
 しかし、当日だけのかかわりで子どもたちがこれらの気持をもつことができたわけではありません。七夕集会に向けて、子どもたちはペアになった1年生に飾り作りを教わったり、短冊にお願いごとを書いてもらったりという体験をしてきました。このように、飾り作りで1年生に優しく丁寧に接してもらうことを通して、「七夕集会」というフォーマルな場でも、安心できる1年生ペアやしっかりとした2年生が側にいたことで、安心して参加することができました。
 今回お世話になった1年生とは、年間を通しての幼小の交流活動時でも一緒に過ごします。このような活動を通して、いろいろな人と触れ合うことの楽しさや、就学への期待、大きくなることの喜びなどを味わうことができるようにしていきます。
14:51
2015/07/07

雨だって~☂(花組)

| by:幼稚園

梅雨らしい日が続いています。

「今日も雨だね」という会話を大人はついしてしまうのですが、雨具の始末も上手になるし、お部屋でお友達とたっぷり遊べるし、いいこともたくさんあります。初めての絵の具はのびのびとこんなふうに楽しんでいます。

7月に入り、入園してきた頃よりもずっと笑顔が増えた花組です。みんなで一緒に遊ぶことがひとりひとりの刺激になる、そしてもっと楽しくなるという毎日です。

みんなで同じことをしてみる、というのも(写真のようにどんどん寝っ転がりだしました!)気持ちが同じになっていることなんだろうな、と思います。
顔を見合わせたり、笑いあったり、鈴を振って聞かせてあげたり。たわいない、こんな時間が子どもにとってはうれしいひとときになるように感じました。

夏休みまであともう少し、元気いっぱい過ごそうね。



15:35
2015/06/26

バス遠足(年中)

| by:幼稚園
 25日、大型バスに乗って千葉市動物公園に行ってきました。年中さんにとっては初めての遠足でした。
 「さあ、出発だ!」とバスが走り始めると同時に空模様が怪しくなって、雨が降ってきました。「え~、そんなぁ」と先生たちは困惑…。でも、動物公園の駐車場に到着する頃にはすっかり雨も上がっていました。よかった!2号車にぶら下がっていた“てるてる坊主”のおかげかな。

 さて、動物公園では、年中さんはほとんどの時間を「子ども動物園」でゆったりと過ごしました。リュックをおろし、写真撮影を終えると、早速、自分の好きな動物のところへ走って行き、目を輝かせながら見入っていました。幼稚園にもいるカメの数を数えたり、ペンギンの前では「ペンギンさん、泳いでないね」とつぶやいたり…。また、ヤギのブラッシングをしたり、糞の掃除をしたりして、直接、動物と触れ合う姿も見られました。年長さんだけが触る予定だったハツカネズミやテンジクネズミにも、こっそり触らせてもらいましたよ。ラッキー!



お楽しみのお弁当は、ちょっと雨が心配だったので、屋根のあることろに移動して、星組・雪組一緒に楽しく、美味しく食べました。お弁当ありがとうございました。


16:03
2015/06/11

手を洗おう♪(花組)

| by:幼稚園
入園して2か月たった花組さん、園庭で泥んこになって遊んでいます。
雨上がりはさて、こんな感じです。
アスファルトがほとんどになった道…水たまりに入って遊ぶ体験はなかなかないですね。
子どもたちのわくわく感が伝わってきました。
季節や自然をたっぷり味わって過ごしてほしいと思っています。


さて、そんな元気な子どもたちですので、おやつやお弁当の前は手がまっくろ!
そこで養護教諭の木次先生から手洗いの仕方を教えてもらいました。
ハンドウオッシャーとピュアハンドに会うのは初めてです。どうして手を洗わないといけないのか、いつ洗うといいのか、どんな洗い方をするとよいのかを学びました。
毎日繰り返しながら身につけていこうと思います。

15:24
2015/06/07

ふれあいの日

| by:幼稚園

 今日は今年度初めてのふれあいの日でした。天候にも恵まれて楽しい1日となりました。

 親子で“ようちえんたんけんにいこう!”カードを持って、オリエンテーリングにチャレンジしました。

 
「どんぐりハウスってどこ?」「キュウリってどこにあるの?」など、入園して
2か月過ぎてもまだまだ分からない場所があるようでした。1番多かったのは「ドングリのイヤリングをしている先生はだれ?」でした。正解は副園長先生でしたね。おうちの人と一緒にすべり台を滑ったり、車に乗せてもらったりして子どもたちは大満足でした。



2学期のふれあいの日も楽しみにしています。


14:38
2015/05/25

芋苗植えをしました!(年長組)

| by:安藤


天候のため延期になっていた芋苗植え、やっと22日に行うことができました!

芋苗植えは年長さんになったらできること!みんな楽しみにしていました。年少さん、年中さんが見守って応援してくれる中、一人ずつ苗をもらい植えていきます。注目されながら植えるので、始めは緊張気味…。



でも、苗は斜めに、そして優しく土をのせて、無事、今年の芋苗植えは終了しました。

最後には年長みんなで、「おいしいおいもに育ちますように!」とお願いをしました。

大きく育つかな?秋の焼いも大会が楽しみですね~。



16:49
2015/05/15

毎日わくわく!?

| by:幼稚園
 入園して1か月半。
3歳児の花組さんも幼稚園でモリモリ遊び出しています。
朝はちょっぴり不安そうな人も、幼稚園でのいろいろな遊びに興味津々になっています。
こんなふうに、カメにも…
おっかなびっくり触ってみようとしたり、水から上がってきたカメに歓声をあげたり、お花をたくさん浮かべて「うれしいかな~」といってみたり。


 5月の自然の中で過ごす姿もみられます。
森の中で木の実をみつけました。「おまめ」と言っています。
 少しずつ少しずつ、幼稚園が好きになってくれますように(*^_^*)
17:05
2015/05/01

いよいよ5月(年中組)

| by:幼稚園

 早いもので新年度が始まって1か月が過ぎようとしています。はじめは、緊張から泣いたり、表情が硬かったりしていた子たちも徐々に園生活に慣れてきました。喜んで登園し、「今日は何をしようかな」と自分のしたいことを見つけて取り組み始めています。
 外遊びが好きな子が多く、どんぐり山を掘って水を流したり、大砂場で温泉を掘ったり、お料理したりしています。進級の子も、新入の子も、星組も、雪組も入り混じって楽しんでいますよ。



 子どもの日に向けて全員でこいのぼり作りをしました。はさみを安全に使うための話を聞き、その後にこいのぼりの形を切り、さらに思い思いの模様をつけていきました。「黒いのがパパで、赤いのがママ」「こいのぼりがお口をあけているところだよ」など、会話も弾みました。自分で見つける遊びも、クラスの皆でする遊びも楽しんでいきたいと思っています。

 明日から5連休になります。ほっと一息ついて、また幼稚園でたくさん楽しく遊びましょう!



はや
16:38
2015/04/09

新しい友だちを迎えました(年長)

| by:幼稚園

今日は57名の新しい友だちを迎えた附属幼稚園の入園式でした。
年長の子どもたちが年中クラスの時に植えたチューリップが花をつけ、
新しい友だちが式の会場に向かう道をきれいに飾りました。

在園児代表として、入園式に参列し
お祝いの歌と、手遊びとを一緒にし、
「入園、おめでとうございます!」と言葉をプレゼントしました。

年長児としての初の大仕事である「入園式」では、
少し背伸びをして、少し緊張をしていた子どもたち。
それでも年長クラスになったことを誇らしげに感じているようでもありました。

小さい友達にとっては憧れの存在である年長児。
明日からどんな背中を小さい友達に見せてくれるのかが楽しみです。
13:11
2015/03/26

春です(年長)

| by:幼稚園


修了式が終わり、年長児達が幼稚園を巣立って10日が経ちました。
年長組の子どもが植えたこのチューリップがもうすぐ花を咲かせます。
もうすぐ春がくることを教えてくれるつぼみです。

このチューリップが新しい年長組さんをむかえる頃、
このチューリップを植えた子どもたちは1年生です。

そして、新しい年長組さんたちが育ててきたチューリップが、
新しく幼稚園の仲間になる小さい人たちを迎えます。

このチューリップを見ると、
修了証書を手にした子どもたちの、希望に満ちた笑顔が目に浮かびます。
春です。
14:26
2015/03/01

今日はふれあいの日

| by:幼稚園
 今日は今年度最後の「ふれあいの日」でした。天気が心配されましたが、何とか雨も降らず、園庭や夢の森で楽しく遊ぶことができました。園庭開放が出来なかったのは残念でしたね。

 

今までのふれあいの日には、幼稚園探検、運動会ごっこ等をしてきましたが、今日はどんなことをしたのでしょうか?

花組さんはおうちの人と一緒に、紙皿を使った雛飾り作りをしました。また、普段しているままごとや巧技台なども、保護者の皆さんに見ていただきました。年中組さんは大好きな外遊びをおうちの人と一緒に思い切り楽しみました。年長組さんは、幼稚園生活最後のふれあいの日ということで、親子ふれあい遊びで汗をかく程に楽しみました。

 

保育後は集会室でJR東日本の皆さんによる「マナー教室」が開催されました。駅長犬も来園し、楽しみながら、マナーや安全について考える良い機会となりました。

年中さん


空組さん


月組さん


花組さん


16:40
2015/02/20

楽しかったね!

| by:幼稚園

昨日は、「ままあず公演」がありました。子どもたちに人気のキャラクターがたくさん登場。舞台いっぱいに繰り広げられるショーに大喜び。子どもたちも歌って踊って盛り上がりました。大好きなお父さんやお母さんが出演するから、格別にうれしいんですね(とはいっても、素晴らしい演技力と変身ぶりに終わってから「誰のお母さんがやってたの?」など質問も飛び交いました)。保護者の皆様の心のこもった手作りのショーは、子どもたちの楽しい思い出になったことと思います。本当にありがとうございました。



そして今日は2月のお誕生会でした。ゲストは千葉大学吹奏楽団のお兄さんお姉さんです。総勢60名余の楽団に最初の曲では圧倒されていた子どもたち。こんなに大きな音やいろいろな音を生で(それも至近距離で!)聴く機会はなかなかないですよね。指揮者の方の曲にぴったり合った楽しいコスチューム、大好きな曲、踊り付きのノリノリの曲、豪華な幼稚園の園歌、などなどあっという間の40分でした。長い時間鑑賞できるようになった子どもたちの成長も感じました。

年長さんはその後に、楽器体験ができました。初めて見るたくさんの楽器に実際に触れることができて、みな興味津々でしたね。不思議な打楽器もありましたね。吹奏楽団の皆様ありがとうございました。


楽しいこと続きの2日間。そして来週はもう2月の最終週!

幼稚園も子どもたちの大きくなる前の“まとめ”の時期に入ります。



16:29
2015/02/19

ニワトリのお世話を教えてもらう

| by:幼稚園





 あと1カ月半ほどで、年長組!
今週から、年長さんがニワトリのお世話を教えてくれることになりました。1対1のペアで、優しく丁寧に教えてもらっています。
包丁を使って野菜を切るということは、年中さんにとってドキドキ。
お世話を終えて帰ってくる年中の子どもたちの話では、「誰もけがをしないで、包丁で切れたんだよ!」「切った野菜は混ぜるんだよ!」と得意気に話してくれる表情には、喜びと自信を
感じられます。このような体験を経て、年長になる喜びと期待をもつんですね。
もうすぐ、みんなにお世話当番が回ってくるので、お楽しみに!
17:13
2015/02/13

ドキドキ小学校見学

| by:幼稚園
 
 2月になって、「もうすぐ幼稚園終わりだね。そしたら1年生だー」という声が、子どもたちからも出始め、あと何日と、数えてみた子もいるみたいです。そして♪1年生になったら~♪と元気いっぱいに歌って、年長さんは小学校見学に行ってきました。
 小学校との交流も3回目ですが、「もうすぐ1年生」という気持ちが出てきた子どもたちにとっての今回の交流は、より、身近になってワクワクドキドキだったようです。の見学では、1年生の真剣な様子に年長さんもじっと見入っていました。学校の先生が書く黒板の字をみつめて、一緒に描き順をなぞってみる子もいました。
 校内見学では、七夕活動から一緒のお兄さんお姉さんと学校中を歩きました。広い校内をぐるぐる歩き、幼稚園とは全く違う教室、体育館、音楽室、図書室などをみることができましたね。地図を見てしっかり案内する1年生が頼もしく思えたようです。
 給食ははじめての経験でした。配膳などにちょっと緊張気味。食べられるかな、と不安な気持ちもあったようですが、「おいしい!」と舌鼓。
 身近な1年生のみなさんの姿にあこがれをもち、小学校ってこんなところなんだな、と少しわかり、幼稚園の帰り道はおしゃべりがはずみました。

 短い3学期ですが、年長は「互いに認め合い、生活や遊びを友達とつくりあげる満足感をもつ」というねらいをめざして、1日1日を大切にしています。それは、次の「就学への期待をもつ」というねらいにつながっていくのではないかと思います。
 この交流も、子どもたちの気持ちを1年生に一歩近づけてくれました。
16:39
2015/02/03

鬼が来た!

| by:幼稚園

「鬼、来るかな…」と心配そうな表情の子どもたち。この後、鬼がやってきて花組は大騒ぎ。
ままごとコーナーに作ったバリケードの中に身を隠す子、鬼に向かって豆を投げつける子、1度は鬼に向かっていったものの逃げ帰ってくる子、そして大泣きする子。
きっと皆の周りの鬼は追い払われたことでしょう。

花組には朝から年長さんが心配してきてくれました。自分たちも豆を持っているのですが、花組にも豆の入れ物を折り紙で作ってくれましたよ。年長さんてすごいね。ありがとう!

鬼の姿が見えなくなると、早速外に行って鬼の跡探し。これは附属幼稚園の伝統になっていて、3歳児・4歳児・5歳児が一緒になって行います。
「あっ鬼の足跡だ」「門の鍵が壊されている」「爪の跡がある」「この棒は鬼が折った棒に違いない」等、自分たちが見つけたことを疑うことなく情報交換していました。

豆まきが終わると、そろそろ春の足音も聞こえてくることでしょう。
「鬼はそと!」「福はうち!」
16:51
2015/01/28

わくわく発表会、楽しみだなー!

| by:幼稚園



 2月のわくわく発表会に向かって、それぞれの子どもたちが
自分の役に必要な道具や身につけるものを作り始めています。
 ステージで音楽に合わせて、フープを回したり歌ったりする姿は、
星組雪組の両クラスで見られています。なりきって熱唱しています。
 「雪を降らせたい」と子どもからの声があり、切り紙を始めました。
どんな雪になるかは、お楽しみです!
他にも、いろいろなものを制作中です!
15:37
2015/01/19

幼稚園最後の3学期(年長)

| by:幼稚園
年長の子どもたちにとっては、
幼稚園最後の3学期がスタートしました。
大きくなることにへの期待に満ちあふれた子どもたちとの園生活も、
残す所あとわずか・・・。
ヒヤシンスの生長に子どもたちの成長を重ねあわせる1月です。



ヒヤシンスのつぼみを見た子どもがいいました。
「せんせい!これトウモロコシみたいだね!」
乾燥させたトウモロコシを並べると
「やっぱり似てる!」と子どもたち

週明けの今日、つぼみが色をつけていました。



子どもたちも日々ヒヤシンス以上に成長しています!
昨年収穫したチューリップの球根からも小さな芽が顔を出し始めました!



そして休み明けの園庭には、
土曜日と日曜日と今朝とで積み上がった3段の霜柱が!
霜柱をザクザク踏んで音を楽しんだり
凍った地面を地面からはがして「地面がとれた!」と驚いたり!
身近な自然の変化をよくよく見ている年長の子どもたちです。

保育室前で今年はじめて氷ができました。
週末に片付け忘れられていたフライパンにたまった水が凍っていました。


早速、「去年たくさん氷できたよね!作ってみたい!」と
氷作りに挑戦する姿がありました。
子どもたちが去年の経験をどんな形で今年の遊びに取り入れるかが楽しみな冬です!



さて、明日の朝はどうなっているかな?
15:40
2014/12/22

2学期も楽しかったね!

| by:幼稚園

もうすぐクリスマスですね。元気で楽しい冬休みを過ごしていますか?
幼稚園では一足先に、皆でクリスマスの飾りを作りましたね。お家に飾ってあるかな?
2学期は運動会、芋掘り、焼き芋、年長さんの発表会・・・楽しいことがたくさんありましたね。
花組の前には太鼓橋、すのこ、ビールケースを使って基地を作りました。基地はある時にはお家、またある時には忍者屋敷と、様々なイメージでも楽しめるようになりました。
3学期は寒いけど、体をたくさん動かして元気に遊びましょうね。
園長先生とのお約束も守りつつ、楽しい冬休みを過ごしましょう!
11:01
2014/12/04

再公演決定(!?)

| by:幼稚園
 今日年長のわくわく発表会パートⅡが終わりました。約1か月、この日に向けて取り組んできました。今日ご参観くださった保護者の皆様、あたたかい拍手をありがとうございました。
 「どんなことを舞台でしたい?」から始まった年長の発表会。子どもたちの一番大好きなことをできるだけ叶えられるように、仲間同士で何度も相談しました。この発表会は、運動会よりも、もっと力を合わせて年長2クラスで一緒に取り組みました。

 一人一人が主人公になる、そんな発表会になればいいなぁ、と思っていました。
 なかなか意見が合わなかったこと、自分の意見が通らなかったこと、作るのが難しかったこと、練習で照れてふざけてしまったこと、緊張したこと…そんないろいろな出来事が、きっとみんなの今日の頑張りにつながっていることでしょう。
 友達に「いいねー」と言えたこと、「上手だな」と感じたこと、「手伝ってあげる」と手を差し伸べたこと、拍手をたくさんしてあげたこと…それはきっとみんなを大きくしてくれたことでしょう。

 さて、年中さんから「お休みしてしまったので、どうしても見たいです」という相談がありました。年長さんもお休みで残念な人がいます。来週、特別公演しませんか?
                
