沿革

明治36年 6月  千葉町西ヶ谷(現千葉高坂下)に千葉幼稚園として創立
大正 5年     千葉市吾妻町教育会館内に移転、千葉県女子師範学校代用附属幼稚園となる
大正11年 4月  県移管、千葉県女子師範附属幼稚園となる
昭和 6年 4月  富士見町の女子師範附属小学校前に移転
昭和18年 4月  文部省に移管、千葉師範学校附属幼稚園となる
昭和20年 6月  戦災により園舎消失、遊技場、遊具室のみとなる
          7月  再度戦災を受け園舎全部消失、一時幼稚園閉鎖
        10月  四街道旧陸軍野戦砲学校の連隊本部建物に移転
        11月  4歳児1学級、5歳児2学級、計3学級で開始
昭和21年   6月    4歳児1学級、5歳児3学級、計4学級となる
昭和24年  5月  千葉大学千葉師範学校附属幼稚園と改称
昭和26年  4月  千葉大学教育学部附属幼稚園と改称
                              4歳児1学級、5歳児2学級、計3学級となる
昭和41年  4月  千葉大学統合につき西千葉キャンパスに移転
                   4月     1年保育廃止、2年保育(隔年募集)を新設、計4学級となる
昭和52年  2月  西千葉地区移転10周年記念式典挙行
昭和53年  4月  3歳児1学級、4・5歳児各2学級、計5学級となる
昭和54年 11月  園歌制定
昭和55年  4月  国際児童年記念としてブロンズ像「なかよし」建立
昭和58年  6月  創立80周年記念式典挙行
平成 5年  6月  創立90周年記念式典挙行
平成15年  6月  創立100周年記念式典挙行
平成16年  4月  国立大学法人千葉大学教育学部附属幼稚園となる
平成25年  5月  創立110周年記念式典挙行