地図

 

ご案内

☆本園への来園は、千葉大学南門の右横のグレーの通用扉からです。
扉の右にあるインターホンで事務室にお知らせください。中からロックを解除します。
☆自家用車・自転車での来園はできません。       
☆ご質問等につきましては直接電話でお問い合わせ下さい。

〒263-8522 

千葉市稲毛区弥生町1番33号

千葉大学教育学部附属幼稚園事務局

電話:043-290-2702
     043-251-9001(FAX共通)

 

事務局からのお知らせ

◆保護者の皆様
新年度開始についてのお知らせ(R2.4.3現在)
4月になり、幼稚園はいつから始まるのかとご心配なさっていることかと思います。
日々刻々と状況が変わり、どのように判断するか、迷うところではありますが、千葉大学教育学部附属幼稚園では、子どもたちの安全を最優先し、以下のように決定しました。

 ◇始業式・・・5月7日(木)
 ◇入園式・・・5月8日(金)

 ※詳しくは追ってお知らせします。


◎決定理由

・今、感染者が右肩上がりで増えてきている状況での開園はリスクが大きい。特に低年齢の子どもの感染も出てきている。
・公共の交通機関を使っての登降園していることから,不特定多数の人との接触が避けられない。
・年齢的に,密接な接触が避けられない。
・予防の手洗い、マスクの徹底が難しい。(特にマスクは、幼児は付けていることを気にして触ってしまうこともあり、逆にウイルスに汚染されることも考えられるとの学校医の先生からのお話しもあり)
・千葉大学の再開も連休明けを見込んでいる。

4月6日から10日までの間に幼稚園からのお便り一式を各ご家庭にお送りする予定です。
今後の状況によっては変更することもありますので、HPを時々ご確認下さい。

◆ソニー優秀園実践提案研究会の延期についてのお知らせ
本園は2019年度「ソニー幼児教育支援プログラム」に応募し「優秀園」に選んでいただきました。それを受けて、令和2年6月20日(土)に「優秀園実践提案研究会」を開催する予定でおりました。
しかし、皆様もご存じの通り、新型コロナウイルス感染症拡大予防のために、現在、集会を開くことができない状態です。そのため、令和3年2月20日(土)に延期することにいたします。
6月は秋田喜代美先生にご講演を・・・と考えていましたが、2月は日程が合わないということから、別の先生にご講演をお願いすることになると思います。内容につきましては、11月以降にあらためてお知らせいたします。
すでにお申し込みいただいた先生には、本園から改めてご連絡を差し上げます。申し込みにつきましては一端白紙に戻していただき、11月のお知らせ以降に改めて申し込みをいただくことになります。
誠に申し訳ございませんが、今後ともよろしくお願いいたします。

なお、令和2年11月7日(土)にも公開研究会を予定しております。5月頃にご案内できると思いますので、そちらの研究会もよろしくお願いいたします。

◆保護者の皆様へ
 「新型コロナウイルス感染症対策のための学校臨時休業中における子どもの過ごし方について」全国国立大学附属学校PTA連合会より
・・・臨時休業中における子どもの過ごし方についてR2-3-5.pdf


◆2020年度の園児募集についてはこちらからご覧ください。


◆幼稚園説明会について
 ・・・2020年度の園児募集に向けて、2019年9月4日(水)14:00~15:30に幼稚園説明会を行います。詳しくは、こちらをご覧ください・・・R1setumeikai.pdf

◆創立110周年記念誌をお分けします
 ・・・千葉大学教育学部附属幼稚園は平成25年で創立110周年を迎えました。それに伴い、平成15年度から平成25年度までのことを中心にまとめた記念誌を作りました。修了生には1冊500円でお分けしています。修了生用に作った200部も残り90部になりました。ご希望の方は、お早めに幼稚園事務室窓口においでください。


 

日誌

園の様子 >> 記事詳細

2019/06/27

一大プロジェクト(?)

| by:幼稚園
 自然豊かで広い園庭の附属幼稚園、その中にある様々な環境が
子どもたちの好奇心や興味を掻き立てます。
そんな幼稚園に、ありそうでないものがあるのですが…それは
いったい何でしょう?
答えはこの記事の最後に!


 森の奥にある築山(通称“さくらんぼ山”)。ここでは5月から
年中さんを中心に工事が続けられています。みんなでシャベルを
持って、一生懸命に山を削っていきます。スロープのように
削れてくると、「滑り台みたいだ」「そしたら階段も必要だ」と
イメージを口にしながらさらに削ります。先生も一緒になりながら、
ひとつずつ形になっていくと大満足。でもすぐに「もうちょっと削った方がいい」
となり、またまた工事が続けられます。





 そのうち、一人の子がぽつりとつぶやきました。
「ここから水を流したいな…」。それを聞いた周囲の子も同意し、
目がキラキラと輝きだします。やりたいのなら、やってみよう!



滑り台とは別の箇所に水路を作っていきます。でも、水を流すだけ?
「それだと下がびちょびちょになっちゃうよ」。…う~ん、じゃあどうしようか?

 「そうだ、池を作ったらいいんじゃない!?」 そうだ、そうしよう!
 さくらんぼ山のふもとに浅くて広い穴を掘っていって…
「もうひとつ掘ってつなげたらいいんじゃない?」よし、そうしましょう。
もうひとつ掘って穴と穴をつなげて水を流すと…やった、水が溜まった!
「めがねみたい!『めがね池』だ!」



 「こっち(別の方向)からも水を流してみたい」という声が出て、
水路をもう一つ作って水を流します。





 しかし、それで満足しないのが附属の子どもたち。
「二つのところからいっぺんに水を流したいな」。でもホースは1本しかないし…。
「そうだ、(山の)てっぺんに穴を掘って水をためて、そこに(水路を)
つなげればいいよ!」それはナイスアイディア!
 みんなでまたまた一生懸命掘って、水を溜めると…流れた、流れた! 大成功!
「これは『おおまた(大きくて二股だから”大股“?)滝』だ!」



 無事に工事も一段落、先生も一安心。と思いきや…
「でも、こっちの方が水がいっぱい流れて、こっちは少ないよ」
「同じにしたいね」
 …まだまだ工事が必要だね。

 遊びの中で先生と一緒に取り組みながら、自分の体を動かしながら、
そして友達とやり取りしながら、試行錯誤を繰り返して自分なりのめあてに
向かって進んでいく子どもたち。無いものを自分たちで作りだしていく姿は
なんともたくましく、遊びの積み重ねと年中ならではの成長も感じます。
先生たちも泥まみれになりながら、そんな子どもたちの学びと遊びを
支えていきたいと思います。

 という訳で、正解は“池”でした! 次は何が出来上がるかな?

19:12

新着情報

 

パブリックスペース

今日の幼稚園日誌03/27 11:32
開花宣言(^^)/日誌03/25 09:25
修了おめでとう日誌03/13 16:01
みんな元気かな?日誌03/09 09:04
楽しい遊びがいっぱい♪日誌01/29 17:00