          
15:33
2014/11/21

年中組の園外保育~千葉大学構内散歩

| by:幼稚園

11月20日に年中組だけで、千葉大学構内の散歩に出かけました。その日は、今年一番の
寒さでしたが、子どもたちは、はりきって幼稚園を出発しました。千葉大学構内に行くのは、初めての子もいて、「これは、何?」「大きい木だね!」など、キョロキョロしていました。
広場に到着すると、大木があり、何人もの子がいっぺんに木に登ったり、赤や黄色やオレンジの葉を見つけては、「これみてー!」「大きい葉だよ」「顔みたい」と拾った葉をよく見ては、先生や友だちに伝えていました。その日は、たくさんの秋の自然に触れて思いきり楽しんできました。歩いた距離は結構ありましたが、「歩けない~」という子もいなく、夢中になっているうちにたくさん歩いた日でした。みんなで飲んだ飲み物は美味しかったね!楽しかったね!
16:13
2014/11/11

H26年幼稚園教育研究会

| by:幼稚園
10月25日、「平成26年幼稚園教育研究会」を行いました。
天候にも恵まれ、来ていただいたお客様に寒い思いやご不自由をかけることなく、ほっとしました。
約250人の幼稚園の先生・保育所の先生・大学の幼児教育を教えていらっしゃる先生・そしてご来賓の方々にご参加いただき、本当にありがとうございました。

午前中は保育参観、全体会を行いその中で研究発表を行いました。
(保護者の方には、11月15日のふれあいの日、降園後に行う予定でいます。自由参加ですが是非、お聞きいただきたいと思います。)



午後は、各学年ごとの分科会、その中で本年度の研究について深めあったり、本日の保育について話し合ったりしました。
その後は、聖徳大学教授である小田豊先生に「質の高い教育課程とはー『よく遊び、よく学び』を通して考えるー」というテーマでご講演をしていただきました。本園の保育にも絡めながらのお話で、とても勉強になりました。
来年度も、実りの多い研究会にしたいと思っています。是非多くの方の参観をお待ちしています。
役員さんの方々にお手伝いをいただき、ありがとうございました。
12:44
2014/10/20

再びドングリ

| by:幼稚園

たくさん拾い集めたドングリを流して遊んでいた花組さん。
今度はビニールプールに入れて、ドングリ風呂???
ドングリをたくさんお腹に入れて「ドングリ赤ちゃんが生まれる」と言い合っている女の子たちもいます。
ドングリを使って次は何して遊ぼうかな・・・。
16:19
2014/10/15

運動会を終えて(年長)

| by:幼稚園


年長の子どもたちにとっては、幼稚園最後の運動会が終わりました。
それぞれが自分なりにめあてをもって取り組んだ運動会。
親子の競技でも、学年みんなでのリズムでも、つなとりでも
子どもたちの笑顔と、真剣な眼差しをあちこちに見ることができました。
そして、一人一人がバトンに想いを込めて走ったクラス対抗リレー。
あっという間の最後の運動会でした。

閉会式を終え、保育室に戻りみんなでジュースを飲みながら乾杯をしました。
その時、空組の男の子が月組にやってきました。
そして、「ねえみんな、今日は◯◯くん(空組)がお休みだったから、
今度もう一回運動会やりませんか?」と言いました。
それを聞いた月組の子どもたちは「そうしよう!」と返事。

そんなふうに、友達のことを思うことができる姿、
そんな時に、伝えたい!と感じるようになった姿、
そんな姿に子どもたちの成長を感じた最後の運動会でした。
17:06
2014/10/01

きれいな色になったよ!

| by:幼稚園

 4歳になってはじめての絵具遊び。絵具を霧吹きに溶き、保護者の方からの御協力で集めたシーツに向かって「シュッシュー!」とふきつけると・・・色がにじんできれいな色に!「ピンクだー」「ここは紫になったー」ときれいな色に驚きと喜びの様子。白のシーツがあったいう間に変身!こんな絵具遊びも楽しいものです。このきれいな布は、運動会で大活躍しますので、お楽しみにしてくださいね。これからも絵具を使って様々な表現遊びをしていきます。
14:54
2014/09/26

どんぐり流し

| by:幼稚園
千葉大学教育学部附属幼稚園は別名「どんぐりようちえん」(?)
今年も園内にたくさんのどんぐりが落ち始めました。
花組さんは、こんなにたくさんのどんぐりを見たのは生まれて初めてかも知れませんね。
夢中になってドングリを拾い集めました。
「太っちょどんぐりだ」「これは(緑色だから)メロンどんぐり」「赤ちゃんどんぐりもいるよ」「これ、帽子かぶってる!」など、子どもたちは目を輝かせながら保育者に話しかけてきます。

さて、たくさん集めたどんぐりはどうしよう?
教育実習生と相談しながら、“そうめん流し”ならぬ“どんぐり流し”をしました。
流れたどんぐりはプールの中に…。“どんぐり温泉”も楽しんでいます。

次は何をしようかな?!
秋の自然の中で、いろいろなものを見たり、直接触れたり、試したりして、楽しみましょう!
16:24
2014/09/16

居心地のいい場所(年長)

| by:幼稚園
残暑が少し落ち着いて、外遊びにいい季節になりました。
再び始まった園生活で、年長さんはまた、自分たちの居心地のいい場所を作り始めています。
1学期に遊んだ場所を思い出して作り出したお友達もいます。
ところが、雨が降った翌日「あ~ぬれちゃったよ」とがっかり。また、いろいろな子に触られるのにも困ったり…。
遊びにじっくり取り組みたい思いが表れていました。

         
そこで、引っ越しを始めました。車を使ってなかなか、いい考えです!「ひっこしの!〇〇」と声をそろえながら力を合わせていました。

         
保育室では楽しげな制作が始まっています。穴の開いている箱に仕掛けがありそうですね。
気の合う友達とかかわる時に、場所を囲うことが「自分たちの遊び」につながっていくようです。アイディアをお互いに出し合いながら遊びを進めています。

この時期、仲良しの友達と膝を突き合わせて「語る」姿も見られます。
「自分の場所」が「自分たちの場所」になり、年長児の物語が始まっています。
         
16:16
2014/09/05

幼稚園がはじまったよ!

| by:幼稚園

花組さんにとっては初めての長~い夏休みが終わって、新学期が始まりました。
まだまだ調子の出ない先生と違って、子どもたちは元気いっぱい!早速、花組前にビールケースやすのこを運んでお家を作りました。登ったり、くぐったり、飛び跳ねたり…。
2学期は楽しいことがたっくさん!いっぱい遊ぼうね!
14:25
2014/08/23

園庭整備、そして吉報

| by:幼稚園
今日は暑い中、大勢のお父さん、お母さん方、朝早くから園庭整備をありがとうございました。

夏休みの間に草が伸び放題だった園庭が、さっぱりしました。
虫取りがたくさんできるように、草むらも残しながらの作業でした。

また、子どもたちがこれからたくさん使うすのこやベンチも、拭いていただいたりニスを塗っていただいたりしてきれいになりました。

そんな作業の中、カメの赤ちゃんが卵から産まれました!
あれ、あれ、とカメサークルの草むらで赤ちゃんがみつかりびっくり。
午後にもあと2匹みつかって(多分時間差で産まれて)みんなで6匹!
元気に育ちますように。
          ちっちゃい~
            

          子ガメたち                                         
          

    これは、お母さんのななちゃんです!                
          

 9月に会えるのをお楽しみに。来週は園庭開放もあります。よかったら、おでかけください。
 
14:56
2014/08/22

ニワトリもスイカも元気です【年長】

| by:幼稚園

夏休みも残すところわずか
まだまだ暑い日が続きますが
年長組のおにいさん、おねえさんたちがニワトリのお世話にやってきてくれています。
包丁さばきもサスガです!
「おうちでもやってるからね!」と胸を張って語る年長児の姿から、
夏休みにまた一段と成長したことが感じられました。

子どもたちが野菜を切る「トントントン」という音を聞いて、
ニワトリたちも「もうすぐ2学期かな?」と感じているかもしれません。



さて、夏休みが始まってすぐにカラスに食べられてしまったスイカですが、
そのあとで2つ実をつけました。
今度はネットをかけて、みんなで一緒に食べることが出来るようにしました。
みんながくる頃には、大きくなっているかな?


そしてキュウリ・・・・
こんなキュウリができていました!
何に見えるかな?

夏休みの間に、部屋もとってもキレイになりました!
どんなふうにキレイになったかはお楽しみです!

元気なみんなに会えるのを楽しみにしています!
10:07
2014/07/16

幼稚園の大掃除パート2

| by:幼稚園

これは、なんでしょう?
こどもたちが頑張った証です。
「こんなに黒くなったよ」と雑巾を見せてくれます。
引き出しや床、棚を丁寧に拭いていました。
中には、桟を掃除する子もいました。
「この場所を掃除するのをよく知っているね」「だっておうちでやってるもん!」
家庭の経験が幼稚園でも現われているようです。
最後にみんなで「冷たくて美味しいジュース」を飲んで楽しいひとときを過ごしました。
9月からまた、楽しい保育室にしようね。
16:30
2014/07/16

幼稚園の大掃除!

| by:幼稚園

あと一日で1学期が終わります。今日は、大掃除!三角布を身につけて
やる気一杯のこどもたちです。
自分たちが使ったすのこやベンチを運んでいるところです。
友だちと一緒に運ばないと持てません。「こっち持って」「いいよ」と声をかけあっていました。
「あつい!あつい!」といつのまにか、友だちと一緒に掛け声をかけながら運んでいました。
9月になったら、すのこやベンチを使ってたくさん遊ぼうね!
16:05
2014/07/11

キュウリ物語 【年長】

| by:幼稚園

5月にチューリップの球根を掘り返し、その後にミニトマトとキュウリの苗を植えました。



6月になるとつるを伸ばして
花芽をつけ始めました
この時点では、子どもたちは「伸びてるな~」程度で
キュウリと苗とはそれほど結びついていないようでした。

しかし、、これを見た子どもたちは「えー!」とびっくり
「キュウリの赤ちゃんだ!」と


それから、毎日登園するとすぐにキュウリの様子を確認しに行く子どもが
増えてきました。
目に見える変化は、この時期の子どもたちの好奇心をくすぐります。
そして、食欲もそそります!
春先のスナップエンドウを美味しく食べた子どもたちなので、
今度はどんなに美味しいきゅうりが出来るかと興味津々な様子でした。



週明けにこのキュウリを発見した男の子。
収穫するとこのキュウリを幼稚園中走り回り「できたよ~!きゅうりできたよ~!」と
みんなにお知らせしていました。
自分の喜びを『伝えたい』、『みんなとこの喜びを共有したい』
という年長ならでは『伝える』という姿が見られました。

収穫したばかりのキュウリには刺があります。
その刺を食べやすいように?一本一本切る姿も
それぞれがキュウリと出会う姿が、色々な場面で見られました。



翌日から朝に収穫したキュウリは、弁当の時間や、遊びの中で「キュウリレストラン」
を設けて食べています。
塩味のキュウリが大好きな子どもが、何も味付けをしないキュウリを食べて
「これも美味しいね!」とつぶやいていました。

時間をかけて育つのを待ち、自分たちで収穫をして大切に食べる
そんなことのよさを感じさせてくれるキュウリに感謝しながら
日々収穫を楽しみにしている幼稚園のみんなです

連休明けには30cmを超えるキュウリも!
毎日が驚きのキュウリ物語です。
14:59
2014/06/27

晴れ子ども!?

| by:幼稚園

今週は不安定な天候が続きました。
26日(木)も、朝からどんよりとした空模様だったので「水遊びは出来ないな…」とあきらめていたのですが、子どもたちが登園してくると太陽が顔を出し、夏の日差しが戻ってきました。
すごい!晴れ子どもだ!!

小回りの利く花組さんは、「さぁ、やるよ!」とプールに水を汲んで水遊びを楽しみました。
まだ、顔に水がかかるのは苦手な子もいますが、冷たい水を体に浴びて、ワーワー、キャーキャー大騒ぎ。「水って気持ちいい」、体も心も開放して楽しみました!
15:43
2014/06/25

ステージで熱唱!

| by:幼稚園


 年中組保育室からすぐ出た場所に野外ステージがあります(今年になってステージがきれいになり、音響も野外用になりリニューアルしました)

登園すると、今人気の「アナと雪の女王」になりきって熱唱しています。

 マントを身につけて踊ったり主人公になりきって表現したりする姿が見られます。今では、友だちと声や振りを合わせながら、大きな声で歌う楽しさを味わっています。

また、音楽に合わせて楽器を奏でる遊びも始まっています。

ステージにあがると気持ちも高まるようで、一人ひとりのなりきる姿はとても可愛らしいです。


16:00
2014/06/25

ピクニックごっこ

| by:幼稚園

 6月19日に千葉動物公園に遠足に行きました。

 その前に、年中さんは、幼稚園の集会室でピクニック弁当(遠足ごっこ)を楽しみました。

いつもと違うのは、レジャーシートを敷いてその上で食べる事。
  そして、保育室ではなく、集会室でのお弁当も初めてでした。食べる場所が変わることでワクワクした気持ちの子どもたちでした。自分でレジャーシートを出したりたたんだり、みんな頑張っていましたよ。


15:48
2014/06/12

おいしいおいも、ホクホク

| by:幼稚園
 みんなで植えたおいもの葉が黄色くなってきました。「枯れてる?」と心配していた年長さんですが、そろそろ食べ時なようです。
 
         
 土の中に少しかわいいジャガイモがころころとできていました。自分たちでお水をあげて世話をしてきたおいも。収穫ってうれしいですね。
さて、どうやって食べようかな。バターがいいよ、ふかしたら?、塩味!と会話が弾みました。
みんなが帰った後に、先生たちは試してみましたよ。「おぉ、これがおいしい(^^)」ということで…

        
 保育室にいい匂いが立ち込めて、待てないみんなはかわるがわる「まだ?」「おいしそう」とみにきていました。みんなで育てたものを一緒に食べるという経験は、この時期にたくさん味あわせていきたいと思いました。毎日食べているようなジャガイモですが、みんなで育てて食べるから、何倍もおいしい!そんな子どもたちの笑顔や歓声でした。

 雨が多くなってきましたが、年長さんならではの木工も始まりました。見ていると簡単そうに思えるのでしょうね。「まだ?」「遅いなぁ」なんて言う子もいます。でも、いざ自分がやるときになってみて、金づちの重さや手を打ちそうな感覚、思い通りにいかない釘に苦戦しています。一本の釘を打ち込むのに何回たたいていることでしょう。自分の力で一生けん命作ったものを大事に使う姿が見られました。小さな大工さんの誕生です。
15:57
2014/06/06

雨の日も楽しく!

| by:幼稚園

ついに梅雨入りしました…。お外で遊ぶことが大好きな花組さんにとってはちょっぴり残念な季節です。でも、お友達と一緒に1つの傘に仲良く入ってお出かけするのも何だかウキウキするね。
雨の音を聞いたり、カタツムリを探しに出かけたりしながら梅雨の時期も楽しんじゃいます!


「ミミズ探しに行こう」と森に出かけました。はじめは怖くて触れなかったミミズにも触れるようになってきました。夢の森にはミミズだけでなくハサミムシやダンゴムシもたくさんいます。幼稚園でいろいろな生き物に出会い、自分の目でよーく見たり、自分の手で触ったりして欲しいなと考えています。
15:15
2014/06/03

友達と集まって泥の感触を楽しむ姿

| by:幼稚園

  タライから流れ出る水に集まってきた子どもたち。
 「どうやって、流れていくのかな?」と水の流れをじっと見ている子、水の中で土を触っていく
 うちにドロドロになって「気持いい~」「チョコレートみたい」と泥の感触を楽しんでいる子な
 ど、 同じ場や現象を見ていても、感じることはそれぞれです。4歳の子たちは、友達と同じ
 場に集まっていることで、会話が生まれたり、「ねえ~」と同意を求めたりしてつながってい
 くのです。
  これから、水、泥で遊ぶには、楽しい季節!幼児期ならではのドロドロ遊びをたくさん
 体験させてあげたいです。
16:10
2014/04/14

ようこそ幼稚園へ!(年長)

| by:幼稚園

4月10日に新しい仲間たちを迎えた幼稚園です。
入園式では、年長組になった子どもたちが年中組の時から大切に育ててきたチューリップと一緒に新しい仲間たちを迎えました。
3月の終業式の時にはまだつぼみも揃っていなかったチューリップ。
3月末の離任式の際には、赤い花が開いていました。

始業式の朝、久しぶりに自分が植えた球根の生長との再会、
「すごーい!咲いてる!」と嬉しげな顔、
まだつぼみの様子を見て、優しく触りながら「咲いてね!」と声をかける姿、
それぞれが自分の植えたチューリップへの思いを胸に春を迎えたことが分かりました。
登園すると「まだかな~」と声をかけていた黄色いチューリップも元気に咲きました。

今年はチャボも2羽仲間入りをしました
毎日が新しい新学期です。

年長の子どもたちも新しい環境の中で
春休みに胸の中で膨らませた思いを
少しずつ咲かせている今日このごろです!

チューリップに誘われてチョウチョもやってきた幼稚園です
15:59
2014/04/04

これはなんでしょうか?

| by:幼稚園


さてこれはなんでしょうか?

正解は!



星組・雪組のみんなが植えた「ジャガイモ」です!
土の中から芽を出しました!

さて、どうなるかな?
楽しみだね!

種芋が大きくなるという人もいれば
種芋が増えるという人もいました

さてさて、お楽しみな春です!
09:49
2014/03/31

年度最後の日(離任式)

| by:幼稚園


今日はR先生の離任式でした
お世話になったR先生の門出をみんなで祝いながら
春の園庭で元気に走り回る子どもたちでした

そんな子どもたちが「うわ~!」と驚いたのはチューリップ!
星組、雪組の子どもたちで「年長になったら咲くといいね!」と球根を植えた花壇
たくさん芽を出して元気に伸びてます。今日数えたら90も!
一人一人がプランタに植えたチューリップも元気です!

次に子どもたちが登園するのは始業式。
「僕はオレンジのバッジだよ!」
「僕は水色だよ!」と嬉しげな元花組の子どもたち。
「年長になったらさ~、ここらへんで遊びたいんだよね!」と進級後の遊びの先を見ている
元星組、雪組の子どもたち。

子どもたちとチューリップの再会を楽しみにしています!


17:22
2014/03/12

年長さんとのお別れ会(年中)

| by:幼稚園

年長に進級する喜びにあふれている年中の子どもたち、
『大きくなりたい!』という気持ちをもてる子どもたちに成長を感じる今日このごろです。

年長になるということは、憧れの年長さんたちを送り出すということでもあります。
子どもたちとそんな話をしながら、子どもたちと担任たちとで、どうやって「おめでとう」の気持ちを年長さんたちに伝えようか考えてきました。

子どもたちの得意なことでできることは・・・・。「顔の絵でした」
担任間で、どうしたら子どもたちの気持ちを絵に載せられるかを考えました。
そして、今年は年長の子どもたちが元気に空に飛び立っていく「風船」というイメージで
子どもたちと送り出すメッセージ作りに取り組んでいこうと決めました。
年長さんたちの顔を思い浮かべながら描く子どもがいました。
それはちょっと難しい・・・とのことで自分なりに年長さんが喜ぶような絵を自分なりのパフォーマンスで表現する子どももいました。
クレヨンと絵の具で、笑顔でお別れができるような取り組みにしました。
「風船はどう?」という投げかけに「いいね!」、「年長さんをびっくりさせよう!」と子どもたちなりに、「送り出す」という事がイメージをもち始めたようでした。

そして、お別れ会に向けて昨年度の話をして、今年はどうしようかと投げかけ、
色画用紙のバッグに切り紙で顔を作ってそれをプレゼント!ということに決まりました。

カーテンを閉めて作ろうよ!年長さんが驚くようなものにしたい!
プレゼントのメッセージは、年長さんには集会室で聞いてもらいたいから
ちっちゃい声で話をしようよ!

子どもたちが「年長さんを送り出す」という共通のめあてに向かって、イメージを同じくしながら活動に取り組もうとする姿勢に、子どもたちの成長を感じた取り組みでした。

年長児を年中児、年少児たちで招待して行われた「お別れ会」では
自分たちの絵が風船になってステージを飾ったのをみて誇らしげな子どもたちでした。

年長さんたちと一緒にゲームをし、プレゼントを渡し、握手をして
年長の子どもたちの誇らしげな姿をみることができた「お別れ会」

子どもたちから「おめでとうの(文字の)風船は、おめでとうだけじゃなくて、『ねんちょうさん』って入れたほうが良かったかもね!」などという言葉も聞かれ、子どもたちの中に、自分たちが年長になる喜びと同時に、お別れする年長さんへの想いも胸にしながら生活をしてきたことが感じられました。

明日は修了式です。
憧れのお兄さん、お姉さんたちを笑顔で送り出します。

お別れ会では年中の子どもたちの中から出てきた言葉を4つ年長さんに送りました
・ねんちょうさん いつもやさしくしてくれて ありがとう
・ねんちょうさん いつも いつも いつも あそんでくれて ありがとう
・ねんちょうさん にわとりの おせわをおしえてくれて ありがとう
・ねんちょうさん しょうがっこうにいっても げんきでね

さて次は君たちの番だよ!
17:26
2014/02/28

ピクニックお弁当

| by:幼稚園

2月27日、今年度最後のお弁当(年長さんをのぞく)!
ということで、「自分のクラスだけじゃなくて、どこのクラスで食べてもいい」という
『ピクニックお弁当』の日にしました。
前日、そのお知らせを聞いた子どもたちはわくわく、どきどき!


