♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
第36回 「千葉 乳幼児教育研究会」のご案内

今年は長梅雨と梅雨寒のため、一段と夏が待ち遠しい今日この頃です。いかがお過ごしでしょうか。
2019年8月24日(土)開催の千葉乳幼児教育研究会では、淑徳大学総合福祉学部の槇英子先生、千葉大学教育学部の小橋暁子先生に「『レッジョ・エミリア』視察報告」と題してご発表いただきます。

期日:2019年8月24日(土)
時間:14:00~16:00
場所:千葉大学附属幼稚園(JR西千葉駅北口徒歩2分、千葉大学南門右手側)
発表:『レッジョ・エミリア』視察報告
講師:淑徳大学総合福祉学部 槇英子先生
   千葉大学教育学部 小橋暁子先生
≪ご発表内容概要≫
第二次世界大戦後 の北イタリアの町で、市民が二度と過ちを繰り返さないために築き上げた乳幼児教育がレッジョエミリア・アプローチです。日本では、ペダゴジスタ(教育学者)やアトリエリタ(芸術専門家)の存在やドキュメンテーションとして紹介されたこどものアート作品の見事さに注目が集まりましたが、その影響は今も世界各地に広がりつつあります。
2018年11月に行ったレッジョ・エミリア市内の乳児保育所、幼児学校、レミダ(創造的リサイクルセンター)等での視察の報告を行い、実際にライトテーブル等を体験する演習を通して、これからの保育の方向性を共に考えていけたらと考えています。

*参加申し込みは不要です。当日直接お越しください。
*資料・茶菓子代として500円をいただきます。

どうぞお気軽にご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。
周囲にご関心のありそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひお誘いください

なお、2019年度の千葉乳幼児教育学会は以下の日程で実施いたします。
---------
11月9日(土)千葉大学教育学部附属幼稚園幼児教育研究会Ⅰ
2月22日(土)千葉大学教育学部附属幼稚園幼児教育研究会Ⅱ
--------
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