お昼ごはんの時間になると、レジャーシートを持って、各々が行きたいクラスに出発!

月組はこんな感じ


花組はこんな感じ


なかよし広場で食べている人も


いつもとは違う雰囲気にどきどきした表情の子も、
他のクラスの子と一緒に食べられてうれしそうな子も、
「花組さんの○○ちゃんと一緒に食べようと思って花組に来たのに、○○ちゃんは空組に行っちゃったみたい~」
なんて子もいました。


お弁当後は、花組や年中さんの手を引いて一緒に遊びに行く年長さん、
年長さんの遊びにまじってみる花組さん、
今まであまり行ったことのなかった他のクラスを探検する子…など、
いつも以上に他クラスとの交流がありました。


「ピクニックお弁当」は、子どもたちにとって特別な日になったようです。
「またやりたい~!」という声がたくさん聞かれましたが、
それは来年度への、「お・た・の・し・み」です(^^)
15:16
2014/02/21

修了間近 (年長組)

| by:幼稚園

3月に修了を迎える年長組。「一年生になるから新しい年長さんにニワトリをお願いしよう」と、お世話の仕方を教えてあげることにしました。包丁の使い方や掃除の仕方など、丁寧に優しく教えてあげていました。年長と年中のペアになっているので、互いの名前を覚えて仲良くなす姿も見られます。
17:21
2014/02/12

ゆき!ゆき!ゆき!(年中)

| by:幼稚園
子どもたちには特大の空からのプレゼントでした
自然の偉大さや、手が届かない力があることを感じた子どもたちも
多かったのではないでしょうか。

幼稚園も真っ白!ステージも見えないほどでした・・・


残念なことに、
あちこちが凍結していたこと
あちらこちらの木が折れていたたこと
建物と庭との境が見えなくなっていて危険な箇所が多かったこと
などから10日は臨時休園となりました

こんな大きな枝が、あちこちに落ちていたり
折れたまま木にぶら下がっていたり


どんぐり広場もこの通り・・・
カラスの足跡が点々と


そして今日
元気な子どもたちの声が響く園庭では
誰も踏んでいない雪のベッドの上で寝たり
大きな山を作って登ったり
雪でごちそうを作ったり

そんな子どもたちが帰った後の園庭には
アチラコチラにかわいい雪だるまたちが




子どもたちと一緒で
子どもたちが植えた球根も
雪にも負けずに元気で芽を出してます!


明日もまだ雪で遊べるね!
空からの贈り物を体いっぱいに受け止めている
年中組の子どもたちです!
16:40
2014/02/03

鬼が来たぞー!!

| by:幼稚園

今日は2月3日、節分。
そうです、鬼が来る日です…。

年長さんは去年の経験などから、鬼が来ることを知っていたので、
先週の金曜日に…



こんな“わな”を仕掛けていました。
このわなにかかって「イタタタッ…!」となる鬼が目に浮かびますね。

このような感じで、年長さんは、鬼退治の準備を万端にして今日を迎えました。


そして今日。
年長さんと年中さんの部屋の近くに、赤鬼と青鬼からの手紙が。
「わるいこはつかまえる」

朝、その手紙を見つけた子どもたちは大騒ぎでした。
各部屋で作戦会議をしていた時、年長さんの部屋に鬼が…!
怖くて隠れる子もいましたが、果敢に立ち向かっていく子、他のクラスや花組さんの心配をしてくれる子もいました。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

一方、花組さんは…

まず、部屋で作戦会議をし、鬼をやっつける豆をもらいます。


怖い気持ちを抑えながら、部屋の中からこっそり外をうかがいます。


ちょっとテラスに出て見てみようか。


ん?なんか年長さんが叫びながら走っているよ?鬼が来たのかも…!


「こわい、こわいよう……」 急いでトイレの中に隠れます。


鬼が芋畑の方に逃げていったぞ!よし、もう来るな!
「おにはーそと!ふくはーうち!おにはーーーそと!!!」


このような感じでした。
鬼のそばまで行って豆を投げた子もいれば、
ずっとトイレに隠れていて、鬼の姿をまったく見なかった子もいます(笑)。
来年、年中さんになった時は、鬼が部屋の中まで入ってくるかも…?

もう当分鬼は来ないので、みなさん、明日からも安心して幼稚園に来てくださいね^^(笑)
16:37
2014/01/23

氷に出会った子どもたち(年中)

| by:幼稚園
寒い朝に、たまたま水が溜まっていたバケツに氷ができたのを発見した子どもたち。

「氷できるかな?」とカップやトレイに水を張ってワクワクしながら
翌日に期待をつなぐ年中の子どもたちがいました。
子どもたちのチャレンジの横に『たらい』を出して水を張り、大人もチャレンジしました。
月曜日の朝、「ねぇ!スゴイよ!」と子どもたちの声、自分たちのバケツやカップに厚さ1cm強の見事な氷ができていました。


「これもスゴイ!葉っぱも入ってる!」と子どもたちが見つけたのが『たらい』の氷。
土日の間に、風に吹かれて落ち葉や枝が入り込んだまま凍った見事な氷ができていました。
たらいから出してみると、保育者も保護者も子どももみんなびっくり!

自然の力の偉大さを氷が教えてくれました。

「別の場所にバケツを置いたらどうかな?」
「カップをかぶせておくとどうかな?」
「どんぐりハウス(広場の小屋)の中に入れておいたらどうかな?」
「のりを入れた水だとどうかな?」

年中の子どもたちなりに、
「こころ」を動かし、「かんがえ」、そしてなんだか面白そうだからやってみようと「うごいて」いました。
そんな友達の姿を見て、興味をもつ子どもも出てきました。クラスのみんなで話題にすることで友達の取り組みに関心をもつ子どもも見られました。
「◯◯ちゃんのがすごかったよね」などという、かかわり方の広がりを読み取ることの出来る言葉も聞かれるようになった今日このごろな星組・雪組の子どもたちです。


雪の残る朝には、早速カップに集める子どもたち。
登園するとすぐに戸外に走って出て行きました!


「これに色水をかけたらかき氷だね!」と
これまでの経験(色水)と新しい氷との出会いを関連づけて
遊びに向かおうとする姿も見られました。

数日後、再びたらいに薄い氷が張りました。
その氷にバケツの氷を乗せて「二段氷!」と


「あっという間に壊れる儚さ」と
「寒くなれば次も必ずできるはず」という見通しと
「任せて待つ」ことで得られる喜びと

氷との出会いを通して子どもたちが気づくことは多様です。
そんな一人一人の出会いを、遊びの中でつなげながら
子どもたちと3学期をデザインできることに「わくわく」しています。
17:21
2014/01/22

ミュージカル公演

| by:幼稚園
  今日は幼稚園にきて、みんなびっくり!
 
 
園庭が雪でうっすら、真っ白。
まさかの、雪化粧だったのです。あっという間にとけていきましたが、手に載せ、集め、まるめて…うれしい空からの贈り物でした。
 

 そして、教育学部幼稚園教員養成課程3年生の学生さんたちによる、ミュージカルの公演がありました。実習に来てくれた先生たちが演じてくれたのは「北風のくれたテーブルかけ」です。歌、踊り、演奏とすべてをこなす舞台に、子どもたちも真剣な表情で見ていました。 
       


        
  
 
   
 
 

 
 
 
  「えっここで子どもたちは笑うんだ!」「この場面が楽しめるんだ!」と大人に予想がつかな  
  い反応も、面白かったです。
  
 

  学生の皆さん、観劇の機会を作っていただき、ありがとうございました。



20:25
2014/01/17

寒さに負けないぞ!(花組)

| by:幼稚園

新年になり、3学期がはじまりました!
冬休みに様々な体験をし、子ども達がなんだかひとまわり大きくなったように感じます。

最近は、朝晩だけなく、日中の冷え込みも厳しくなってきています。
幼稚園に来てみると、園庭の山が真っ白!



一面に『霜柱』が広がっていたのです。
その様子を見て、「あつめてみよう!」と花組さん。
バケツやおなべを持ってきて、寒さに負けず、一生懸命集めていました。



「これもってかえるー!」と言って袋に詰めた子も。
しかし、帰る頃には…
「あー!チョコレートになっちゃってるー!なんでー!」
霜柱がとけてどろどろになってしまっているのを見てびっくりしていました。
冬ならではの自然のおもしろさを、全身で感じて、かかわっていってほしいと思います。


また、今週から花組さんのお部屋に、新しく『ウレタンつみき』がやってきました。



積んだり並べたりして、
おうちにしてみたり、シーソーを作ってみたり、温泉にしてみたり、迷路にしてみたり…
自分達で想像力をはたらかせ、様々な場を作って遊んでいます。
アイディアマンな花組さんが、これからどんな遊びを生み出すのか、楽しみな毎日です。


寒さに負けず、外でも部屋でも、元気に思いっきり遊ぶぞ!えいえいおー!
14:00
2013/12/12

おおそうじ!(年中)

| by:幼稚園
年中組になって2度目の「おおそうじ」
幼稚園では週ごとに学年の「ねらい」を立てて週の計画を作成しています。
今週のねらいの1つは「生活の中で自分でできることをする」でした。

「もうすぐ冬休みだね、準備も必要だね!」という話をすると
「おおそうじ!」との声があちこちから

子どもたちにとって幼稚園での「そうじ」は「おおそうじ」
毎日の「そうじ」は「片付け」なのかもしれません。
(日々の片付けの中で、ゴミを拾ったり、使った場所をきれいにしたりはしています)

昨日の降園時、
「明日は何を持ってくるでしょうか?」と投げかけると
「さんかくきん!」と子どもたち
「おおそうじ」への期待が高まっていることが感じられました。

そして「おおそうじ」本番。
登園するとすぐに三角巾をかぶり(失敗も多いですが、自分でしようとチャレンジ!

自分の使ったものと、みんなが使ったものを雑巾できれいにしよう!
と確認をして、雑巾片手に大掃除が始まりました。

イスや引き出し、ロッカーなどの自分のものを終えると、
「これもいい?」「ここはよごれてる!」とそれぞれが自分の見つけた場所を拭いていました。
担任が「あれ、ココが汚いかも」とつぶやくと、ワーッと集まる子どもたち。
そして、「あっちも汚いかも」とつぶやくとワーッと引っ越す子どもたち。

最後にみんなで床拭き!
色んな物をテラスに出して広くなった保育室で「よーいドン!」と雑巾がけ!
人間自動掃除機になりグルグル回りながらの雑巾がけも圧巻でした!



また、汚れた雑巾を自分で洗ってさらにきれいにしようとする意欲的な姿も!床には水たまりが出来ましたが、それも意欲の現れ!

「こんなにまっくろになったよ!」と自信満々の子どもたち!




年中ならではの「自分でできるよ!」という前のめりな姿が多く見られました。

今週のねらいである「生活の中で自分でできることをする」を「おおそうじ」を通して経験した子どもたちでした!掃除の後は美味しいみかんをみんなで食べました!

明日で2学期も終わりです。
今日は部屋の掃除は子どもたちとしたので、いつもの担任の掃除はトイレがメイン。
トイレ掃除をしながら子どもたちの成長した姿を話しながら、3学期が楽しみになってきた担任2人でした!
16:53
2013/12/05

わくわく発表会Ⅰ(年長) 

| by:幼稚園
12月3日、5日に年長組の発表会が行われました。年長の出し物は、「くっくるんをたすけだせ!」です。くっくるんがダークギンガという子どもたちが考えた悪者につかまってしまい、助け出す為に「かっこいいことを見せろ」というダークギンガの手紙を見てそれぞれのグループが自分たちの得意なことを披露することにしました。
 この写真は、技グループのメンバーが重量挙げを披露するために準備をしているところです。このほかにもボーリング・バンド・踊りなど、子どもたちが考えた出し物を披露しました。最後にはみんなの力を合わせてくっくるんを助け出すことができました。
 このわくわく発表会に向けて、特別なことをすることではなく、普段の遊びで行っていることをそのままステージで披露できるようにしていきました。子どもたちが自分たちの発表会という思いをもって友達と決めたり話し合ったりすることを大切にして進めてきました。
 発表会を終えた子どもたちの表情は満足感、達成感にあふれていました。
15:07
2013/11/29

えいえいおー!(花組)

| by:幼稚園

園外保育!
じっくり手洗い!
巨大おいものおやつ!
ここ2週間の花組さんは、いろんなイベントを経験しました。




まず、先週の園外保育。

初めての「幼稚園の外」への冒険。
葉っぱのいろんな色やカサカサ感、空まで届くような大きな木…
「ねぇ、みてー!」と、いろんな発見の声が聞こえてきました。
全く経験のなかった『列になって、並んで歩く』こともちゃんとでき、
ひとまわり大きく成長したように感じました。



1時間くらいの園外保育でしたが、たくさん歩いて、たくさん感じて、がんばりきった花組さんは、へとへとになっていました。

…と思いきや、
園に帰ってくると「きょう、まだようちえんであそんでない!」と言い、
園庭でも遊びまわっていた花組さん。
あの小さい体の中に秘めたパワフルパワーは未知数だと、実感しました(笑)




次に、じっくり手洗い。

風邪が流行ってくる季節になりました。
普段から手洗いはしていた花組さんですが、
「♪てーをあらおう、てをあらおーう おみずでぬらして せっけんつけて…」
手洗いの歌に合わせて、指の間、手首など、じっくり手を洗う練習をしてみました。

その後、手洗いの様子を見ると、
真剣な顔で、手をあわあわにして、指の先から手首までじっくり洗う様子が見られました。
ご家庭でも、そんなじっくり手洗いを応援してあげてください。




そして、今日の、花組だけの特別なおやつ。

畑でとれた、巨大おいも!
大きすぎて焼きいもにはできなかったので、ゆでて、花組さんのおやつにしました。
朝から「きょうのおやつはおいもでしょ?」と、わくわくしていた花組さん。
とーーっても甘くておいしい!
ぺろりと食べ、満足満足!な花組さんでした。


2学期もあと少し。
風邪に負けず、元気に遊ぶぞ花組さん!えいえいおー!
15:48
2013/11/20

渋い4歳児 【年中】

| by:幼稚園


園内には柿の木が数本あります
右が夢の森の柿の木がつけた実
左は空組の隣の柿の木がつけた実

降園時に「この柿どうしようか?」と話題にすると
「食べたい!」と子どもたち。
「じゃあ、今日は時間がないから、食べられるか食べられないか先生が試しに食べてみるね。もし食べられなかったら残念だけれど・・・」と話すと。

「干せばいい!」とある子が言いました。

夢の森の『丸い柿』は甘くて食べることができました
空組の隣の『細長い柿』は渋くて食べることができませんでした

弁当の時に子どもたちに「甘くなかった柿」の話をすると
「渋柿だよ!」という声が出ました。

「渋いって?」と問いかけると
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「あのさー、ちょっと食べてみない?」と投げかけると

「いやだ~!」という声
「たべたい~!」という声

ポケットナイフで爪の大きさぐらいに切ったものを
「食べたい」という子どもたちの口に。

恐る恐る口にする子どもたち
「苦い~!」
「ひ~!」
「水~!」
「甘酸っぱい~!」
という声、それを聞きながら顔をしかめる食べなかった子どもたち

一方で
「これおいしいよ!」
「もう一回食べたい!」
という声も、それを聞きながら「ほんとに?」という顔をする食べなかった子どもたち

同じ柿を食べても感じ方は多様。
それぞれの「かんじる」があることに出会った4歳の子どもたちでした。
食べた人は食べて「感じ」
食べなかった人は、食べた人の顔を見ながら「感じ」
ともに「渋い」を共有する機会となりました。

「渋さ」についての子どもたちの声を聞きながら、

同じ体験をしても、一人一人の感じ方は異なる。
そのことを感じながら、自分を取り巻く色々な人たちとのかかわりの中で
それぞれの「かんじる」を大切にしながら、
「それでも手を組んで歩いていく子どもたちに育って欲しいな」と願いました。

渋い柿はテラスに干しました。
「甘くなるかな?」
登園すると「カラス食べてないね、やっぱり渋いからかもね!」と話す子どもたち

子どもたちのワクワクな思いが、きっと柿を甘くしてくれることと思います!


15:54
2013/11/14

初めての焼きいも!(花組)

| by:幼稚園

今日は待ちに待った焼きいも大会の日!

花組さんは朝から、大きなたき火とモクモクした白い煙にびっくりしながら登園しました。

おいもを新聞紙でまいて、ぬらして、アルミホイルで包んで準備OK

「あ、マイクの形してる!」「なんか、玉ねぎみたーい!」

銀色のおいもは、いろんな物に見えてきたようです。




準備ができるまで、花組のテラスに座って、大きなたき火をわくわくした目で見ていました。
みんなでたき火においもをポーンと投げ入れ、じっくり焼くこと、約1時間…。




たき火に使っている落ち葉は、前日までに年中、年長さんたちが集めてくれていました。
 

その様子を花組さんは見ていましたが、今日、どうやら『本物のたき火』を見て、
「そうか!たき火には落ち葉が必要なんだ!」という実感がわいたようです。

焼きいもができるまでの間、今までやったことのなかった落ち葉集めを、せっせとやっていました。




焼きいもができて、すのこに座って、いただきまーす!

「あつい!ふーふーしないと!」「焼きたてっておいしいねぇ」「あまーい!」

花組さんのおいもはちょっと小さめでしたが、年中、年長さんになるともっと大きなおいもを食べられるので、お楽しみに!


いも掘りや、たき火のお手伝いをしてくださった保護者の方々、本当に本当にありがとうございました。

初めての焼きいも体験から、何かを感じ、特別な思い出として子どもたちの心の中に残ってくれたらいいなぁと思います。


15:54
2013/11/08

附属小学校1年生との交流活動【年長】

| by:幼稚園
 
11月7日(火)に千葉大学教育学部附属小学校の一年生が幼稚園に来て附属幼稚園年長組と交流をしました。あいにくの雨で戸外での活動はできませんでしたが、集会室で「手つなぎかけっこ」や「玉入れ」を楽しみました。その後、昔遊び(おはじき お手玉 けん玉 こま)を一緒に行いました。頭を突き合わせて一年生と夢中になっておはじきをしている様子です。

15:55
2013/11/08

「土」に出会った子どもたち【年中】

| by:幼稚園

年中クラスの子どもたち
砂の面白さとはまた違った面白さがある「土」に出会いました。
土と対話をしながら、土を通して友達と対話をしながら、
遊びを作り出すようになってきています。



小さいのから



大きいのから



キバナコスモスと一緒なのから



積んだものまで



はめてみたり



松の木に登らせてみたり

土との対話を通して「こうしてみよう」と考える。
友達との対話を通して「ねえ!こんなのどう?」と考える。
操作性の高い土とのかかわりを通して、
「創る」ことの楽しさを味わう子どもたちが増えてきました。

これまで、絵や、歌や、踊りや、ごっこ遊びなどで表現してきた子どもたちが、
もう一つ「自分の手で創りだす」という方法を獲得しました。

自分の手で「創る」ことも立派な表現です。

同時に「だんご」を軸にして子ども達のつながりが広がってきています。
そして最近流行りだしたのが、「ピカピカだんご」
さてどうなるか?お楽しみに!
15:49
2013/10/28

なっとうまきください!(花組お寿司屋さんに行くの巻)

| by:幼稚園
 金曜日から、年長さんの威勢のいいお寿司屋さんに呼ばれて日参している花組です。
1学期に行った焼きそばやさんでは、黙って座っていても焼きそばが運ばれてきました。
 ところが、お寿司屋さんでは自分で注文しないと出てきません。なかなか言えない花組さんに、年長さんが「何にする?かっぱ巻き?いくら?」と聞いてくれます。隣に座ったお友達が、一緒に注文してくれる場面もありました。
 でも、慣れてくると、「なっとうまきください」「たまご!」と自分の好きなものが言えるようになってきました。また、周りをみて、友達の注文したものを言ってみたりもしています。
年長さんと会話をすることは、花組さんにとってかなり勇気のいることなのですね。
 遊びの中で自信をつけていく様子がみられました!

           
 
 秋晴れの中たくさん遊んでおなかがすいた頃、「お外でおべんと食べる?」という子ども達。
今日はテラスで園庭を見ながらのお弁当になりました。
 カラスがいたり、ハトがいたりする様子を見ながら大喜び…おいしかったね。
             
 最後に「きのこ便り」です(^^)
 今年もたくさんのきのこに出会えたのですが、名前が全然わかりません((+_+))
 あっという間になくなっている、そんな園庭のきのこたちです。
   
              

     
15:37
2013/10/18

どんぐりショップ(年長組)

| by:幼稚園


幼稚園にはたくさんのドングリが落ちています。ひとくちにドングリと言ってもいろいろな種類があるのを知っていますか?附属幼稚園には現在4種類のドングリがあります。「どんぐりノート」(文化出版局)という絵本の中でわかりやすく紹介されています。各保育室にもありますので、子どもたちと一緒に調べてみたいと思います。


子どもたちも今の時期になると遊びの中にたくさんのドングリを取り入れて楽しむようになります。
年長組では一つ一つのドングリにかわいい顔を描いたり、アクセサリー作りに使ったりしています。貝殻やペットボトルのキャップと組み合わせるアイディアも子どもから出たものです。お店でドングリをお金の代わりに使うこともあります。ドングリ通貨???
自然からの贈り物を自分たちの手で素敵なものにしていけたらいいですね。

明日は公開研究会・・・たくさんの参観者の皆さんにも素敵などんぐりショップを見ていただきましょう!
16:23
2013/10/11

【年中】リズム遊びがつなぐ子どもたち

| by:幼稚園


運動会が終わり、他学年からたくさんの刺激を受けた年中の子どもたちです。

そこで、ステージに設定しているカセットの曲をすべて運動会で使った曲にしました。
憧れの年長さんのリズムを踊っていたら、年長さんが教えに来てくれました!
味噌樽やポリバケツの太鼓を打ち鳴らしながら元気に踊る子どもたち。
気がつくと、花組も、雪組も、星組も、月組も、空組もみんなが揃っていました。
リズム遊びが子どもたちをつなぐ役割を果たしています。

運動会はそんなきっかけにもなります。
年中のみんなで元気に踊った「ココ☆ナツ」も大人気!

共有しやすい太鼓のリズムと、
みんなで一緒に楽しんだ運動会での経験

みんなで一緒に「うごいたこと」を楽しいと「かんじる」。
そして、次はどうしようか?と「かんがえる」。

年長のお兄さんが「お客さん呼びたいな~」とつぶやいていました。
年中の子どもたちがこれからどんな刺激を受けるかが楽しみな週末です。
三連休明けの幼稚園が楽しみです!
15:06
2013/10/04

もうすぐ運動会!(花組)

| by:幼稚園
明日は、どきどきわくわく運動会!
お天気はちょっとあやしいですが…

ほとんどの子が「運動会は初めて!」で、まだ実感がわかない子もいるようです。
予行練習では、年長さんの足の速さにびっくりしたり、
年中・年長さんのリズムを、花組席で一緒に踊ったりしていました。


最近、他のクラスが園庭で運動会の練習をはじめると、花組さんは興味しんしん!



今日も、テラスに出て年長さんの踊りを一緒に踊る子も。
運動会が終わったら、教えてもらいたいなぁ~!

また、雨の日には、保育室内で、先生が背負っている箱に玉を入れる、という玉入れを楽しみ、
花組さんは張り切りモードです。


初めての運動会で、お客さんの多さにびっくりしてしまう子もいるかもしれませんが、
温かい声援を、どうぞよろしくお願いします(^^)
14:28
2013/09/26

【年中】秋の景色&こんなふうになったよ Part4

| by:幼稚園
戸外で運動会に向けて体を動かすのが心地よい季節となりました。
年中組の子どもたちも、戸外で身近な自然に触れながら、それぞれの秋を楽しんでいます。

保育室の壁面も秋になりました

雪組の壁面はサツマイモと染め紙の落葉


星組の壁面は大きな落葉と小さな落葉

今回の年中組の壁面づくりでは、クレヨンで絵を描き、その上から絵の具を塗って楽しむ「はじき絵」を個人の作品として作りました。

自分の作品が見えること。友だちの作品が見えること。
表現することと観ることが同時に経験できる壁面作りは遊びの中にも生かされてきます。
早速、サツマイモやさんが出たり、はじき絵の落葉チケットが作られたりしています。
子どもたちの遊びの広がりが楽しみな秋です。

テラスのスイカですが、9月初旬に2つ目のスイカもヒビが入ってしまいました・・・


しかし、今回スイカは美味しそう!子どもたちと「食べよう!」ということになり、
午前中、冷蔵庫で冷やして、お弁当の時にスイカを60切れに切り分けて、
ほんの数センチのスイカをいただきました。甘かった!


何でもプランタンには、現在、柑橘系とビワの芽が出てきています。
さてどうなることでしょう、ワクワクな感じのテラスです。
17:29
2013/09/25

年長組少し早いイモ掘り

| by:幼稚園


年長組保育室前で麻袋に土を入れ、そこにサツマイモ
苗を植えました。そのサツマイモが大きくなったので
「イモ掘りしよう!」ということになりました。
「面白い形!」と大喜びの子どもたち。サツマイモだけではなく
こんなに長い芋づるにも大喜び!電車にしたり綱引きにしたりして遊びました。
芋づるは子どもにとって楽しい、工夫できる遊具に変身です。
11月には、たくさんのイモを掘るぞー!と今から楽しみにしています。
16:21
2013/09/10

ワイワイえのぐ遊び!!(花組)

| by:幼稚園
 今日はみんなでえのぐで遊びました。
初めてえのぐというものに触れるお友達も多かったのではないかと思います。
だから、思いっきり楽しんで、えのぐ大好きになってほしい!
みんなで遊ぶ楽しさを感じてほしい!

みんなの楽しみ方は、とてもとてものびの~び。
わーいわーいとにぎやかな時間になりました。
(元気に遊びすぎて、帰りは脱力していました。)

        

                   
                   
 ☆どんどん脱ぎ始めてしまって写真はここまで^_^;
   その後、寝転がったり…どこかでみた前衛美術みたいになりました!
16:05
2013/09/04

みんなノリノリ♪

| by:幼稚園
 夏休みが終わっても、暑い暑い毎日です。
今日は8月のお誕生会。暑さも吹き飛ぶ楽しいお客様がきてくださいました!
お名前は中村哲也さんですが、みんな“もじゃもじゃくん”と命名して、すぐに連呼しはじめました。
 ユニークなパーカッションにまず「ん?!」となった子どもたちは、いろいろな音にからだを揺らし、足を踏み鳴らして、大喜び。
 子どもたちのノリの良さに会場は熱気に包まれました。
 音ってこんなにウキウキするんだなぁ。
 みんなで聴くとなんて楽しいんでしょう。

        
 さて、途中ですごいハプニングが起こったのです。
 もじゃもじゃさんが!!(^o^)/
 目が点になっていた子どもたちも!!(ヒントは顔より上)
 もっともっと、聞きたかった、そんな時間をありがとうございました。

  追伸: その後粘土遊びをしていた花組さん。
       げんこつに粘土をかぶせて「もじゃもじゃくーん」と盛り上がりました(^^)
15:30
2013/08/23

こんなふうになったよ Part3

| by:久留島


スイカですが・・・・
残念ながら割れてしまいました・・・



プランタの裏のスイカは割れていないので、
割れたのは太陽の陽が当たりすぎてしまったことが原因かもしれません。
幼稚園が始まるまでにどうなっているか楽しみです。

新学期まで後少し。
生活のリズムを整えながら、
元気な新学期を迎えることができるように準備します!

年長さんたちのお世話に来てくれたので、
今日のニワトリたちは、とても嬉しそうでした!
11:13
2013/08/19

暑い、暑い^_^;

| by:幼稚園
毎日猛暑の千葉です。セミが元気いっぱいの幼稚園!
今日はニワトリのお世話に年長さんが来てくれました(*)
食べきれないくらいなっているミニトマトの収穫もしてもらい、本当によかったです。
採れたては甘くておいしかったね!
また明日もよろしくお願いします(*^_^*)

*うっかり早めにやってしまい、できなかったみんなごめんなさい。

花組の緑のカーテンも立派になっています。ゴーヤもたわわです。
           
13:46
2013/08/07

こんなふうになったよ Part2

| by:久留島


あっという間にこんなに大きくなりました

プランタの後ろ側にも


カボチャはなかなか実がつかないのですが・・・・

キバナコスモスも大きくなってきました。
なんでもプランタからは誰が埋めた種だかわかりませんが、
ミカンのような芽も出て来ました。

子どもたちとおんなじ様に幼稚園の植物も大きく成長しています!
08:54
2013/08/01

こんなふうになったよ

| by:久留島
テラスの『ゴーヤ』と『なんでもプランタ』

ゴーヤは終業式の前日



子どもたちに「これからどうなるかな?」と話すと
『もっと長くなる!』
『オレンジになる!』
という声が聞かれ、
『先生が食べておいてもいいかな?』というと
『どうなるか見たいから取っておいて欲しい!』と

とっておいたらこうなりました!



そして、『これ、なんだろうね?』
と話していた「なんでもプランタ」から伸びてきたものは・・・・
なんと



スイカでした!



さて、大きくなるかな?
お楽しみな夏です。
10:44
2013/07/20

ぱぱあずの作業、ありがとうございました

| by:幼稚園

今日、ぱぱあずの作業をしました。
それほど暑くなく、作業日よりといってもよかったかもしれません。
子ども達もお父さんのお仕事の応援に来ていました。

ベンチとテーブル作り、ニス塗り、子どもたちが遊びに使う柵の補修、つつじの撤去(木と木の間にロープを張るため)をしていただきました。
つつじの撤去グループは、思いのほか早くノルマが終わってしまい、「やったー」と思ったら、追加の作業も入り、大汗・・・。(幼稚園としてはありがたかったのですが・・・ありがとうございました)

元PTA会長さんからアイスクリームの差し入れもありちょっと一服もできました。

昨日から夏休みに入りましたが、9月、子どもたちが園庭に戻ってきたら、保護者の方々が整備してくださった園庭で、また元気に遊べます。
本年度もたくさんの方のご参加ありがとうございました。

※このお写真は、作業者全員、写ることができるようにと卒業生の男の子がとってくれました♡
 
  たくさん参加してくださったので、一人一人が小さくなってしまってすみません。
17:41
2013/07/18

がんばったね、大掃除!(年少)

| by:幼稚園
 
 
 もうすぐ夏休み。…ということがなかなかイメージできない花組ですが、きょうはみんなで保育室の大掃除をしました。
 
 新しい三角巾は“やるきグッズ”になります。真っ白な雑巾もピカピカにする“魔法のぞうきん”です。小さい手で、一生懸命ふいて、お部屋はさっぱりしました。


   
                                    
   掃除なんてしたことがないだろうなぁ、というみんな。初めてのお掃除はどうでしたか?
なんだか、みんなでやると楽しいね!
 1学期の間に、みんなにクラスの一員であるという気持ちが芽生えてきたことをうれしく感じながら、大掃除をやった担任2人です。
 「9月に、きれいなお部屋だと、またたくさん遊べるね 」と強調しておきました(*^_^*)

<  (久々)きのこ便り  >

  こんなきれいなきのこをどんぐり広場でみつけました。スクッと立つ姿がきれいです。
 
名前ははっきりわからないのですが「つるだけ(鶴茸)」に似ているかも。確かに鶴のような。
 猛暑のせいか、今年はきのこが少なかったなぁ。
  
       

    
21:14
2013/07/09

さて、これはなんでしょうか?(年中)

| by:幼稚園


さて、これは何の写真でしょうか?
場所は『どんぐり広場』
この作品を作ったのは『星組・雪組の子どもたち』です。

正解は






子どもたちが大騒ぎしながら、シャボン玉でつくった作品でした!

どんぐり広場では、今年もシャボン玉がたくさん!
どんぐり広場から、幼稚園のあちこちへ、そして幼稚園の外にも
シャボン玉が飛んでいきます。

年中クラスの子どもたちにとってシャボン玉はどのような意味を持っているでしょうか?
そして、どんなことを経験しているのでしょうか?

シャボン玉は、自分の力で水溶液から形のあるものを作ることができます。
子どもたちは、自分の力の凄さを実感します。何度も繰り返します。
何度も繰り返すと、シャボン液の特性に気づき始めます。
もっと大きなものを作ろう!と考える子どももいれば、
もっとたくさん飛ばそう!と考える子どももいます。
水を入れたらどうだろう?と考える子どももいます。
もっとたのしいことを考える子どももいます。
そんな気持ちを支えているのは「自分の力で創造出来る!」という自信だと考えます。
シャボン玉は子どもたちに「意欲」をもつことの心地よさを経験させてくれます。

シャボン玉が媒介となって、子どもたちはイメージや、ワクワク感を共有します。
まだまだ、言葉で自分のイメージや気持ちをうまく伝える事ができずにもどかしさを感じている姿が多く見られる年中組の子どもたちです。
だれでもシャボン液を吹き口につけて「プーッ!」と吹けばシャボン玉はできます。
だれでも「シャボン玉」という同じものを作ることが出来るので、創造性が共有しやすく、子どもたちの共通言語になっているように見えます。

上の写真は2人の子どもたちのこんな会話からスタートしました。
A児:「ねえ、これっておもしろいよね!」
B児:「うん」
A児:「これと、これをくっつけてみようよ!」

そして、それを見ていた周りのシャボン玉職人たちが集まって来ました。

「こっちに集めたら、みんなくっつくぞ!」
「こっちへ吹け~!」
「ぜーんぶ、シャボン玉だらけにしちゃおうよ!」
「そっちのシャボン玉をこっちにくっつけてよ!」
「うわー!どんどんシャボン玉だらけになってく~!」
(その場にいたみんなで大笑い)
シャボン玉は子どもと子どもをつなげました。

数日するとこんな遊び方が見られました。
シャボン玉の池にいたメンバーの中の2人です。



「どうなるかな~」とチャレンジ!
結局シャボン玉はできずに、シャボン液が下にぽたぽた垂れたのですが、
それがこの2人には面白かったようで、
「もう一回やろう!」と何度も何度も繰り返していました。
繰り返すことでこの2人の関係がどんどん深まっていくように見えました。

そして、こんな姿も!


草の間に、シャボン玉を集めていました!
シャボン玉もくっつくし、子どもたちの気持ちもくっついているように見えました!

7月の誕生日会では、年中のみんなでステージに立ち、元気よく歌を披露しました。
みんなで一緒にすることも楽しくなってきている子どもたちです。
そんな経験も、年中のこの時期の子どもたちを、少しずつつなぐ役目を果たしています。

<私たちは、子どもたちが遊びを生み出す環境づくりをしています>
1)どんぐり広場でいろいろな遊びの場ができるように、場を作るための道具(すのこやケース、タイヤ、テーブル、ベンチ等)を用意し、安心した場所(拠点)となり、遊びが展開できるようにしています。

2)シャボン玉遊びを、自分たちの遊びとして、自分達で取り組めるように次のようにしています。使用前の吹き口用のカゴと、使用後の吹き口を入れるカゴとを用意し、自分で遊びを管理できるようにしました。そして、シャボン液はポンプ式の容器に入れて「1回3回ポンプ!30円!」と液の適量がわかりやすいようにしました。

3)
シャボン玉コーナーは、いろいろな子どもたちが関わりやすいように、保育室からよく見えて、すぐにアクセスしやすいどんぐり広場に環境を設定しました。

どんぐり広場が子どもたちの遊びの拠点となるようにすると、
他の遊びがよく見えるようになり、今まで遊んでいた切り株の池にシャボン玉を集めたり、どんぐりハウスの前でシャボン玉の山を作ったりと、遊びと遊びがつながったり、今まで関わったことのなかった仲間と「わくわく」を共有したりする姿が見られるようになりました。

自分たちで遊びを進めることの楽しさを経験しつつある
これからが楽しみな子ども達です!
17:48
2013/07/03

七夕飾り作りin附属小学校

| by:幼稚園


7月5日の七夕集会の準備として、附属小学校で七夕飾り作りをしてきました。
いよいよ幼稚園と小学校の交流活動が始まりました。1年間同じグループで交流を深めていきます。
顔合わせして、はじめは何だか恥ずかしそうにしていた子ども達ですが、作り始めると次第に会話も増えいきました。1年生は飾りの作り方を教えてくれたり、トイレに連れて行ってくれたり…1年生って頼もしいな!年長さんも1年生に教えてもらいながら素敵な飾りを作ることができました。帰りには「小学校って楽しそうだな」という声も聞かれました。

七夕の願い事は1年生が短冊に書いてくれました。「おにいさん、おねえさんは字が書けてすごいな!」
皆の願い事が叶うといいですね。
ちなみに私(誰でしょう?)の願い事は「早く膝が治りますように」

5日の七夕集会も楽しみです!
13:53
2013/06/24

楽しかった花組デー

| by:幼稚園
6月20日は、花組デーでした。
花組デーとは、花組さんが親子で一緒に幼稚園で過ごす、特別な日のことです。

年中・年長さんが遠足に行っているので、幼稚園に来るのは花組さんだけ!
花組さんだけの幼稚園!のびのび遊べる!
…と思っていましたが、あいにくの小雨だったので、
お部屋でゆっくり過ごしたり、小麦粉粘土を作ったりしました。



小麦粉粘土は、小麦粉と水を混ぜて、パンのようにこねるだけ!
簡単なので、ご家庭でもぜひ試してみてください。


遊んだ後は、集会室に移動して、みんなで大きな輪になってお弁当。



軽く自己紹介をしながら、みんなで楽しく食べました。
遠足気分で、デザートを交換しあう子どもも…。

花組デーは、花組さんにとって特別で楽しい1日になったようです。




花組では、モンシロチョウの幼虫を育てているのですが、
どんどん大きくなって、
どんどんさなぎになって、
どんどんチョウになっています。
今日、めでたく最後の一匹がチョウになりました!

チョウになるたびに、みんなで「ばいばーい」と言い、外に放しているので、
幼稚園の園庭を飛んでいるモンシロチョウは、もしかしたら、花組から巣立ったチョウかもしれません…(^^)
14:13
2013/06/19

だんごむしまんしょん(年中)

| by:幼稚園


春に年中クラスの仲間たち有志で建設した「だんごむしまんしょん」
毎朝、登園時に子どもたちが入居のダンゴムシを連れてきます。

遊びの中でも仲間たちを連れてくるので、どんどん増えています。
居住環境が悪化しないか心配もしていましたが、そうでもないようです。

小さな真っ白の赤ちゃんも生まれています。
ダンゴムシマンションは少子化とは無縁です。

最近ではミミズも入居しました
テントウムシの蛹も入居し、無事に羽化して旅立って行きました。

生活の場がどんどんと広がってきている子ども達ですが、
小さな存在への眼差しも育ってきています。

「これ食べるかな?」
「もっと落葉を入れてあげるといいよね!」
「お友達が来たよ!」
「なんか動かなくなったのもいるよ、死んじゃったのかな・・・」
「えーこれが赤ちゃんなの!動いてる!」
「この葉っぱな食べるかな?」

幼稚園教育の基本を示す「幼稚園教育要領」には、子ども達の育ちをささえる柱として、いくつかの領域というものが示されています。
その中の1つである、身近な環境との関わりに関する領域である「環境」のねらいの1つに、「自然と触れ合う中で様々な事象に興味や関心をもつ」というねらいがあります。
そこには、「自然と出会い、感動するような体験は、自然に対する畏怖の念、親しみ、愛情を育てるばかりでなく、科学的な見方や考え方の芽生えを培う基礎となるものである。」と示されています。

小さなダンゴムシとの出会いを、「だんごむしまんしょん」にすることで、子ども達の興味や関心を深め、大切にし、小さな存在への眼差しを育み、そこでの発見や驚きをみんなで共有しながら、いのちと出会う大切な機会ともしていきたいと考えています。
18:05
2013/06/11

どんな色になるかな~

| by:幼稚園
園庭にある植物を選んで色水を作っている子どもたち。幼稚園にはすり鉢とすりこぎを用意してあるのですが、色水作りは人気があってすり棒がなかったようです。「どうしても色水を作りたい」という思いから、園庭にある棒を見つけ「これならできる!」と使って試しています。用意された道具だけでなく自分で考えて行動していました。「たくましさ」と「自分なりに考える」という幼児期に大事にしたい姿です。色水遊びは、自然物を使って繰り返し試すことができる遊びです。これから、幼稚園の草花を使って様々な色水ができてくると思います。楽しみですね。
15:20
2013/06/09

ふれあいの日

| by:幼稚園
少し暑いぐらいの良い天気に恵まれた6月9日は、幼稚園のふれあいの日でした。
おうちの方と一緒に登園してくる子ども達も、今日はなんとなく、よそゆきの顔をしていましたね。
おうちの方には、集会室で園長のご挨拶とPTA会長のお話、そして副園長より教育目標のお話をしました。幼稚園のご理解のお役にたったでしょうか?
そのあとは、園内のオリエンテーリング。
おうちの人たちと一緒にいろいろなところを回ってもらうことによって、園内をよく知っていただく機会がもてれば・・・と企画しました。
「夢の城の滑り台、初めて滑りました!」なんていうお母さんの声、森の中で「こんないいところで遊べていいなー」というお父さんの声・・・

まっくろくろすけはどこにいるか、すぐにわかりましたか?


今年度、あと2回のふれあいの日を予定しています。
また、ぜひご参加くださいね。

午後のぱぱあずの企画会議にご参加くださった保護者の方、ありがとうございました!
16:32
2013/06/04

自分たちの幼稚園に

| by:幼稚園
 6月に入って暑い日が続きます。入園して2カ月、花組さんも少しずつ遊びの場を広げています。
 それでもまだ、先生が拠りどころ…
 
 先生の遊んでいるところに「なにしてるのかなぁ」と見にきます。見て、遊びに入ってきたり、また
 自分の遊びに戻る子もいます。 
 遠くから一生懸命、先生を呼んでいる子もいます(大きい声が出せるのも慣れてきたから!)
 
 あっという間に集まってぞろぞろ森探検に出掛けることもあります。

 安心してすごせる、そんな幼稚園になってきたらうれしいなぁ。
          

<きのこ便り>

今年もきのこの季節になりました。
おもしろいきのこ。見たまんま(?)「カニノツメ」という名前でした。
たまごみたいなところからはえている変な形。そして臭い(>_<)

         
21:08
2013/05/29

つくる あそぶ (年中)

| by:幼稚園
「あそび」の中に「つくる」ことの楽しさが加わるようになってきた年中組です


みんなで一緒に、ハサミを使って「シャラシャラ」するものを作りました。
自分の好きな色の画用紙を細く切り、それをラップの芯につけたものです。
ハサミの使い方を確認するための、安全指導も兼ねて一斉で行いました。
すると、作ったもので
・音楽に合わせて踊るのに使う子ども
・部屋の掃除に使う子ども
・パラシュートのように高く投げて遊ぶ子ども
・「もっともっと付けたい」と画用紙を切って貼り重ねる子ども
・作ったからもって帰りたいという子ども
・作ったからもういいやという子ども(笑) などなど
いろいろな姿を見ることが出来ました。
「遊び」の中で「つくる」楽しさを味わえるようにしていきます!


空き箱を使った制作も盛り上がって来ました。
作ったものを身につける楽しさ、
友達と同じ物を持って遊ぶ楽しさ。
小道具が遊びの中でとても重要なポイントとなっています。
そんなことが楽しい星組・雪組の子ども達です!
空き箱にガムテープのベルトを付けて背負えるようにしたり、
腰のベルトに箱がつけられるようにしたりすると、
毎日それを身につけて楽しげに走り回る姿が見られます。


年長クラスのくじ引き屋さんに招待されたあとでは、
自分達でもやってみたいと、細かい「あたり」「はずれ」を作り始めました。
同じようにやってみたい!
自分達なら出来るはず!という意気込みもみられます。

「これまでの経験」を生かし
「これからの意欲」につなげていくたくましい姿が見られる今日このごろな星組・雪組です。
                                                  
                                                 (年中)
16:11
2013/05/27

附属特別支援学校のみなさんにありがとう!

| by:入澤
子どもたちが大好きなすのこ・・・
基地にしたり、迷路を作ったりするのに大活躍の可動式遊具です。
「すのこがもっとあればいいなー」という声が職員の間からあがったので、千葉大学教育学部特別支援学校の先生にお願いしてみたところ、快く引き受けてくださいました。
作ってくださったすのこは、なんと100枚。
今日は、特別支援学校の生徒さんも来てくださって、そのお披露目会をしました。
幼稚園は年長さんが代表で、お披露目会に参加。
ジュースで乾-杯ー。
特別支援学校のみなさん、先生方、本当にありがとうございました。


11:36
2013/05/17

いらっしゃいませ!

| by:幼稚園



5月も半ばになって、学年をこえた交流がみられるようになってきました。
本日、年長組の女の子達が数日前から試行錯誤しながら準備をしてきた「焼きそば屋」を開店させました。毛糸の麺、木のお肉、折り紙の青のり、リボンを細かく切った紅ショウガなど、結構リアルで美味しそう!
いろいろなクラスにチケットを配り、たくさんのお客さんが来店してくれました。花組さんは本当のお弁当の時のように「ぽっぽちゃんのおうち」を歌ってとてもかわいかったですよ。
この他にも「くじ引き屋さん」「おにぎり屋さん」などいろいろなお店が出店中です。

年長組はサツマイモ、ミニトマト、ナス、オクラなど、いろいろな苗を植えたり、種を蒔いたりしました。皆でお世話をしながら成長を楽しみにしていきたいと思います。 (年長組)
14:42
2013/05/09

なんだろうね(年少)

| by:幼稚園
 「どんぐりほしいな」…というわけで、
 花組さんは、どんぐり広場に行くことにしました。
ところがところが、その途中でいろいろな発見があり、道草しておわりました!
 
 途中で見つけたどんぐりは去年のなので、土に埋もれていたりするのですが、それでも一生懸命拾っています。先生が「あっありがいっぱい」というと、しゃがみこむみんな。先生やお友達と一緒の時間を過ごすことが今はとても大切だなぁと思います。
 
        
 そして、年長さんの基地(?)をすっかり乗っ取りました。やさしい年長さんでよかったね。
 ジャングルジムの上から電車を見て大喜び、すのこを滑って「わぁい」。
 こうやってお兄さんたちの遊びから、たくさん刺激を受けるんだな。
   最後は「出られない」 
   「降りられない」となったりも…
   でも楽しかったね。
                   
   
                   
15:56
2013/05/07

なんだろうね?(年中)

| by:幼稚園


進級した人、新しく仲間入りをした人。
それぞれの経験を合わせながら、一歩一歩の今日このごろな年中組です。

夢の森の奥では、今年もミミズ探しが始まりました。
昨年の経験を思い出しながら落ち葉をめくる子、
初めての夢の森で、何が出てくるんだろうと頭を寄せる子、

「せんせいこれなに?」と保育者への問いかけではなくて
「なんだろうね?」と問いかける言葉が保育者だけではなくて仲間にも広がりつつある
そんな年中組の子どもたちです。

それぞれがミミズを見つけたいという思いを持ちながら頭を寄せていますが、
見つかったら「ぼくのもの!」、「わたしのもの!」というのが年中組の子ども達。

場を共にして、様々なことを相互に感じること。
互いの良さや、こだわりに触れ、かかわりの経験を積み重ねながら、
年中時ならではの「行きつ戻りつ」の育ちを大事にして行きたいと考えています。
                                              
                                          (年中担任)


16:06
2013/04/26

疲れもでる頃…

| by:幼稚園
 新しく幼稚園に入ったお友達にとって、一区切りの週が終わりました。
昨日は初めての身体測定。集会室で「いったい何が始まるんだろう?」と心配そうになった人もいました。小さい花組さんにとっては、「痛いことする?」と思った人も。
 そんな不安をとりさってくれるような、年長さんのお手伝い。部屋まで迎えにきてくれて、腰をかがめてお話をきいてあげていました。座るところをみつけ、着脱をお手伝い、裏返しを直し、並んで待てるようにし、終わった子に絵本を読んであげてくれて、ほんとうによくお手伝いをしてくれました。ありがとう(^^)

 花組さんも、一度やってみると「こわくないな」とわかったと思います。
 おやつを食べながら、「おねえさん大好き!」と話しているお友達もいました。
 うれしかったんだね。

 3連休になりますが、みんなつかれをとって、また元気に幼稚園にきてくださいね。
16:52
2013/04/24

誕生会で職員劇

| by:幼稚園


今日は4月の誕生会でした。
4月生まれのお友達、おめでとう!
今年度、初めての誕生会だったので、職員の紹介もかねて「小さい幼稚園」という劇をしました。

ダンゴムシ・電車の運転手・ぶたとうさぎ・猫とパンダがすてきな場所を見つけて幼稚園にしました。そこへ、園長タヌキがやってきて、無理に入り込み、幼稚園を壊してしまいました。
さあどうする?・・・というお話でした。

本当は、幼稚園を壊した園長先生が悪役?だったのに、園長先生が泣いてしまったので、なんだか、園長先生を責めてしまったほかの出演者たちのほうがわるものになってしまったような・・・。

でも、最後は、附属幼稚園を作ることになって、めでたしめでたし。「誰が悪いんじゃなくて、みんなで力を合わせて、新しい幼稚園を作ってよかったね」というところが大切ですね。

これからの1年、子どもたちもたくさんけんかをして、たくさん仲直りをするのでしょう。
その中で、最後は、みんなで力を合わせることに気付けるような、そんな保育を目指していきたいなと思います。

アドリブでつないだ劇ですが、応援ありがとうございました。
16:39
2013/04/23

お弁当が始まりました!

| by:朝井


本日より1日保育となり、待ちに待った弁当が始まりました。
年長さんでは美味しく食べることはもちろんですが、自分達で準備をしたり片づけをしたりもします。年中さんの時には先生にやってもらっていた机運びや机を拭くことも自分達でやります。やる気満々の年長さん!頼もしい限りです。

当番活動も始まりました。お当番さんは胸に素敵な当番バッジをつけています。
当番の仕事はニワトリのお世話や弁当時のあいさつなどです。初めてでドキドキすることも多いようですががんばっていますよ。皆、自分の順番が回ってくるのをを楽しみにしています。
16:04
2013/03/07

誕生会に千葉大学の吹奏楽団がきてくれました。

| by:入澤
昨日は、3月生まれのお友達が、1年間ずーっと待っていたお誕生会。
千葉大学の吹奏楽団のお兄さん、お姉さんが、素敵な演奏や楽器紹介をしてくれました!
演奏曲目は「アンパンマンマーチ」「園歌」「天国と地獄」「めめしくて」「童謡メドレー」などなど・・・
一番子ども達が喜んだのは「あたり前体操」。
お兄さんたちと一緒に踊りだす子もいましたね。
これからも、大学の附属という立場を生かしてこのような楽しい企画をたくさん立てたいと思います。

16:43
2013/03/04

成田エクスプレスに乗って・・・

| by:入澤

3月3日、PTA主催、有志の参加で、成田エクスプレス乗車会がありました。
JR西千葉の方が、普段乗る機会がない千葉の子ども達のために、この会を企画し、実現してくれました。
初めに、千葉駅の駅長室見学、そのあと成田エクスプレスに乗りました。
「ふぞくようちえん→なりたくうこう」の特別切符、紙の駅員さん帽子など用意してくれ、子ども達はわくわく気分。
貸切列車を仕立ててくれたので、子ども達は自由に運転席を見たり(ガラス越しにのぞかせてもらいました)グリーン車に座ったり・・・。
成田空港駅では、駅長犬と成田のゆるキャラうなりくんの着ぐるみがお出迎えで大歓声が上がりました。それから白い駅長さんの制服も着させてもらって記念写真。JALの方にもお出迎えしてもらいました。
たくさんの駅員さんにお世話になりました。楽しい一日をありがとうございました!
また、主催してくださった、PTAの方々もありがとうございました。
JRの方によると、残念なことに、もうなかなかこういう企画は立てられないとのことでした。貴重な体験ができてよかったね!!
14:56
2013/02/27

ままあずパワー炸裂!

| by:入澤
2月のお誕生会では、有志のままあず劇団が、楽しい劇を披露してくれました。
この日のために、たくさんの練習を重ね、みんなで協力して子ども達のためにがんばってくださいました。
子ども達も大喜びでした!
そして、とってもとっても素敵でした!!
なんだか、1回だけの公演ではもったいない気がしましたが・・・。

みなさんの力が集まるとパワー炸裂!力を合わせる素晴らしさを見せていただいた気がします。保護者の方々は、色々な力を秘めていることが改めてわかりました。
ありがとうございました。
子ども達、そして職員一同感謝しています!!
14:48
2013/02/01

鬼が来た!

| by:入澤
昨日、年中さんで噂になっていた鬼・・・ですが、きょうの朝、なんと管理棟の壁と、年中の足洗い場のところに張り紙が・・・「悪い子はつれていく」
みんな「僕は、悪い子じゃない!」「私は違う!」と言いつつも、ちょっと心配そう(何か身に覚えがあるのかな?)。
そして、来ました来ました、太鼓の音とともに、体の大きな鬼が2匹。
今年の鬼は、年長さん、年中さんの部屋まで入ってきて、とっても怖い鬼でした。
怖さのあまり、年長さんでも泣いてしまう子が・・・。
年少さんは、「鍵をかけておけば大丈夫!」と事前に入口に鍵をかけていたので、鬼は窓をたたいていましたが、中には入れませんでした。「もう大丈夫・・・」と思って背中に豆を投げ始めたら、突然戻ってきて、大パニックに・・・なんてこともありました。
でも、悪い子はいなかったみたいで、鬼は森に逃げていきました。

その後、みんなは、桃太郎みたいにきび団子を食べて、元気モリモリになりました。もう、鬼なんかこわくなーい(?)
13:05
2013/01/31

明日が…

| by:小林
 昨日より「鬼が来る」という怪情報が流れている年中組です。
保育室の隅っこに大事な赤ちゃんをきれいにならべて、ままごとのものをすべて運んで隠れている子たち。「だって鬼が来るから」
 今日は、その様子を見たお隣のクラスの子たち。数人で「先生に聞いてみよう」と言っています。そして、聞きに来ました。
「先生、おにごっこじゃない鬼っているの?」
(おもしろいなぁ、どう答えようかなぁ、と思っていたら)周りの子たちが、去年大きい鬼が来て泣いちゃったと話はじめました。にわかにザワザワとした空気が漂いました。
 

 お弁当の後、ジャングルジムの下に松葉をたくさん集めたのは"鬼が来たら(松葉で)イテッイテッって言っている間に逃げられる”ということなのだそうです。子どもたちなりの、鬼対策!!
           
             
 みんなが大きくなるために鬼退治しなくてはね。
22:05
2013/01/24

明日が楽しみ

| by:小林
 
 
~氷作りその後~
 昨日カップに水を入れて、絵の具で色をつけて帰ったみんな。
朝来て、凍っていないのでがっかり…かと思いきや、「先生絵の具出して、絵の具!!」と大張りきり。めげません。
 
 昨日は片づけ時間になってしまいあまりできなかったのですが、今日は時間もたっぷりありました。そして、
 ややっ、絵の具の入った容器になんと水がたぷったぷっに入っているではありませんか^_^; 
「わー野菜ジュースができたー」「抹茶ができたー」「オレンジジュースー」と濃ーい液に歓声。
本当によーく似ている液体ができている…。
混ぜているうちにどす黒い液も…。
「明日はかき氷屋さんしよう!」と、凍るのを楽しみに並べていました。

 
 不純物たっぷりの液、凍るのかなぁ。
 本当に明日が楽しみです
22:09
2013/01/18

寒い寒い~!

| by:小林
 
今週は雪遊びを満喫しました。
かたい雪にもめげずに雪だるまや雪山を作りました。砂遊びの道具を使って、雪玉を転がす遊びをやっていました。秋はどんぐりを転がしていたっけね。
うまく転がらなくて「大きすぎる!」「もっとこうして(角度をつけて)」など言い合いながら遊ぶ姿もみられました。
   
      

今朝はきのう水を入れておいた容器にしっかり氷ができていて、驚いたり喜んだりする年中さんでした。こんなにきれいな氷ができているとうれしいですね。
けれど、みんなで見ていると、お決まりのように誰かがひっくり返して割れて…作った子は怒って…でもそのかけらの美しさもまた魅力的だったり…
そしてまた、容器にお水を入れて“たのしみに”置いて帰りました。

      どんぐり入り(*^_^*)
    

 
(その後)びっくりなのですが、夕方なんともう氷が張っていたのです。日中もそんなに冷え込むなんて。千葉らしからぬ寒さではないでしょうか。どうぞ皆さん風邪などひかないように。
20:50
2013/01/15

園庭は真っ白!

| by:入澤
朝、一面真っ白な園庭を見てびっくりしたお友達も多かったようです。
今日は、どのクラスも雪遊び。
雪だるまつくり、かき氷屋さん(サッカーのゴールネットの上に雪の塊を載せて、ゆらゆら揺らし、粉になった雪を集めます)、雪合戦(今日の雪はちょっと痛かった・・・)、雪でご飯づくり、森の斜面でそり遊び・・・などなど。
午前中たくさん遊んだのに、まだ園庭は真っ白です。

11:20
2012/12/12

冬がやって来ました!(5歳児)

| by:久留島
わくわく発表会Ⅰを終えた年長の子どもたち。
友だちの取り組みに刺激を受けてチャレンジを始める子、
友達との関係を深めて、さらに仲間と遊びを広げる子、
仲間たちと「わくわくショー」を創りあげた子どもたちの成長が見られる今週です。

メダカ池に氷が張りました!


小さな霜柱の「かけら」を発見して
「ねー!みて!みて!」と登園する子どもたち。


仲間の発見に刺激を受けて、戸外に走りだしていく子どもたち。
寒さは関係ないようです。

地面に座り込みながら、黙々と霜柱と対話をしています。
「これはなんだ?」と2階建てのようになっている霜柱をつまみながらのつぶやきが聞こえてきました。
「こっちにたくさんあるよ!」「こっちは地面が硬すぎる!」などと情報交換をする姿。
「ねえ、かき氷屋やろうよ!」と仲間に提案する姿。

寒さと冷たさは全く関係ない子どもたちでした。


これは年中の子が集めた霜柱



これは年長の子が集めた霜柱


『私が集めることの楽しさ』を追求する年中児。
『仲間と集めて何かをするというイメージ』を追求する年長児。

めあての持ち方はそれぞれですが、興味や関心をもったことに
寒さも関係なく没頭できる体験の積み重ねは、確実に子どもたちの成長につながっています。そんなことを他の学年の子どもたちの姿、年長の子どもたちの姿を見ながら感じました。

うまくいったこと、うまくいかなかったこと
仲間との葛藤を経験しながら、共通のめあてをもつことの面白さを「わくわくショー」で経験した子どもたち。三学期が楽しみになってきた、二学期末の一日でした。
17:31
2012/11/21

大学構内での園外保育(3歳児)

| by:安藤
今日はいよいよ花組の園外保育。みんなで幼稚園の外に出るのは初めてで、前から楽しみにしていました。
風が強くてちょっぴり寒かったけれど、元気いっぱいドングリを拾ったり赤や黄色に色づいた落ち葉を集めたりしました。


帰り道には、たくさんの落ち葉が足元に!


しゃかしゃか音を立て、落ち葉を踏みしめるのを楽しみながらの秋の散歩道でした。
木の根っこにつまづいたり、側溝に落ちたりいろいろあったけど、とりあえずみんな無事に幼稚園にたどりついて、良かった良かった・・・絵文字:笑顔
20:52
2012/11/20

大学構内での園外保育(4歳児)

| by:入澤
今日は、年中さんたちの園外保育でした。
ぽかぽかの良い天気で、とっても気持ちがいいお散歩でした。
まず、図書館前の広場に行き、落ち葉ひろいを楽しみました。
きれいな葉っぱだけを選んで拾う子、とにかくたくさーん拾いたくて、ごっそりと袋に入れる子、なんだかいろいろでほほえましく感じました。
その他、ジャグリングの練習をしている大学生のお兄さんお姉さんに技を見せてもらったり、池を除いてカメを探したり(昔、幼稚園で買っていたカメが逃げてここに住んでいるという話をしたら、みんな興味津々で・・・)。


そのあとは、教育学部の前のイチョウの木の下まで行きました。
イチョウの落ち葉は素敵だったのですが、ギンナンがたくさん落ちていて、その匂いにみんな参ってしまい・・・。
食べるとおいしいんですけどねー。
帰り道、図書館脇のベンチでおやつのジュースを飲んで、エネルギー補給!
お弁当は、幼稚園で食べましたが、楽しい外お弁当でした。
16:30
2012/11/20

ふよう祭にて

| by:入澤
11月18日、昨日とは違って、とてもいい天気の中、千葉大学教育学部附属特別支援学校にてふよう祭がありました。


たくさんの幼稚園のお友達が、ステージに乗ってダンスを披露しました。
ポンポンを持って、とてもかわいらしかったです。
また、ヨーヨーのお店では、保護者の方々が、販売のお手伝いをしてくださいました。
バザーの献品も含めて、ご協力ありがとうございました。
12:49
2012/11/17

ふれあいの日

| by:入澤
11月17日、幼稚園のふれあいの日でした。
天気予報は雨。午前中は降らずにもってほしいと思っていたのですが、登園してくる9:00頃からぱらぱら降り始め・・・
せっかくご家族みなさんで来ていただいた方は、おひとりだけ残っていただくことに・・・。
楽しみにしていた方、申し訳ありませんでした。
遠足や運動会、公開研究会で晴れの神様の運は使い果たしてしまったようです。

でも、ここはポジティブに考えて・・・
みなさん、室内の遊びをじっくり親子でするよい機会にしてくださっていたようです。
ありがとうございます。
集会室では、Isoの学生たちが、牛乳パックを使った紙すきを教えてくれました。
やり方もお配りしましたので、ぜひおうちでもチャレンジしてみてくださいね。
ご参加ありがとうございました。
10:12
2012/11/16

幼稚園のだんご職人たち!

| by:久留島


最初はこんな感じでした。砂場の砂で作るだんご。
翌日は砂に戻っているだんごでした。

しかし、さつまいも掘りで畑の土に触れた子どもたちは、
畑の土でだんごを作ることができることを発見しました!
砂とは違って、翌日も形が残っていて硬くなっているだんご。
子ども達の探求が始まりました。

小さな職人たちは、技を伝え合います。
「塊からだんごにするといい!」
「年長の靴箱のところの白砂がいい!」
「割れたら水たまりにつけるといい!」
技は言葉になって伝えられていきます。

失敗することも度々です。
土はそう簡単に思い通りになりません。
でも、
「もう一回やればいいじゃん!」
と仲間に掛ける言葉は前向きです。
自分の経験を仲間に語る姿が見られます。

ビニール袋に保管しておくと、水が出てくることも驚きだし
外に出しておくと、カチコチの硬いだんごになっていることも驚き

落としても割れないことをめあてにする人
きれいにピカピカにすることをめあてにする人

それぞれが自分のめあてをもちながら『どろだんご』作りをしています。
そんな子どもたちの大切な『どろだんご』を紹介します。
それぞれの違いを認め合いながら、友達とかかわることが出来るのが、
『どろだんご』作りの面白いところです!

小さな職人たちのステキな手仕事を御覧ください!




















15:58
2012/11/14

幼稚園のパティシエ達!

| by:久留島
年長のパティシエ達が作る『スウィーツ!』





保育室脇のキッチンでは





食欲の秋です!

園庭の身近な自然を遊びに取り入れ、考え、工夫して作る。
園庭には子ども達の想いがつまったごちそうがあちこちに見られます。

『おかし屋さん』や『キッチン』というイメージを友達と共有しながらかかわる。
その中で、役割の良さや、考えを出しあう楽しさを経験する。
そんな経験を積み重ねながら、自分達で価値を作り出すことの面白さを味わっている子ども達です。
17:16
2012/11/14

焼き芋大会!

| by:入澤
11月1日に掘ったお芋を、たき火で焼いて、食べました!
前日、雨だったので、落ち葉やたきぎがぬれていたため、なかなか火が回らなかったのですが、とろっとろのおいしい焼き芋ができました。
時間をかけて焼くからでしょうか、本当においしい焼き芋ができます。

近頃は、なかなかたき火も見られないですね。
「けむーい」などといいながら興味津々。
子ども達にとっていい経験です。

千葉大の広報の方もいらして、千葉大学のホームページのツイッターに載せてくださいました。
そちらの方も、ぜひ見てみてください。
08:50
2012/11/08

園内ピクニック

| by:小林
 今日、年中さんはチューリップの球根を花壇とプランターに植えました。球根を見て「たまねぎみたい」「食べたことある」((*_*;)などワイワイ楽しい会話。
 どっちが上かな~、どれくらい掘ればいいのかな~と確認をして植えました。
 みんなが年長さんになる頃にきれいに咲くことでしょう。なんだか、年長さんが一歩近づいてきたような気がします。

 そしてお楽しみのピクニック弁当をしました。(本当はどこで食べてもOKにしたいのですが、慣れていないので担任に勇気がなく、今日はなかよし広場にしました)
 寒さが心配でしたが、暑いくらい!外で食べるお弁当は気持ちがよく、「毎日お外でもいいな」というお友達との会話も聞かれました。おいしく楽しかったね(^o^)
           
            
22:21
2012/11/08

ミカン狩り!

| by:安藤

今年も、花組脇のミカンの木がたわわに実りました。
ミカンが色づき始めたころから、「早く食べたいな~」とねらっていた子どもたち。


ようやく黄色になってきたので、自分達でもぎとり、食べてみました!!

お味は、お店で売っているミカンとは違ってすっぱ~い!!
けど、自分でとったミカンは格別?
いろんなクラスの子が食べに来ていて、なかなかの人気でした。
来週は焼き芋!おいしい秋は続きます。
15:24
2012/11/05

やきいも大会めざして

| by:小林
      
 
 

 今日の園庭では年少さんから年長さんまで、みんなが落ち葉集めをせっせとしました。
なんとも働き者の子どもたちです。おいしい焼き芋にするには、たくさんの落ち葉が要ります。幼稚園の松葉や桜の落ち葉はおもしろいように集まります。
 目的は焼き芋ですが、集めることそのものが、なんとも楽しくなってくるから不思議。みんなでおしゃべりをして楽しい、そして達成感がある秋の1日でした。

 
       
22:28
2012/11/01

おいもがとれたよ!

| by:入澤
今日は、幼稚園のお芋掘り。
みんな手を泥だらけにして、お芋掘りをしました。
大きなお芋、小さなお芋、細長いお芋、真ん丸なお芋・・・お芋もいろいろです。
もうすぐある、焼き芋大会が楽しみ~

17:31
2012/11/01

平成24年度幼稚園教育研究会

| by:入澤
10月27日、平成24年度幼稚園教育研究会を行いました。
本年度初めて土曜日に開催してみたので、参観者の方に来ていただけるかどうか不安でしたが、なんと394人の方に来ていただき、盛大な会となりました。「土曜日だったので、同じ園から複数の教員が参観でき、終わった後に意見交換できるのがいい」などのご感想もいただいています。来年度もできれば土曜日に開催したいと思っています。


研究テーマは「心が動く子どもの育成をめざす教育課程(2年次)」で、新しい教育目標「うごく」「かんじる」「かんがえる」の「うごく」を中心に保育・研究発表をさせていただきました。当日は良い天気に恵まれ、子ども達がのびのびと遊んでいたのを参観していただけたと思います。また、研究発表では「写真投影法」「アクションリサーチ」という研究法を紹介させていただきました。ぜひ、活用していただければ・・・と思います。
講演・ワークショップは環境健康フィールド科学センターの徳山郁夫先生にお願いいたしました。たくさんの方に来ていただいたことで、動くスペースがないのにもかかわらず、小さな動きでも楽しめるようなものや、代表者が動いているのを見ルだけでも参加した気持ちになれるものなどを紹介していただきました。また、コミュニケーションとしての動きという観点からお話していただいて、とても勉強になりました。
最後になりましたが、この会を催すに当たり、保護者の方にご協力いただきました。ありがとうございました。皆様のおかげで、よい会ができたと思います。
明日から、来年度に向け、新たな気持ちで園内研を進めて行きます。ぜひ、来年度も本園の研究会にご参加ください。お待ちしています。
17:07
2012/10/23

実りの秋

| by:小林
 今日は降ったりやんだり、お日様が出たりのかわりやすいお天気。
みんなが帰る頃に、まさに豪雨となりました。帰り道大変だったのではないでしょうか。

 
 さて、今日の年中さん…
 朝からどことなくどんよりとした感じに「今日はおばけやしきしよう!暗いし、冷たい風が吹いている」という子どもたち(昨日はおばけの「お」の字もなかった…)。いやいや、子どもの感性はすてきです。電気を消すと、本当にかなり暗くてスリルがありました。
 今日は身内で盛り上がりました(*^_^*)

 園庭ではこんなにいろいろなどんぐりが落ちていました。今年はスダジイが大豊作だと思います。木の下では、まるでリスにでもなったような、夢中に拾う子どもたちの姿が見られます。大人でもなんだか夢中になります、楽しい!!
  
        
     マテバシイ、コナラ(帽子をかぶっている)、スダジイ(小さい)、クヌギ(入れ物つき?)
 

  
        
                     おみやげたくさん!   
23:16
2012/10/17

怖い?怖くない?

| by:小林
 運動会が終わってホッとしたい…なんていうのは大人の考え。
昨日から 「おばけやしき やりたい!」と楽しい遊びにわくわくの年中さん。
運動会が終わってますますやる気いっぱいなのが、正しい子どもの姿だと、あたらためて思いました。
 年中さんの考えるおばけやしきは、2週間ほど前におじゃました年長さんがモデルです。
 
とても同じようにはなりませんが、どんどん自分なりに何かしらのおばけを作って、なりきっていくところがすごいと思います。
 カーテンを閉めて、電気を消して、机の下や陰で誰かがくるのを一生懸命待っています。
 そして「怖かった~」と言ってほしいのですが、そんなに怖くはありません(*_*;
 

 「冷たい風が吹かないとだめなんだよ」と帰りの会での振り返り。
 さて、明日はどんな怖~いお化け屋敷になるのかな。

           主を待つお化け屋敷。夜は結構怖いかも?!
         
22:03
2012/10/17

運動会のおみやげ

| by:久留島


年長のみんなで考えて作り上げた運動会。
みんなで気持ちをあわせて喜んだり、悔しがったりした運動会。

盛大な応援ありがとうございました!子ども達にとって大きな自信につながったようです!

運動会に向けての活動を通して子ども達には「仲間たちと一緒に」という気持ちが育ちました。
そんな気持ちを運動会はプレゼントしてくれました。

運動会が終わった園庭では、
仲間と一緒に何かを始めようという姿があちこちに見られます。

運動会はゴールではなくて、次へのスタート。
そんなことを子どもたちの姿を見ていて感じます。

写真は砂場での「研究所」のひとコマ
「溜まった水が無くなるのは分かるんだけど、なんでだろうね?」
と仲間たちと考えながらの作業です。

自身に問いかける「なんだろう?」ではなくて、
仲間に問いかける「なんだろうね?」になっています。
仲間と一緒に疑問を共有することが楽しくなってきています。

そんな運動会のおみやげです。
16:33
2012/10/11

きのこ便り  その9

| by:小林
 
 
 運動会も近づき、園庭ではどの学年も元気に練習をしています。予行練習の年長さんの影響をうけてか、今日は花組さんも年中さんもリレーをしていました。園庭のトラック1周はきつくてだんだん遅くなってしまったり…でも何回も何回も走っていました。
 
 
 エンドレスリレーでも全然楽しい、それが今の姿です。走る気持ちよさ、走り切る満足感が子どもにとって大切なのだなぁ、と思い楽しい時間を過ごしました。

 運動会も晴れますように!(*^_^*)

 
 秋の園庭にはこんなパンのようなきのこも。子どもたちには“パンきのこ”だよ、と言っていましたが「ノウタケ」という名前のようです。ノウは脳…。しわが出てくると脳みそのようだからだとか。感触がパンみたいで、みんなで触ってみました(食べられるきのこ、毒はありません)。
       
22:23
2012/09/27

厚生委員会によるAED研修会

| by:入澤
今日、厚生委員会主催のAED講習会がありました。
消防士の方や、AEDの講習免許を持っている方が、丁寧に教えてくださいました。
最近よく見るAEDですが、実際に倒れている人を見かけても有効に使えるかどうか・・・不安ですよね。
私も一緒に、この講習会を受けたことで、その不安を払拭できたように思います。
ちなみに、幼稚園の事務室前、玄関にもAEDがあります。
ぜひ皆さんに場所を覚えていただき、活用していただきたいと思います。
11:06
2012/09/24

JR西千葉の駅員さんたちが遊びに来てくれました!

| by:入澤
9月24日、今日、JR西千葉の駅員さんたちが、安全教室・電車ごっこ・電車つくりをしに幼稚園に遊びに来てくれました。
安全教室では、駅員さんたちが劇の中で、踏切の渡り方・駅で鬼ごっこやかけっこをしてはいけないこと・電車が来るときは黄色い線の内側で待つこと・線路に何かを落としてしまったら、駅員さんに言ってとってもらうことなどを教えてくれました。
とっても楽しい劇で、みんな大笑い。
その後、年中さん・年少さん中心に電車ごっこをするグループと、年長さん中心の新幹線つくりのグループに分かれました。
電車ごっこチームは、トンネル・鉄橋・踏切り・クイズコーナー・駅がある線路の上を、段ボール一人乗りの電車に乗って元気よく走り回りました。
電車作りチームは、年長さん中心だったせいでしょうか、新幹線をみんな上手に作っていて、駅員さんはびっくりでした。(年少さん・年中さんの中にも新幹線がほしかった子がいたようですが、きっとまた来てくれて、もらえるチャンスもあると思います。がっかりしないでね。)
いつもお世話になっている西千葉駅の駅員さんたちですが、とっても身近に感じることができました。地域とこうしてつながっていけたらいいなと思いました。
ありがとうございました!!

18:16
2012/09/23

きのこ便り その8

| by:小林

暑さが一段落してきました。少し涼しくなると、園庭で遊びやすくなります。
どんぐりが落ちるようになり拾う子、蚊にさされながらもバッタ探しに夢中になる子。
夏から秋になっていく自然の中で、子どもたちはいろいろな発見をしながら遊んでいます。


秋といえば「きのこ」。あちこちにきのこが出現です。
「先生、きのこようちえんだね~」という声もきかれるほどです。

これは名前はわかりませんが、しいたけに似ているきのこです。   
 

           
 

 これは子どもたちがリレーをしているところに1つだけ朝生えていました。                  
         

土日をはさむと、また新たなきのこが生えているかもしれません。どんぐりもたくさん落ちているんだろうなぁ。
そして、今週からは運動会の練習も始まります。わくわくした1週間、楽しみですね!  


17:09
2012/09/18

宝物?

| by:入澤
 先日、ある男の子が、セミの羽・カブトムシの羽・鳥の羽・ドングリ・葉っぱをとても大事そうに、手押し車に乗せていました。「宝物」だそうです。
 今日もドングリが庭いっぱいに落ちていました。子どもたちの「宝物」がいっぱい落ちている幼稚園の園庭です。
08:51
2012/09/11

大学生のお兄さん、お姉さんと

| by:小林
9月に入って大学生の方との交流がいくつかあった年中組です。
先週はISO学生委員会の方が牛乳パックの分別について、紙芝居を使って教えてくださいま
した。牛乳パックやペットボトルが何になるのか、知っている子もいました。おうちで話題にすることがあるのかもしれませんね。

小さい時から、周りの人が分別していると身につくのではないかと思いました。

  

今日は医学部と看護学部の方の「からだ研究所」が開かれました。
子どもたちに工夫して伝えてもらい、真剣に聞いていました。
難しいかな、という内容も「へぇー」と思うこと、「わぁー」と思うことで自分のからだに関心をもてるきっかけになりそうです。

  
大学生の方は、小さい子と接する機会というのはあまりないかもしれません。大学の中にある幼稚園ですので、大学生の方にとっても何か学べる、役に立てる園であれば、と思います。
16:39
2012/09/10

名前は「さくらちゃん」です!

| by:久留島
6月12日に生まれたヒヨコ
順調に大きくなり「男の子かな?女の子かな?」と楽しみにしていた子ども達。
「名前はお世話をしている年長のみんなで決めたいね!」
「男の子か女の子か分かってからのほうがいいよね」
とヒヨコの名前は夏休み明けに決めたらいいよねと話していました。

夏休みが明けて登園するとぐんと大きくなっていたヒヨコ

『女の子だきっと!』

夏休み明けの9月4日にみんなで第1回目の会議を開きました。
『名前募集』ということで数日かけて幾つかの名前が挙がりました(写真右)



応募多数!いろんな名前が!(笑)子どもたちの関心の高さが伺えます。
年長ともなると,自分たちの身近なことについての関心が共有されるのです!

「あの名前いいね!でも◯◯の方がいいよね!」なんて会話が聞かれたりしました!

第2回目の会議は9月7日(金)でした。
まず担任から「素敵な名前がたくさん出てきたけど,ヒヨコもいろんな名前で呼ばれるのと,みんなと一緒でひとつの名前で呼ばれるのとどっちがいいと思う?」と投げかけました。
子ども達からは「一つの名前の方がいい!」と答えが帰ってきました。

そこで,それぞれがこれまでに応募された名前の中でいいと思うものを一つ決めて,みんながどんな名前がいいと思っているのかを聞いてみることにしました。
その結果,「いちごちゃん」「みるきーちゃん」「さくらちゃん」がベスト3となりました。(写真左)
子ども達に「この3つの名前が多かったんだけど,この中から決めてみる?」と投げかけると,「そうしよう!」という声が挙がり,みんなで確認をしてこの3つの中から決めることにしました。

ここから,子どもたちのヒヨコを思う熱い気持ちがどんどん出てきました。
「一番多い名前のほうがいいよ!」
「でも,やっぱりいちごちゃんがかわいい!」
「みるきーがいい!」
そこで,この3つの名前から一ついいと思うのを考えて,もう一度みんなに聞いて見ることにしました。
その結果,年長の約60名中50名近くが「さくらちゃん」を選びました。
「やった~!」という声があちこちで上がりました。

ところが不満気な顔の子ども達も数名います。
聞いてみると,
「やっぱり僕はいちごちゃんがいいと思う」
「さくらちゃんだと,ちびまるこちゃんのテレビでいつも怒られてるからかわいそうだと思う」
「だって,私はみるきーが一番可愛いと思う!」

大勢の想いに対して,「私の言葉」で「私の思い」を伝えようとする姿がそこにはありました。

それぞれが真剣だからこそ出てくる言葉に胸が熱くなりました。

担任からは「それでは来週,もう一回みんなで考えてみようね。それまでは名前がないままのヒヨコちゃんだけど,みんなで素敵な名前を決めようね」と伝え,第2回目の会議を閉めました。

本日9月10日(月)に第3回目の会議を開きました。
子どもたちの中からは「ぜったいさくらちゃんだよね!」という声も聞かれました。
担任から「さくらちゃんがいいと思ってる人どれぐらいいるかな?」と聞くと,かなり手が上がりました。「いちごちゃんがいいと思ってる人?」と聞くと1人,「みるきーちゃんがいいと思ってる人?」と聞くと数名。

「名前を呼ばれる時に,いろんな名前で呼ばれるのと,一つの決まった名前で呼ばれるのと,どっちが嬉しいかな?」と投げかけると,全員が「一つの名前!」と言いました。
そこで,「それではみんなの中で考えた時に,年長の中で沢山の人が”この名前がいい”と言った名前にしてあげる事にしない?」と投げかけると「いいよ!」という声が多く上がりました。

そこで,さくらちゃん以外の名前がいいと思っている人に「どう?」と聞いてみました。
すると「僕はみるきーちゃんがいいんだけど,みんながいいと思うんだったらそれに譲る」という
答えが帰ってきました。そこで,さくらちゃん以外の名前がいいと思ってる人全員に聞いてみました。
すると「もしも!もしも!いちごちゃんが少なかっったら,ぼくもみんながいいって言った名前にする」と「もしも!」に願いを込めながら自分の思いとみんなの思いとの間で葛藤を味わう声も聞かれました。
「みんながいいっていうのならいいよ」という答えもありました。

葛藤を抱えながらもみんなの前で自分の思いを伝えることで,自分の気持に折り合いをつけようとしている姿がそこには見えました。

そして全員に聞きました。
その結果
いちごちゃん・・・・・3人
みるきーちゃん・・・10人
さくらちゃん・・・・・47人

という結果になりました。

「一番多かったのはさくらちゃんだったね,それではみんなの大好きなあのヒヨコの名前はさくらちゃんでいいよね?」とみんなに確認すると,さっきまで別の名前にこだわっていた人たちも「うんうん」とうなづいていました。

みんなで大きな声でニワトリ小屋の方に向かって
「さくらちゃ~ん!」と呼びました。
しかし,自分の名前が「さくら」になったことを知らないヒヨコは我関せずでした(笑)

「確かに!まだあの子は自分の名前がさくらになったことを知らないからね!」と大笑い。

明日からたくさんたくさん名前を呼んであげようね!と子ども達と話をしました。

年長の子ども達は今年度6歳になる人たちです。
しかし,6歳といえども彼らは自分達が愛おしいと思うもの
それほどではなくても,仲間たちが大切に思っていること
にこれほどまでに気持ちを寄せることが出来るのです。
自分の思いを主張したり,友達の思いに耳を傾けたり
最初は,60人の子どもたちとどうやって会議をしようかと悩みましたが,
一人一人の真剣な言葉を集めながら話を進めていくうちに,
一人一人の言葉がだんだんと「みんな」の言葉になって来ました。
それほど関心を持っていなかったように見えた人もだんだんと引き込まれていました。

こんなに真剣に「さくらちゃん」という名前をつけてもらったヒヨコはホントに幸せものです!

子どもたちの名前も,保護者の方々がこころをこめてつけてくれたものだということに,いつかは気づいてくれるんではないかな~と思いながら,今日一日を振り返っています。

明日が楽しみです!
18:36
2012/09/05

暑さに負けず!!

| by:小林
連日猛暑が続きます。
この暑さの中、幼稚園に通うのもなかなか大変です。
でも、子どもたちは園庭が大好き。
今日のお誕生会の後、どのクラスの子どもたちも外にとびだして、大にぎわいでした。

少し秋を感じるのが、どんぐりが落ち始めたこと。
「先生どんぐり落ちてたよ」とにこにこうれしそうに握りしめている子たち。
木を見上げるとたくさんの実が見えます。
 

       きれい~(*^_^*)
    

そして、どんぐりと言えば今日“どんぐり~ず”(仮)が誕生会にてお目見え^_^;
今後の活躍に乞うご期待(←次があるの?)
22:48
2012/08/22

バッタも待ってます!

| by:久留島


幼稚園もだんだんとみんなを迎える準備が整って来ています。
保育室の床の工事も終わりました!
新しい「枕木クライミング」の工事も終わりました!
夢の城もピカピカのデッキになっています!
ヒマワリも種をつけて頭を垂れてきました!
ヒヨコも大きくなりました!
みんなのいない間に虫たちの楽園だった園庭も,草を刈ってもらい綺麗になりました。
草むらに隠れていたバッタやコオロギも大騒ぎでした!

今日は年長の美女4人がニワトリのお世話にやってきてくれました!
ニワトリも嬉しそうに大きな声で鳴いてました!

もうすぐ幼稚園の始まりです!
夏休みモードから幼稚園モードに徐々にリズムを取り戻しておくと,
笑顔で2学期が迎えられます!
私達も徐々に生活リズムを幼稚園モードにしています!
09:05
2012/08/13

工事も進んでいます!/カマキリも元気!

| by:久留島

残念ながら,夢の城や保育室の工事のために園庭開放の実施ができませんでしたが,
工事は着々と進んでいます!
星組と月組の床の工事もだいぶ進んでいます!
大工さんたちも頑丈な床作りをがんばってくれています!
新しい床に出会う子どもたちの表情を楽しみにしています。

夏休みも折り返し地点を過ぎました。
あと半分!
まだ半分!
それぞれの思いがあるとは思いますが。

9月にみんなと出会えることをとっても楽しみにしています!
いろいろなところが新しくなった幼稚園も皆さんのことを待っています!



ところでカマキリですが,子どもたちが休みの間に
いろんな所に自分の居場所を作っているようです。
ミカンの木からも引っ越している模様です。
(写真の右上に見えるのはなかよし像です)

さて9月にはどこに引っ越しているでしょうか?
お楽しみに!
12:17
2012/08/09

附属幼稚園の夏休みの様子

| by:小林
              
 
 年長さんが育ててくれたトマトが大きくなって・・・真っ赤になって 本当に立派なトマトです。
  木に実ったまま赤くなっているので、高級完熟トマトですね。
 次々できています。 
 朝、カラスに見つからないように 前日の夕方、袋にかぶせて隠すことも (山中)


     

    1学期に生まれたひよこが こんなに大きくなりました。 
    この姿は、雄雌どちらでしょうか?
    お母さんニワトリに守られながら、他のニワトリに負けず必死に餌を食べています。
    9月はもっと大きくなっていると思いますよ。
    お楽しみに! (山中)



     

    月組テラス前のひまわりが満開です。
    どのひまわりも 太陽の方を向いて咲いています。
    ひまわりが咲き終わったら、どうなるのかな?
    これも 9月のお楽しみ!   (山中) 
10:08
2012/08/02

先生の夏休み(?)3

| by:入澤
8/1、千葉県緑化推進委員会管理施設にて、「みどりの教室」の研修を受けてきました。
研修の中で「ネーチャーゲーム」というものを体験させてもらいました。
楽しかったいくつかを紹介します。
「フィールドパターン」というのは、自然の中で、いろいろな形を見つける遊びです。丸いもの・三角のもの・四角いもの・星形・ハート型・W型・渦巻き型・・・お散歩をしながら探してみると楽しいなと思います。
「アニマルバスケット」も楽しいゲームでした。フルーツバスケットの動物版。最初にカードを配ってもらい、自分の動物を決めます。「足が6本の人」というお題だったら、当てはまる動物の人・・・たとえば昆虫の人は動かなくてはなりません。住んでいるところや食性、体長・・・などなど、その動物の特徴を楽しみながら覚えることができました。
遊んでいる中で、自然の美しさやおもしろさを発見できる・自然や他者への共感や思いやりが生まれる・自然や環境への理解が深まる・命を大切にする心が育まれる・・・などいいことがたくさんあるそうです。
附属幼稚園も自然がいっぱいなので、ぜひ、こういうゲームを取り入れていきたいと思いました。
最後に、ジャンケンで勝って、大きな松ぼっくりをお土産にもらいました。ダイオウショウ(三葉松)の松ぼっくりだそうです。幼稚園にある松葉は2本の葉っぱがくっついていますが、この松は3本の葉っぱがくっついています。葉っぱも長いんですよ。(左がダイオウショウの松ぼっくり)
09:55
2012/07/31

静かな園庭に

| by:小林
今日は幼稚園を会場にして千葉県の研修会が開かれました。
たくさんの先生がいらっしゃって、日頃の保育についての話し合いが行われました。

先生方がお帰りになって、正門の鍵を閉めに行くと、んんっ?このにおいは!
にじいろハウスの横のどんぐりの木の樹液の匂いです。
夕方、木にやってきていたのは、ゴマダラチョウ2匹でした。
いい樹液…もしかしたら朝早くはカブトムシとか、来ているのかしら?
大きな木1本が、いろいろな虫を育てるんですね(*^_^*)


21:38
2012/07/31

先生の夏休み(?)2

| by:入澤
奈良大会の後、第59回全国国公立幼稚園教育研究協議会、福井大会にも数名参加しました。
テーマは「未来にはばたき かがやく子どもたち」~つなげよう 広げよう 子どもたちの笑顔~です。

講演会は、昨年、附属幼稚園に来てくださった、おてて絵本を広めている絵本作家さんでした。
「絵本のちから 子どものちから」という演題で、子どもたちのお話をきちんと向き合って受け止めることや、イメージをふくらませてお話づくりをする機会を持つことの大切さなどを面白おかしくお話ししてくれました。
写真は講演の時のものです。うまくとれていなくてすみません。
あれれ・・・?なんか見覚えがある人も写っていますね。
だーれだ?
あたりです。太郎先生です。舞台上で大活躍。絵本作家さんのお手伝いをしました。

その後は、全体で「幼小連携の研究」や「思考力の芽生えをはぐくむ実践の研究」などの発表を聞いたり、分科会で、「共同性を育む保育」や「学校教育としての幼児教育」について全国の幼稚園の先生と協議をしました。
色々な考え方にふれることができ勉強になりました。
勉強させていただいたことを、幼稚園や子どもたちにお返ししていきたいと思っています。

13:52
2012/07/26

先生の夏休み(?)

| by:小林
第58回幼稚園教育研究集会に参加しました。
今年は奈良大会。テーマは「幼児教育の未来を拓く」です。

講演会は奈良国立博物館の学芸員の先生による「子どもたちに伝える」
3歳になればどんな深いことも理解できるという考え方のもと、奈良の世界遺産を幼児にも伝えていく取り組みをされているそうです。大仏復元の話から、幼児がどのように学び、素晴らしい感性を発揮するのかというお話に驚かされました。
あらためて、子どもでも(だからこそ)真実はわかると思いました。
そして大仏復元の史実に、一同感動でした。

その後、「健康な心と体を育てる食育」「言葉を豊かにはぐくむ経験」「道徳性の芽生えを培う経験」などの分科会にわかれて全国の先生方と協議しました。
いろいろな園の取り組みや考え方は勉強になりました。
2学期からこの研修を生かしていこうと思っています。
       
14:14
2012/07/23

静かな園庭です

| by:久留島
子どもたちのいないかなり寂しい幼稚園です・・・

そんな中ですが、カマキリたちは脱皮を繰り返し大きくなってきています!


トマトのそばでも大きくなってました!


夏休み子どもたちとカマキリたちと
この夏にどんなふうに大きく成長するのか楽しみです!

先週末は『ぱぱあず』のパパたちが幼稚園にたくさんの足跡を残してくださいました。
新学期に子どもたちと『ぱぱあず』の足跡探しをしたら楽しいだろうな~と考えています!
ありがとうございました!
15:56
2012/07/21

ぱぱあずありがとうございました

| by:入澤

7月21日、ぱぱあずの作業をしました。今にも雨が降りそうな日、「今日は中止?」と心配しましたが、何とか降らずにすみました。これも、日ごろの皆さんの心がけでしょうか・・・。やっていただいたのは、「夢の城」の鉄骨の防腐剤塗り・外用テーブルと椅子の補強・リトルハウスの新しい屋根つけ・円木の撤去・パソコンのLANつなぎです。







みんなで記念写真絵文字:笑顔


17:24
2012/07/20

きのこ便り その7

| by:小林
夏休みが始まりました。
終業式前は、子どもたちから楽しい予定などたくさんお話が聞けました。
子どもにとって夏休みは特別なものですね。

お母さんにとっては1日子どもたちと生活するのはなかなか大変だと思います。
お子さんとお昼寝したりして、どうぞ夏バテしないようにお過ごしください。
お風呂場で水遊び、お散歩、花火、かき氷…子どもたちの楽しいことは意外と身近なもの。
お子さんの笑顔が元気の素になりますね。

さて、どんぐり広場の切り株にまたまたきのこが!ゼリーが落ちているのかと思いました。
名前は不明です。
22:11
2012/07/17

『こんなに汚れたよ!』

| by:久留島


今日は1学期の締めくくりの一つとなる「大掃除」がありました。
どの学年でも頭に三角巾をつけた子どもたちが一生懸命に仕事をしていました。

年長は乾拭きをした後で、雑巾を濡らして絞り、保育室内を丁寧に掃除します。

「ココも汚れてるよ!」
「こっちは終わった!次はどこ?」
「こんなに真っ黒になった!」
「このテーブルはみんなで使ったからみんなできれいにするんだよね!」

いろいろな声が聞かれました。

保育室の掃除の後は、
サツマイモ畑の草取りや園庭の荷物の整理など

掃除の後はおいしいジュースで乾杯!

自分達が過ごした場所を綺麗にして夏休みを迎える。
年長になってこの一学期間、毎日の片付けで経験してきたことの積み重ねが、
形になってきた姿が、今日の大掃除で随所に見ることができました。

・一人ではできない時には仲間たちに声をかける
・自分の場所が終わったら、次に自分ができそうなところを見つける
・みんなが一緒だからできることもあるんだよね

そんな大掃除でした。

明日は終業式です。
「明日で幼稚園は夏休みだから、みんなが来なくなると寂しくなるな~」というと
「大丈夫だよ!夏休みは楽しいから!」と子どもたち。

前向きに夏休みが迎えられそうです!
18:16
2012/07/14

きのこ便り その6

| by:小林
~昨日のこと~

子どもたちが登園する前に、木の蜜にたくさんの虫が群がっていました。
カナブンや見たこともない虫、アリ達…
年中さんが避難訓練を終えてから、森に行った頃にはすでに飛び立っていったか、年長さんが採っていったか、何もいませんでした。
それでも、子どもたちは真剣に蜜のでているところを見つけては「来て来て!」と友達や先生に声をかけていました。
蜜がでているところに群がるのは、虫だけではありません(*^_^*)
     
    

どんぐり広場の切り株(子どもたちがよく幼虫探しをするところです)にきのこを発見。パンみたいですが、結構かたい!ヒラフスベだと思われます。
この切り株にはいろいろなきのこが生えます。
  
       
22:45
2012/07/10

きのこ便り その5

| by:小林
夏の暑い日でした。
年長さん、年中さん一緒に水遊び。
ちょっとイモ洗いのプール、ビュンビュンとばす水鉄砲、ツルツルシートでスケート(と言っていました)など思い切り遊んで楽しみました。
みんなで遊ぶって楽しいね。

水からあがったあと、「おなかすいたぁ」という声が!
よーく遊んだ証拠です(*^_^*)

リトルハウスの屋根にオレンジ色のかわいい小さなきのこをみつけました。
ツノマタタケだと思われます。
きのこが生えるってことは、ずいぶん朽ちてきたということ…
この屋根は今度葺き替え、年長さんの描いた素敵な屋根に“ぱぱーず”で生まれ変わる予定です。

     
21:19
2012/07/09

七夕集会と小学生との交流(2)

| by:久留島


7月6日(金)
年長クラスの子どもたちは、招待を受けた小学校の七夕集会に参加してきました。
前回とは異なり、集会室には1年生、2年生のお兄さんお姉さんたちが待っていてくれているところへの入場でした。2度目となる小学校の体育館でしたが、多少緊張した面持ちの子どももちらほら。しかし、先日一緒に活動をした小学生がすぐに手をつないでくれたことで安心をして笑顔になる子どもたちがたくさん見られました。

・はじめの会
・七夕の由来の話
・七夕クイズ
・グループの小学生と一緒に力を合わせてジャンケン列車
・小学生のダンスを観賞
・「かいぞく体操」を年長のみんなで踊って観てもらう
・終わりの会

先日飾り作りを教えてくれた1年生たちには、安心感をもって関わっていました。
2年生がすべての司会進行を立派に行う姿を見て、子どもたちはたくさんの刺激をもらったようでした。

七夕集会での小学生との交流を通して子どもたちが学んだこと。
それを今後の小学生との交流活動を通して深めていきます。

小学生ってすごいんだよ!
小学生って優しいんだよ!
早く小学生になりたいな!

大きくなることへの肯定感を得る機会となった有意義な七夕集会でした!
15:33
2012/07/06

きのこ便り その4

| by:小林
年長さんはどこに行ったの?と年長組をみて不思議そう。
今日は小学校で七夕集会なんだよ、というと「へぇー」

というわけでいつもに比べてやや静かな園庭。
小さな笹を、お家にもって帰れるように子どもたちととりました。
笹って普段はあまりなじみがないですよね。
でも「笹」から、パンダのごはんなんだよねー、パンダの赤ちゃんが生まれたんだよねーと
おしゃべりが弾みます。ニュースで見たことがすぐに共通の話題になります。

そういえば、なぜかバケツを持ってきてせっせと集めるみんなの姿は、飼育員の人みたいです(そんなにはいらないよぉ^_^;)。
さて、明日のお天気はどうでしょうか。

蒸し蒸ししている天気はきのこが大好きです。
何かの実みたいなきのこ、ヒメカタショウロだと思われます。


22:08
2012/07/06

何なに?何見てるの?

| by:安藤
ある日の、森の奥で・・・



みんなで頭を突き合わせて、何かを熱心に見ています。
近寄ってみてみると・・・・・・・



わああ~~っっ!!
そこには囚われの身となったミミズの大群が~っ!

森の奥は、子どもたちにとって魅力あふれるワイルドな世界が広がっているのです。
17:23
2012/07/05

七夕集会と小学生との交流(1)

| by:久留島
幼稚園の年長組では小学生との交流活動をしています。
小学校の七夕集会への参加がその活動の1つです。

6月の終わりに小学1年生のお兄さん、お姉さんたちから、
「七夕集会へのお誘い」の手紙が一人ひとりに届きました。
子どもたちは嬉しそうにその手紙を受け取っていました。

七夕集会では2回の交流を行います。
1)七夕飾りづくりを小学校1年生に教えてもらう。
2)小学校の七夕集会に参加する。


7月3日(火)が第1回目の交流でした。

招待されて行く初めての小学校。子どもたちは期待半分、不安半分だったようです。
しかし、優しい1年生に暖かく迎えてもらい、最初のうちは表情の硬かった子どもたちも、
一緒に七夕飾りをしたり、1年生にお願いごとを短冊に書いてもらったりするなかで
だんだんと笑顔が増えてきました。
最初のうちはぎこちなかった1年生も、だんだんと自信をもってお兄さん、お姉さんぶりを発揮していました。

活動が終わる頃には、こんな姿があちこちで見られました。









七夕集会に向けての活動を通して、 

「小学生への憧れの気持ち」
「大きくなることへの期待感」
「安心感をもって人とかかわることの心地よさ」


などが感じられるようにしていきます。

七夕集会が楽しみな年長の子どもたちです!
14:37
2012/07/02

もうすぐ七夕☆

| by:小林
今日もプールはできなかった…というわけで
年中組では遊びのなかで七夕飾りの輪飾りを作りました。
いわゆるべたべたの糊を使うことがすくなっている昨今。

あっそんなたんまり糊をつけて!、あっなんで3本指につけている!(心で叫ぶ^_^;)
わっかも、涙型になったり、こんがらがったり。簡単そうな輪飾りですが、子どもたちはいろいろと
学んで作るものです。

短冊にもおねがいことを聞いて書いています。
かわいいおねがいに楽しませてもらいました。
天に届きますように。
22:23
2012/06/29

スマホです!

| by:久留島

年長の女の子たちが
みんなで同じようなものを手にしながら、
連絡を取り合っていました。
写真も撮っていました。
フリックして何かを選んでいました。
メールを送ってる子もいました。
それは「スマホ」でした!

写真ですが
カメラを作って撮る子もいれば、
スマホを作って撮る子もいる。

遊びの中では、子どもたちの多様な社会経験を垣間見ることができます。

彼らにとって大人の振る舞いは憧れです!
18:23
2012/06/28

すずかけコーラス

| by:入澤
6月のお誕生会で、お母さん方が素敵な歌声を聞かせてくれました。
子どもたちも、そして、お祝いしてもらった附属幼稚園も喜んでいました!
参加してくださったお母さん方、そして厚生委員会のみなさん、ありがとうございました。

14:14
2012/06/26

空き箱製作

| by:小林
今日は集会室で、附属特別支援学校に送るビデオレターの撮影。
全員の楽しい歌声が響きました。みんな上手だったよ~♪
40周年おめでとうございます!!

さて、空き箱製作が大好きな年中さん。
あれ、輪ゴムが全然ない、何に使ったのかな、と思うと…これ、いちよう楽器にしています。
輪ゴムをはじいてギターにしているのです。ところが^_^;

         

輪ゴム使い過ぎー、形崩れてるー。…と言おうか言うまいか。
これでも変だな、と思わないならまだいいのかな。気づくのを待っても。
子どもたちが帰ったあと、悩ましい担任なのでした。
21:03
2012/06/25

きのこ便り その3

| by:小林
プールを楽しみにしているのに、なかなか天気に恵まれません。
でも、外で遊ぶにはとても過ごしやすい!
「先生来て!」の声に園庭をあちこちみんなで走りまわりました。
(どうして子どもって走って移動するのかしら)
大雨のなごりか、松葉がきれいな流れのように並んでいたり、よく湿った落ち葉の中にミミズをたくさん発見できたり…。

そして 「わぁ先生見てみて!」
芝生の中でマッシュルームのようなかわいいきのこを発見しました。

    

森の中では、子どもたちに踏まれていましたがこんな気持ちの悪いキノコもありました。

    
ササクレヒトヨタケのなれの果てだと思われます。成熟すると自ら溶けて胞子を雨などで流して繁殖するそうです。
22:31
2012/06/22

【速報】羽化しました!

| by:久留島

テラスのミカンの木で大きくなったアゲハ
蛹から蝶になりました
朝は蛹だったのに、昼過ぎに見たら羽化していました!
子どもたちに見せてやれず残念!
飼育ケースで羽をぶつけながら飛んでいるので
保育室に放しました。
月曜日には会えるかな?
もう一匹の蛹は随分と経ちますが、羽化する気配がありません。
子どもたちとは色々な命との出会いについて話をしていきたいと考えています。
16:39
2012/06/21

遠足に行けてよかったね

| by:小林
天気がどうかな…と心配な中、今日はよくもってくれました、と空に感謝でした。
動物公園はほぼ貸し切り。わいわいしても気兼ねなく、動物たちを見てくることができました。

ゾウは屋内だったのでとても間近。ちょっとこわいくらい大きい!
「あいちゃーん」コール♡
レッサーパンダでは「ふうたくーん」コール♡(くうたくんでも誰でも)
テンジクネズミやハツカネズミをこわごわ触って、「かわいいね~」「くすぐったい」

そして待ちに待ったお弁当。
9時40分にバスが到着したとたん「おなかすいたぁ」コール^_^;でしたから本当にうれしそうに
お弁当を広げていました。おいしいお弁当をありがとうございました。

家族で行くのとは、また一味もふた味も違う動物公園になったのではないでしょうか。
今頃はお疲れでみんなグーグー寝ている頃ですね。
22:17
2012/06/21

楽しかったね花組day!

| by:安藤
今日は、年中さんと年長さんが遠足に行き、お留守番となった花組さん。
でも今年はただのお留守番ではありません。
花組だけになった広~い園内を、おうちの方と一緒に楽しめる日としました。
その名も『花組day!』
好きなところで遊んだり、一緒にふれあい遊びをしたり、みんなでお弁当を食べたりと楽しいひと時を過ごしました。

何よりも印象的だったのが子どもたちの顔がとってもうれしそうに輝いていたこと!
子どもたちにとってはちょっと特別な日となった花組day!たまにはこんな日もあってもいいのかもね。

保護者の皆様のご協力に感謝いたします。どうもありがとうございました。
20:57
2012/06/20

きのこ便り その2

| by:小林
年長さんが台風で落ちた枝を一生懸命集めている(ありがとう!)のを横目に、
まだまだ遊びに夢中な年中さん。
それでも、落ち葉やどんぐりの花で埋め尽くされたどんぐり広場にびっくり。

わたしが大きい枝を年長さんの横でひろっていたら、まねをしてあつめ始めました。
そして、あつめたものを薪のようにして、茶色い落ち葉を入れて、「先生、おいも焼いてるからね」。
そのうち、まつぼっくりも入れて「これはからあげです、熱いですよ」。
なんでもすぐに見立てて遊べるんだなぁ。

さて、台風にもめげなかった、かわいいきのこを発見しました。



ニオイコベニダケ??匂いをかいでみればよかった…カブトムシのにおいがするそうです!
21:01
2012/06/20

台風一過の朝

| by:久留島
『昨日の台風はすごかったね!』
『眠れなかったよ~!』
こんな声が聞かれた台風一過の朝でした。

大風と大雨で幼稚園の園庭は、折れた枝や飛んできたゴミなどで大変なことになっていました!育ってきていたヒマワリは倒れ、トマトの実も落ちていました・・・

年長の子どもたちに
「先生たちだけじゃ片づけ切れなかったんだけどどうしよう・・・」
と相談すると
「僕達でやればいいよ!」
と頼もしい言葉が返ってきました。

グループに分かれて落ちている枝を集め、集めた枝は森の奥へ運びました。
台車一台分で十分と思っていたら、何度も何度も森と広場を往復する子どもたちもいました。
年長の子どもたちの頼もしさを感じた台風一過の朝でした。


16:19
2012/06/18

きのこ便り

| by:小林
 
幼稚園の庭は、実はきのこの宝庫です!
梅雨のややじっとりした園庭で、今年もまたきのこ発見!

       

子どもたちが「うわぁ!先生とっていい?」と朝さっそく聞いてきました。
毒きのこではないのでだいじょうぶなのですが、後で手洗いをする約束。
そして、きのこスープになりました。
においがきのこそのものの、なかなかよい風味のスープでした(*^_^*)


 
きくらげみたいなものも…。アラゲきくらげという亜種との区別がつきません。食用みたいです。 
 

   イヌセンボンダケ! 
      
                        
21:10
2012/06/14

夢中になって遊ぶ!

| by:小林
 
木陰にチョコレート工場ができました。
水をくんではヒューム管に流して、流れた水をキャッチ。
途中でポタポタ落ちる水を、いすの下においた入れ物でキャッチ。
茶色の水はチョコレートそのもの!
どろを混ぜて本物のようなチョコレート作り。

真剣に遊んでいるから、時に意見が対立。
「そこに土を入れないでよ!」「土で水をとめているんだよ!」
子どもたちはお弁当のあとも続けていました。
こんな風に友達とどろや水を使って遊ぶのは、大きくなるとなかなかないことです。
夢中になれることっていいね絵文字:笑顔


       
21:37
2012/06/14

小さな大工さん達

| by:久留島
年長クラスでは木工製作遊びを始めました。
「かなづち」、「釘抜き」、「釘」を使いながら、
自分の手でつくり上げることにチャレンジしています。

ふれあいの日に保護者の方々の技術を目の当たりにした子どもたちは、自分でも同じようにできるのではないかと、めあてをもってやる気になっています!
小さな怪我もありますが、それであきらめる子どもがいないところが意欲の表れだと感じています。現在、予約待ちが出るほどの人気!
それぞれのペースでゆったりと取り組めるようにしています。



ちょっと先に経験した子どもが、次の子どもをサポートしたり。



釘を並べて調度良い長さのものをじっくりと考えながら選んだり。

友達と相談しながら取り組む姿も
自分なりのめあてに向かってじっくりと取り組む姿も 

いろんな姿が見られる木工製作遊びです
19:10
2012/06/12

つるつる山の降り方(?)

| by:小林
梅雨入りしましたが、雨の合間をぬって、こどもたちは園庭へ。
かたつむりを探しに森に。
今日の山は雨にぬれてつるつるです。
登らない方がいいのでは…と思っていましたが、みんなワシワシ登る!

「すべる~、どうやって降りる?」とこどもたち。そんな時、ひとりが駆けおりたのです。
さぁそれからは勢いをつけて駆ける駆ける…
すべりそうなスリルと一気におりる爽快感を何回も何回もくりかえして遊びました。

結局かたつむりはアジサイにもいなくて、きょうは探せませんでした。残念!
21:16
2012/06/12

『ひよこ』が生まれました!

| by:久留島
ふれあいの日に子どもたちと「もうそろそろだと思うんだけどね」と話していた
烏骨鶏の「しろちゃん」が暖めていた卵。

今朝出勤すると「しろちゃん」の羽の下からかわいいひよこが顔を出していました!



しろちゃんの後を追って走る可愛い姿を見た子どもたちは大興奮!
まだすぐにしろちゃんの羽の下に隠れるのでなかなか見るチャンスは得られません。
見たい気持ちも大事にしつつ、しろちゃんが必死に雛を守ろうとする姿も見られるので、
暫くの間は静かに見守ってあげようねと話をしています。

朝撮った写真を印刷して保育室においておいたら、いつの間にかコーナーができていました!
「名前も決めないとね!」という声も早速出てきました。
新しい仲間との生活のスタートです!


結局は生き物シリーズな週の始まりでした・・・
14:41
2012/06/09

カマキリ再び

| by:久留島
子ども達が帰ってから再び
生まれました
大切にしてきた子ども達にも見せたかった!



生き物シリーズが続いたので来週は遊びシリーズも日誌にします
12:26 | 今日の出来事
2012/06/08

花組にハンドウォッシャー・ピュアハンド現れる!?

| by:安藤
6月7日、お弁当前の花組で、養護教諭の木次先生による手洗い指導が行われました。



パネルシアターを使い、どうして手を洗うのか、どんなふうに洗ったらいいのかを楽しく、わかりやすく教えてくれました。手洗いをすすめるキャラクターとして現れたのが「ハンドウォッシャーとピュアハンド!!」子どもたちは興味津々でよく見ていました。そして、その後の手洗いはもちろんばっちり!み~んなとっても上手にできましたよ!!これからもハンドウォッシャーとピュアハンドと一緒に頑張ろうね♪
05:36
2012/06/07

変身シリーズ!(アゲハ編)

| by:久留島
朝はこうでした


子どもたちが帰る頃にはこうなっていました
命の躍動を感じます

18:00
2012/06/06

そらまめくん

| by:小林
「そらまめくん」シリーズの絵本をみているので、八百屋さんでそらまめを買ってきました。
「ほんとにふわふわだよ~さわってみて」とお友達にも声をかける子どもたち。
そらまめくんの絵本を見ているから、さやを「ベッド」と呼んでいます。

さて、今日は雨で保育室のおままごとコーナーは大人気。
こんにちは、とおじゃますると、お父さんがおいしそうなごはんを「どうぞ」と出してくれました。
それはなんと そらまめとストローを小さく切ったもの(マカロニ?)の炒め物!。
なかなか素敵なお料理でした(*^_^*)

そらまめくんは夕食でいただきました。
“そらまめくんの旅”、でした。
21:47
2012/06/06

生まれたり、変身したり!

| by:久留島
子どもたちが登園すると小さなカマキリたちが卵から生まれていました。
今日は雨の一日を一緒に過ごし、先月カマキリが生まれた時に話しあって決めたのと同じく
年長の脇の草むらに逃してやることにしました。



小さなカマキリですが、カマキリはカマキリ。
葉っぱの上をたくましく飛び回っています!
子どもたちとその成長を応援したいと思います!

年長の子どもたちとは次の絵本を一緒に読みました。
「162ひきのカマキリたち」作・絵: 得田 之久 出版社: 福音館書店

小さな命の大切さに気づくきっかけとなることを願っています。
この先、園庭でカマキリに出会った時、子どもたちや私たちの心がどう動くのか
今から楽しみにしています。


15:38
2012/06/04

アゲハです!

| by:久留島
大きくなったアゲハの幼虫が顔を出しました
さてどこにいるでしょうか?


15:43
2012/06/01

年長の小さな画伯達!

| by:久留島
今日は教育実習最終日でした。

先週から始めた,筆を使って絵を描く活動。
教育実習の学生達が子どもたちの遊びの姿から活動を計画しました。
そして今日は,大きな紙に絵を描くことが出来るコーナーづくりを行いました。

興味をもった子どもたちはイーゼルに向かい、思い思いの絵を描いていました。
「これ町にしようよ!」と友達の絵とつなげる子ども、
「リボンをつけよう!」と友達の絵に絵を描き加える子ども、
作品が乾かしてあるのを観て「今度やろうかな~」という子ども。

これからも『表現することをわくわく楽しむ活動の一つ』として取り入れていきたいと考えています。


17:13
2012/05/31

甘酸っぱくて美味しいジューンベリー!

| by:久留島

にじいろハウスの脇に生えている
ジューンベリーの実が熟してきました。
その情報は口コミで広がりつつあります。
手の届かないところにある美味しい実は、ビールケースを使って収穫する年長の子どもたち。
砂場脇の水道で洗ってから食べています。

「これ最高に美味しいよ!」

そんな声が聞こえてきました!


16:13
2012/05/29

サツマイモの苗を植えました!

| by:久留島
5月25日に年長のみんなでさつまいもの苗を植えました!
年中、年少のみんなが「がんばれ~!」と応援してくれたこともあり
誇らしげにサツマイモの苗を幼稚園の畑に植えました。

いまから収穫を楽しみにしている子どもたちです!


17:06 | ニュース
2012/05/29

ヤゴからトンボに!

| by:久留島
先日の雨上がりの朝、『めだかいけ』でヤゴがトンボに!
発見した年長の子どもたちは大喜びで幼稚園中をみせて歩きまわっていました!

16:59 | ニュース
2012/05/25

ヌルヌル楽しい!

| by:小林
 はじめて絵の具遊び。
 手につけて思い切り描いたり、こすったり、手型をつけたり。
 笑顔がたくさん見られ、楽しい時間をすごしました。

              
    
最後は手を洗う水が紫色になるのがおもしろくて、すっかり水遊びになっていました~。
       お洗濯ありがとうございました。
20:25
2012/05/23

花組のおしゃべり広場開催

| by:入澤

 5月14日(月)、今年初のおしゃべり広場を行いました。花組のお母さん29名が参加してくれました。目的は、保護者のみなさん同士が仲良くなることです。
 最初に簡単なゲームを行い、心の準備体操をしました。その後、5名~6名のグループになっていただいて1セット20分、席替えをして3セット、自由に話をしていただきました。
最後に感想を書いていただきましたので、少し紹介させていただきます。
「今まで話したことがないお母さま方とお話しできてよかった」
「ざっくばらんなお話ができてよかった」
「たくさん情報交換ができてよかった」
「お顔を覚えられた」
「面白いキャラのお母さん方を発見できた」
「ゲームも楽しかった」
「まだ、お話しできていない人がほとんどなので、機会があれば他の人ともお話ができたらいいと思いました」
これをきっかけに、輪を広げていってくれれば…と思います。他のクラスのみなさんも、順次行いますので、どうぞご参加くださいね。

11:03
2012/05/23

園庭整備ありがとうございました

| by:入澤
 連休明けの5月7日、PTAの環境整備委員会による園庭整備を行いました。今年は、春がなかなか来なかったせいか、あまり草が生えていず、草取りに加えいつもと違うお仕事もお願いしました。
 
一つ目は、外のベンチやテーブルのささくれ削りとニスを塗りです。昨年、「ぱぱーず」で作っていただいたベンチやテーブルでしたが、ちょっとささくれてしまい、子ども達の手にとげが刺さって困っていましたが、これで大丈夫そうです。ニスを塗っていただいたので、安全になり、雨にも強くなりました。
 
二つ目は、果樹園のところの土砂止めを作りです。果樹園は、幼稚園の正門を入って右側です。食べられる実のなる木が植わっているのですが、土がどんどん流れやせてしまって、昨年はあまり実がならずに残念でした。これで土の流れも止められたので、これから養分を与えれば、今年の秋は大豊作でしょうか。
 
また、サツマイモ畑の草取りと幼稚園で作っている腐葉土をまいていただきました。皆さんのおかげで、今年もおいしいおイモができそうです。
 
本当にありがとうございました。
10:26
2012/03/29

登り棒(*^_^*)

| by:小林
   あたらしい登り棒ができました
  みんなでたくさん遊べそうです!
   楽しみだね。
                          
09:12

新着情報

 

パブリックスペース

お散歩に行きました(年少)11/18 17:50
焼き芋食べたよ!11/16 18:27

事務局からのお知らせ

10月22日の幼児教育研究会は多くの方に参加していただき、ありがとうございました。平成29年2月18日に、保育実践研究会(第2回公開研究会)を行います。本園は例年10月に公開研究会を行っていますので、いつもと違う時期の子どもたちの姿を見ていただけるよい機会です。定員100名となっていますので、早めにお申し込みください。
◆保育実践研究会ご案内・申し込み
H28保育実践研究会2次案内.pdf・・・申込書をダウンロードし、FAXにてお申し込みください。

◆H29年度の園児募集に向けて、H28年9月7日(水)に幼稚園説明会を行います。
 詳しくは、こちらをご覧ください・・・
H28setumeikai.pdf

◆H29
年度の入園児募集についてはこちらからご覧ください。
・・・H29入園児募集.pdf H29居住範囲.pdf 


◆創立110周年記念誌をお分けします
 ・・・千葉大学教育学部附属幼稚園は平成25年で創立110周年を迎えました。それに伴い、平成15年度から平成25年度までのことを中心にまとめた記念誌を作りました。修了生には1冊500円でお分けしています。修了生用に作った200部も残り90部になりました。ご希望の方は、お早めに幼稚園事務室窓口においでください。
 

地図

 

ご案内

☆本園への来園は、千葉大学南門の右横のグレーの通用扉からです。
扉の右にあるインターホンで事務室にお知らせください。中からロックを解除します。
☆自家用車・自転車での来園はできません。       
☆ご質問等につきましては直接電話でお問い合わせ下さい。

〒263-8522 

千葉市稲毛区弥生町1番33号

千葉大学教育学部附属幼稚園事務局

電話:043-290-2702
     043-251-9001(FAX共通)